2019年大中華地區IR Magazine論壇暨頒獎典禮公佈大中華地區IR Magazine獎項的提名名單

HONG KONG, Nov 18, 2019 - (亞太商訊) - IR Magazine公佈角逐2019年大中華地區IR Magazine獎項(https://events.irmagazine.com/greaterchina/)的名單,頒獎儀式將於12月6日假香港港麗酒店舉行。

今年獲提名的單位,包括科技以至體育用品企業,覆蓋各個行業及市場,入圍單位皆為投資者關係領域的翹楚並致力實踐投資者關係的最佳守則,見證著行業今年在大中華地區的迅速發展。

徇眾要求,IR Magazine再次分設研究組及自薦組兩個獎項組別,合共頒發25個獎項,以表揚業界最優秀的企業和在過去12個月的出色成就。

兩個獎項組別的全部入圍名單如下,IR Magazine誠意祝賀所有獲提名的企業。

自薦組入圍名單
https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/awards-categories-self-nomination/

研究組入圍名單
https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/researched-awards/

有關獎項挑選方法的詳情,研究組請按https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/researched-awards/,
自薦組請按https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/awards-categories-self-nomination/。

兩個獎項組別的獲獎名單將於12月6日假香港港麗酒店舉行的盛大頒獎典禮公佈。頒獎儀式前將舉行論壇,議題圍繞全球經濟展望、監管環境、《環境、社會及管治》(“ESG”) ,以及企業與持份者之間的溝通等等。

有關活動詳情、論壇議程及門票資訊,請按https://events.irmagazine.com/greaterchina/。

縱橫公共關係顧問集團為2019年大中華地區IR Magazine論壇暨頒獎典禮的大會公共關係合作夥伴。

是次活動的贊助商:
Andrews Partnership
Citi
Citigate Dewe Rogerson
CorpXSAsia
EQS
Euroland
偉達公共關係顧問公司
IHS Markit
Intrado Digital Media
納斯達克
OTC Markets Group
縱橫公共關係顧問集團

欲知詳情,請瀏覽 www.irmagazine.com/greaterchina

關於《IR Magazine》
《IR Magazine》於1988年成立,是唯一一份專注於企業與投資者關係的全球性刊物。

《IR Magazine》協助從事投資者關係的專業人士達致更高的效率,為工作表現定下基準以及加強與國際投資者關係界的聯繫。除撰寫文章、研究報告和投資者感知研究外,《IR Magazine》同時也在全球舉辦各種活動,如頒獎典禮、智庫組織及會議。

欲知詳情,歡迎瀏覽我們的網站 www.irmagazine.com 或透過Twitter @IRMagazine 及LinkedIn: IR Magazine與我們聯絡。.

新聞垂詢:
縱橫財經公關顧問有限公司
龍肇怡 / 袁善雋
電話: +852 2864 4867 / 2114 4903
郵件: cindy.lung@sprg.com.hk / crystal.yuen@sprg.com.hk
網頁: www.sprg.asia



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55722/

嘉里物流連續第三年榮獲Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎殊榮

HONG KONG, Nov 18, 2019 - (亞太商訊) - 嘉里物流聯網有限公司(「嘉里物流」;股份代號0636.HK)於新加坡舉行之2019年度Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎(Frost & Sullivan Asia Pacific Best Practices Awards,「該獎項」)榮膺「年度亞太區物流服務供應商」及「年度亞太區陸路運輸服務供應商」兩項殊榮。此乃嘉里物流連續第三年榮膺該獎項。


嘉里物流南亞及東南亞區總裁陳家發先生(右)接受於新加坡舉行的2019年度Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎 - 「年度亞太區物流服務供應商」及「年度亞太區陸路運輸服務供應商」大獎


該獎項是由環球企業顧問公司Frost & Sullivan舉辦的年度盛事,旨在表揚亞太區優秀企業,肯定於包括汽車、能源、建築及環境、醫療保健、資訊及通訊科技,以及物流等不同行業表現傑出的企業。獲獎企業經過一輪的嚴格遴選,根據企業的市場表現指標,涵蓋其收入增長、市場佔有率及增長、產品開發及創新方面的領導能力、產品及解決方案種類、主要新增客
戶,以及業務策略。

嘉里物流集團總裁馬榮楷表示:「我們很高興再次獲發此殊榮,並感激Frost & Sullivan認同我們一直努力不懈的決心。環球供應鏈目前正經歷重大變遷,物流業在當中擔當比以往更為重要的角色。嘉里物流將繼續貫徹最佳的行業標準,以促進革新,並協助我們的客戶迅速適應供應鏈的變化。」

嘉里物流憑藉其持續擴展的環球網絡及多元化業務,已作好準備把握瞬息萬變的物流業環境所帶來的機遇。嘉里物流將透過進一步提升服務能力、擴展網絡覆蓋及擴大業務規模,維持其靈活應變的對策能力。

關於嘉里物流聯網有限公司(股份代號0636.HK)
嘉里物流是一家以亞洲為基地及擁有亞洲最強網絡的國際第三方物流服務供應商。嘉里物流的核心競爭力在於為跨國企業及國際品牌提供高度量身訂制的方案,助客戶提升供應鏈效率,節省整體成本及加快回應市場變化。嘉里物流網絡遍佈53個國家和地區,在世界各地管理7,000萬平方呎佔地及物流設施,為客戶提供無可比擬的可靠性及靈活度的服務,以支援客戶的業務拓展和長遠增長。嘉里物流聯網有限公司於香港聯合交易所有限公司主板上市及獲納入為恒生可持續發展企業指數系列2019-2020成份股。

關於Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎
Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎已確認及嘉許多間在其行業表現卓越的傑出企業。Frost & Sullivan分析師通過深入訪談、分析和廣泛的第二輪研究得出該獎項結果。企業之收入、市場佔有率、服務能力及對其行業的整體貢獻皆為考慮範疇,以確定最佳實踐。



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55721/

網龍亮相巴西金磚盛會 發佈數字教育白皮書

HONG KONG, Nov 15, 2019 - (亞太商訊) - 全球領先的互聯網社區創建者 – 網龍網絡控股有限公司(「網龍」或「本公司」;香港交易所股份代號:777)欣然宣佈,本公司在11月13日至14日於巴西首都巴西利亞參加第十一屆金磚國家峰會,本次大會主題為「經濟增長打造創新未來」。數字經濟、科技創新成為交流合作的著力點。金磚國家元首、多邊合作的重要參與者,以及來自各個領域的知名企業共襄盛會,共同探討未來創新合作模式。另外,在金磚國家工商理事會2019年度會議上,由網龍主要參與編撰的《2019金磚國家數字教育白皮書》(「白皮書」)正式發佈。


網龍創始人兼董事會主席劉德建(左一)出席大會


網龍CEO熊立博士(左一)與中國聯通國際有限公司董事長兼總裁孟樹森博士展開會談


近年,在金磚合作機制、「一帶一路」倡議建設的支持下,網龍於海外業務發展步伐與成效備受肯定。今年是網龍連續第三年參與金磚盛會,也是第二年作為金磚國家工商理事會數字經濟工作組的核心成員受邀出席。網龍創始人兼董事會主席劉德建,CEO熊立博士一行出席了本次活動。

去年7月,網龍加入金磚國家工商理事會數字經濟工作組並參與編寫白皮書,借此深度探討金磚國家在數字教育領域的探索與實踐。關於參與編撰及發佈白皮書的初衷,劉德建表示,「將尖端技術與教育融合是業界探討的重點方向,我們希望分享網龍多年來深耕數字教育業務的成果,與金磚國家共同推進數字教育及提高教育品質。儘管金磚國家近年來在教育領域取得長足進展,但與發達國家之間的鴻溝仍然存在,因此,公司須更加主動地利用資訊技術去推動教育升級,這也是網龍致力於發展數字教育技術的根本原因。」

自網龍拓展教育業務新航線以來,公司在全球範圍內對一系列數字教育企業收並購,使其成為豐富教學資源、先進數字技術及領先教學理念的擁有者以及推廣者。目前,網龍的教育產品和解決方案已經在金磚國家及「一帶一路」沿線國家逐步推廣落地。近年,網龍向俄羅斯莫斯科市的2萬多間智慧教室提供了最新的互動學習技術。同時,網龍計劃在三年內在埃及搭建26.5萬間移動智慧教室。此外,網龍產品進入印度市場已經多年,超過10萬間當地教室採用了網龍的數字教育解決方案。網龍還與加拿大、新加坡、日本、尼日利亞、肯尼亞、塞爾維亞等國家的政府部門、教育機構及企業方,簽署了合作諒解備忘錄或戰略合作協議。截至目前,網龍的數字教育業務已覆蓋190多個國家的200多萬個教室,註冊用戶超過1億。

網龍CEO熊立博士與中國聯通國際有限公司董事長兼總裁孟樹森博士於峰會現場展開會談。作為金磚國家工商理事會數字經濟工作組的重要成員,中國聯通是較早一批出海的中國企業之一。網龍和中國聯通探討了5G技術在行業上的應用解決方案,並規劃未來雙方在新技術融合應用領域的合作方向。

談到與中國聯通的合作,網龍CEO熊立博士表示:「中國聯通與網龍已經在多領域展開合作,成功將5G技術應用到課堂場景。未來,雙方將嘗試在海外地區開展進一步合作。」隨著資訊技術的發展,數字技術與教育的結合已成為全球包括金磚國家的大趨勢。作為全球線上及移動互聯網教育行業的主要參與者,網龍從硬件、軟件、平台、資源打造教育細分市場服務平台體系,業務涵蓋學前教育、基礎教育、高等教育、職業教育、企業培訓、非學歷及終身教育等,致力創建全球終生學習社區。未來,網龍將繼續秉承其教育願景,致力成為推動全球教育發展和創新的重要力量。

關於網龍網絡控股有限公司

網龍網絡控股有限公司(香港交易所股份代號:777)是全球領先的互聯網社區創建者,在開發和擴展多個互聯網及移動平台方面擁有優良往績,覆蓋用戶數以億計,包括建立中國首個網絡游戲門戶 -- 17173.com及打造最具影響力的智能手機服務平台 -- 91無綫,91無綫於2013年以19億美元出售給百度,此項重大交易是當時中國最大的互聯網收購合併項目。

網龍成立於1999年,成功自主研發多個著名的旗艦游戲,包括《魔域》、《征服》和《英魂之刃》,是中國最具聲譽及知名度的網絡游戲開發商之一。此外,網龍近年積極擴展在綫教育業務,管理層秉承「打造全球最大的在綫學習社區」的願景,旨在將「未來教室」普及至世界各地的學校。更多信息請訪問 www.netdragon.com。

如有投資者垂詢,敬請聯絡:
網龍網絡控股有限公司
周鷹
投資者關係高級總監
電話:+852 2850 7266 / +86 591 8390 2825
電郵:maggie@nd.com.cn
投資者關係網站:www.nd.com.cn/ir



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55712/

2019年大中華地區IR Magazine論壇暨頒獎典禮公佈大中華地區IR Magazine獎項的提名名單

HONG KONG, Nov 15, 2019 - (亞太商訊) - IR Magazine公佈角逐2019年大中華地區IR Magazine獎項(https://events.irmagazine.com/greaterchina/)的名單,頒獎儀式將於12月6日假香港港麗酒店舉行。

今年獲提名的單位,包括科技以至體育用品企業,覆蓋各個行業及市場,入圍單位皆為投資者關係領域的翹楚並致力實踐投資者關係的最佳守則,見證著行業今年在大中華地區的迅速發展。

徇眾要求,IR Magazine再次分設研究組及自薦組兩個獎項組別,合共頒發25個獎項,以表揚業界最優秀的企業和在過去12個月的出色成就。

兩個獎項組別的全部入圍名單如下,IR Magazine誠意祝賀所有獲提名的企業。

自薦組入圍名單
https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/awards-categories-self-nomination/

研究組入圍名單
https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/researched-awards/

有關獎項挑選方法的詳情,研究組請按https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/researched-awards/,
自薦組請按https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/awards-categories-self-nomination/。

兩個獎項組別的獲獎名單將於12月6日假香港港麗酒店舉行的盛大頒獎典禮公佈。頒獎儀式前將舉行論壇,議題圍繞全球經濟展望、監管環境、《環境、社會及管治》(“ESG”) ,以及企業與持份者之間的溝通等等。

有關活動詳情、論壇議程及門票資訊,請按https://events.irmagazine.com/greaterchina/。

縱橫公共關係顧問集團為2019年大中華地區IR Magazine論壇暨頒獎典禮的大會公共關係合作夥伴。

是次活動的贊助商:
Andrews Partnership
Citi
Citigate Dewe Rogerson
CorpXSAsia
EQS
Euroland
偉達公共關係顧問公司
IHS Markit
Intrado Digital Media
納斯達克
OTC Markets Group
縱橫公共關係顧問集團

欲知詳情,請瀏覽 www.irmagazine.com/greaterchina

關於《IR Magazine》
《IR Magazine》於1988年成立,是唯一一份專注於企業與投資者關係的全球性刊物。

《IR Magazine》協助從事投資者關係的專業人士達致更高的效率,為工作表現定下基準以及加強與國際投資者關係界的聯繫。除撰寫文章、研究報告和投資者感知研究外,《IR Magazine》同時也在全球舉辦各種活動,如頒獎典禮、智庫組織及會議。

欲知詳情,歡迎瀏覽我們的網站 www.irmagazine.com 或透過Twitter @IRMagazine 及LinkedIn: IR Magazine與我們聯絡。.

新聞垂詢:
縱橫財經公關顧問有限公司
龍肇怡 / 袁善雋
電話: +852 2864 4867 / 2114 4903
郵件: cindy.lung@sprg.com.hk / crystal.yuen@sprg.com.hk
網頁: www.sprg.asia




Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55706/

嘉里物流連續第三年榮獲Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎殊榮

HONG KONG, Nov 15, 2019 - (亞太商訊) - 嘉里物流聯網有限公司(「嘉里物流」;股份代號0636.HK)於新加坡舉行之2019年度Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎(Frost & Sullivan Asia Pacific Best Practices Awards,「該獎項」)榮膺「年度亞太區物流服務供應商」及「年度亞太區陸路運輸服務供應商」兩項殊榮。此乃嘉里物流連續第三年榮膺該獎項。


嘉里物流南亞及東南亞區總裁陳家發先生(右)接受於新加坡舉行的2019年度Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎 - 「年度亞太區物流服務供應商」及「年度亞太區陸路運輸服務供應商」大獎


該獎項是由環球企業顧問公司Frost & Sullivan舉辦的年度盛事,旨在表揚亞太區優秀企業,肯定於包括汽車、能源、建築及環境、醫療保健、資訊及通訊科技,以及物流等不同行業表現傑出的企業。獲獎企業經過一輪的嚴格遴選,根據企業的市場表現指標,涵蓋其收入增長、市場佔有率及增長、產品開發及創新方面的領導能力、產品及解決方案種類、主要新增客
戶,以及業務策略。

嘉里物流集團總裁馬榮楷表示:「我們很高興再次獲發此殊榮,並感激Frost & Sullivan認同我們一直努力不懈的決心。環球供應鏈目前正經歷重大變遷,物流業在當中擔當比以往更為重要的角色。嘉里物流將繼續貫徹最佳的行業標準,以促進革新,並協助我們的客戶迅速適應供應鏈的變化。」

嘉里物流憑藉其持續擴展的環球網絡及多元化業務,已作好準備把握瞬息萬變的物流業環境所帶來的機遇。嘉里物流將透過進一步提升服務能力、擴展網絡覆蓋及擴大業務規模,維持其靈活應變的對策能力。

關於嘉里物流聯網有限公司(股份代號0636.HK)
嘉里物流是一家以亞洲為基地及擁有亞洲最強網絡的國際第三方物流服務供應商。嘉里物流的核心競爭力在於為跨國企業及國際品牌提供高度量身訂制的方案,助客戶提升供應鏈效率,節省整體成本及加快回應市場變化。嘉里物流網絡遍佈53個國家和地區,在世界各地管理7,000萬平方呎佔地及物流設施,為客戶提供無可比擬的可靠性及靈活度的服務,以支援客戶的業務拓展和長遠增長。嘉里物流聯網有限公司於香港聯合交易所有限公司主板上市及獲納入為恒生可持續發展企業指數系列2019-2020成份股。

關於Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎
Frost & Sullivan亞太區最佳實踐獎已確認及嘉許多間在其行業表現卓越的傑出企業。Frost & Sullivan分析師通過深入訪談、分析和廣泛的第二輪研究得出該獎項結果。企業之收入、市場佔有率、服務能力及對其行業的整體貢獻皆為考慮範疇,以確定最佳實踐。



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55704/

三菱電機、再生可能エネルギーを有効活用する統合ソリューション提案を強化

TOKYO, Nov 15, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、自社ブランドの太陽光発電システムの製造・販売を2020年3月下旬を目途に終了、再生可能エネルギーを有効活用するZEH※1、ZEB※2、V2X※3などの製品・システム・サービスに注力し、低炭素社会の実現に向けた統合ソリューション提案を強化します。

また、ソリューション提案における太陽光発電システムに関しては、京セラ株式会社(京都府京都市)と、同社製品を当社事業で活用するパートナー連携を開始します。

事業内容の見直しの背景と今後の展開

再生可能エネルギーの主力電源の一つとして位置づけられる太陽光発電は、国内では2012年に固定価格買取制度(FIT制度)が導入されて以降、急速に普及しました。その一方、国内の太陽光パネル市場には多数の海外メーカーも参入し、主に業務用において競争が激化し、これまで当社が強みとしてきた製品の長期信頼性や狭小屋根への設置性などに対する市場評価が相対的に低下しています。

このような背景から、当社は自社ブランド太陽光発電システムの製造・販売を2020年3月下旬を目途に終了し、その経営資源を他の成長牽引事業群に活用するとともに、再生可能エネルギー分野においては、ZEH、ZEB、V2Xなどの当社がより強みを発揮できる分野に引き続き注力していきます。また、今後は関連する当社グループ内の事業連携により、再生可能エネルギーを有効活用する製品・システム・サービスの提供強化を図るとともに、その中で必要となる太陽光発電システムに関しては、高い信頼性が評価されている京セラ株式会社製品を当社販売ルートで紹介するなどのパートナー連携を強化していきます。製品・システム・サービスの提供を通じ、「持続可能な社会」と「安心・安全・快適性」が両立する社会の実現を目指していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1115.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

日立、働き方改革を支援するスマートフォンアプリの活用で働く人の「仕事に対する自信」と「働きがい」を示す尺度である「心の資本」が高まる効果を確認

TOKYO, Nov 15, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、人それぞれに合わせた働き方改革を支援するスマートフォンアプリ「ハピネスプラネット」を活用することで、組織の幸福感が向上するとともに、働く人の仕事に対する自信や働きがいを示す指標である「心の資本」を高める効果を確認しました。延べ4,300人が参加した公開実証実験では、実験前後の「心の資本」が3週間で約33%*1向上しています。この「心の資本」の向上を営業利益の増減に換算すると、10%の営業利益向上に相当します*2。今後、日立はハピネスプラネットに賛同する国内外の企業や組織との連携を拡大するなど、従業員がハピネスを感じながら自信や働きがいをもって働き、経済的にも活性化した人間中心の豊かな社会の実現をめざし、社会イノベーション事業を推進していきます。

幸福感を向上させることは社会にとって普遍的なテーマである一方、幸福感の定量化は困難とされていました。加えて、現代社会では少子高齢化による人手不足で、生産性向上は企業にとって解決すべき重要な課題の一つとなっています。日立はこれらの課題を解決するため、人の無意識な身体運動のパターンの中に幸福感と強く相関する普遍的な特徴があることを見いだし、ウエアラブルセンサーやスマートフォンに搭載されている加速度センサーを用いて幸福感の計測・定量化を実現し、「組織活性度(以下、ハピネス度)」という指標を開発しました。さらに、幸福感と生産性の関係に着目した研究を重ね、両者に強い相関があることを実証してきました。

そして今回、ハピネスプラネットを活用して、多様な業種からなる83社、延べ4,300人が参加した4回の「働き方フェス」と題した公開実証実験を行い、働く人の自信や働きがいを示す尺度である「心の資本」の変化を調査しました。

「心の資本」は、米国ネブラスカ大学の経営学者フレッド・ルーサンス名誉教授を中心に開発され、「心の資本」が高まると、心身の健康に加えて業績や生産性も高くなることが学術的に実証されています。

実験の結果、参加者それぞれのハピネス度を向上させるために効果的な働き方が明らかになったとともに、「心の資本」が約33%向上したことを確認しました。これは、参加者がハピネスプラネットを活用することで、高い幸福感を持ちながら自信や働きがいを持って働くことができたことを示しています。また、「心の資本」向上を営業利益の増減に換算すると10%の向上に相当することがわかりました。

今後、日立は、「ハピネスプラネット」に賛同する国内外の企業や組織との連携を拡大し、人々が自信と働きがいを持って働き、経済的にも活性化した社会の実現をめざします。

働き方フェスの概要
2018年からの参加募集開始以降これまでに4回実施し、83社、延べ4,300人が参加しました。働き方フェスは1回につき約3週間の期間で実施し、5人以上が一組となったチームで参加します。参加者はハピネスプラネットを活用してチーム毎のハピネス度を計測して競い合うとともに、自分の強みや状況に合わせた「働き方チャレンジ」を日々宣言して他の参加者にも共有します。このことにより、新たな働き方を検討・実行する機会を提供します。

「心の資本」の計測
ルーサンス名誉教授は、持続的な幸せを得られる能力を表す尺度を「心の資本」と定義し、(1)自ら進む道を見つける力(Hope)、(2)自信をもって行動する力(Efficacy)、(3)困難にも立ち向かう力(Resilience)、(4)物事の明るい面を見る力(Optimism)の4つの因子から構成されることを明らかにしました。ルーサンス名誉教授の研究により、「心の資本」が高い人は、業績も幸福度も高く、離職しにくく、健康であることが実証されています。

働き方フェスでは、実施前後に参加者がアンケートに回答することで「心の資本」を計測したところ、働き方フェスの実施後では構成する4つの要素がすべて向上し、合計でも約33%*1向上しました。このことから、ハピネスプラネットを活用することで、自信や働きがいが向上することがわかりました。

これまでに働き方フェスに参加した代表企業(一部、五十音順)
コクヨ株式会社、住信SBIネット銀行株式会社、株式会社第一生命経済研究所、株式会社電通、東京ガス株式会社、東京ガスiネット株式会社、名古屋鉄道株式会社、株式会社日建設計、株式会社日建設計総合研究所、日本たばこ産業株式会社、日本ユニシス株式会社、日立キャピタル株式会社、株式会社日立製作所、株式会社日立物流、株式会社ブリヂストン、株式会社丸井グループ、明治安田生命保険相互会社、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社、ライオン株式会社、株式会社LIFULL、株式会社リコー など

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/11/1115.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

大阪大とNEC、パブリッククラウドを利用したクラウドバースティングを実装

TOKYO, Nov 15, 2019 - (JCN Newswire) - 国立大学法人 大阪大学のサイバーメディアセンター(以下、CMC)伊達進准教授らの研究グループは、日本電気株式会社(NEC)と日本マイクロソフト株式会社と共に、大規模計算機システム(スーパーコンピュータ)環境で利用者の計算需要が急激に増加した場合に、パブリッククラウドにオフロード※2するクラウドバースティングを実装しました。

大阪大学のスーパーコンピュータOCTOPUS(以下、OCTOPUS)は、研究者の需要増大により、計算要求から計算完了までの待ち時間が定常的に長時間になるという問題が深刻になりつつありました。これに対し、IaaS型クラウドサービスを利用した解決法が望まれていましたが、これまでスーパーコンピュータと民間のクラウドサービスの同時利用は、利用者の管理、計算の管理等に相違があったため運用的な視点で困難でした。

今回、スケジューラと呼ばれるジョブ管理機能、クラウドサービス制御機能の新たな開発を大阪大学とNECで行うことで、大幅なシステム変更・開発を必要とせず、OCTOPUSとクラウドサービスAzureのクラウドバースティング環境が実現できました。CMCのスーパーコンピュータから、日本マイクロソフト株式会社が提供するパブリッククラウドMicrosoft Azureに、近年急速に期待と関心を高めているクラウドバースティング技術を応用することで、OCTOPUSの負荷をAzure上に構築した計算機資源にオフロードします。2019年内にOCTOPUSの利用者である研究者を対象に実証実験を行い、今回構築したOCTOPUS-Azureクラウドバースティング環境での検証を通じて、将来の本格運用に向けた技術課題の抽出を行いつつ、医療データなどの取り扱いを想定したオンプレミス環境※3とパブリッククラウド環境間でのセキュアなデータ共有※4についても検証します。

本研究成果により、OCTOPUSのクラウドバースティング拡張が可能になると、利用者の待ち時間の縮減、ジョブスループット※5の向上が期待されます。

本研究成果は、2019年12月12日(木)から開催される大学ICT推進協議会 2019年度年次大会にて発表されます。(発表は2019年12月13日(金)です。)

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191115_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Honda、大型プレミアムツアラー「Gold Wing」シリーズの商品魅力を向上させ、カラーバリエーションを変更し発売

TOKYO, Nov 15, 2019 - (JCN Newswire) - Hondaは、モーターサイクルとしては唯一※1となる水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載した、大型プレミアムツアラー「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズの快適性や使い勝手を向上させるとともに、カラーバリエーションを変更し、Honda Dreamより「Gold Wing Tour(ゴールドウイング ツアー)」を2020年1月24日(金)に、「Gold Wing」を2020年2月14日(金)に発売※2します。

今回、Gold Wingシリーズの左側サドルバッグ内にUSBケーブルを標準装備。Gold Wing Tourでは、前後サスペンションのセッティングを最適化することで、より上質な乗り心地を追求するとともに、リアグリップの形状を変更することで、パッセンジャー乗車時の安心感をより高めています。また、Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG>では、電子制御燃料噴射装置(PGM‐FI※3)とデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)のセッティングを変更することで、低速域での扱いやすさをより向上させています。

カラーバリエーションは、Gold Wingには、精悍な印象のマットバリスティックブラックメタリックを新たに採用。継続色のマットマジェスティックシルバーメタリックとあわせ、全2色の設定としています。

Gold Wing Tourには、スポーティーな印象のストライプを施したパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。継続色のダークネスブラックメタリック、キャンディーアーダントレッド、パールグレアホワイトとあわせ、全4色を設定。また、Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG>には、上記のパールグレアホワイト(ストライプ)と、高級感を醸し出すダークネスブラックメタリック(ツートーン)を新たに採用し、継続色のキャンディーアーダントレッド(ツートーン)、パールグレアホワイトとあわせ、全4色の設定としています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/2191115-goldwing.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Honda、「CIVIC SEDAN/CIVIC HATCHBACK」の改良モデルをホームページで先行公開

TOKYO, Nov 15, 2019 - (JCN Newswire) - Hondaは、2020年1月にマイナーモデルチェンジを予定している「CIVIC(シビック)」シリーズの「シビック セダン」、「シビック ハッチバック」に関する情報を、本日、ホームページで先行公開しました。

シビックは「操る喜び」の提供を目指し、2017年に現行モデルを発売しました。洗練された上質な走りのセダンや、よりスポーティーさを際立たせたハッチバックを展開し、多くのお客様からご好評をいただいております。今回のマイナーモデルチェンジでは、エクステリアデザインの変更に加え、トップロードサンルーフ※をハッチバックに設定することにより、スポーティーでより洗練されたデザインを追求しました。

CIVICシリーズ先行公開ページのアドレスは以下の通りです。
https://www.honda.co.jp/CIVIC/

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/4191115.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

阿里巴巴正式招股 富途證券開放0手續費10倍槓桿打新通道

HONG KONG, Nov 15, 2019 - (亞太商訊) - 2004年騰訊在港上市後,股價可謂一路狂飈,從最初3.7港元的發行價上漲至現時的327港元,最高漲近130倍。而國內唯一能比肩騰訊的另一互聯網巨頭阿里巴巴,也於本月13日晚間向港交所遞交招股書,正式邁出了赴港「二次上市」的第一步,其後續表現同樣引起全民關注。


「阿里巴巴二次上市 新股認購選富途」活動:https://ift.tt/32FTqmD


富途證券港股打新數據


富途證券近期部分新股暗盤表現(以上數據來源於歷史公開數據,未來不可預測,請綜合考慮風險後參與投資)


有市場消息稱,阿里具體招股時間預計為11月15日-20日,26日正式掛牌。按其ADS一拆八來計算,折合每股182.89港元,預估入場費18,473.3元。此時不打新,更待何時?單憑阿里在美股上市五年超200%的最高漲幅、4800億美元的市值,就足以引起投資者對此次港股IPO的熱烈討論。不少投資者已經開始呼朋喚友,準備開動又一輪打新。

互聯網券商富途證券今次又再領行業之先,不僅開啟了專屬0手續費打新通道,還特別推出「阿里巴巴二次上市 新股認購選富途」優惠活動,為眾多打新投資者備好充足「彈藥」。

① 2019年11月1日至2019年11月30日(下稱「活動時間」)內成功開戶,並完成首次入金1港元或以上可獲得1股滙豐控股股票(價值約HK$60)及港股證券買賣90日免佣優惠,首次入金達港幣2萬即可獲得1股騰訊控股股票(價值約HK$300)。

② 凡於2019年11月12日至2019年11月30日內經指定頁面首次認購任何港股新股,打新任意新股即可獲得15股阿里健康股票(價值約HK$120)。

③ 活動期內完成線上開戶,或線下開戶後首次存入資金達港幣2萬元(或等值美元)即可獲得港股證券買賣「一世免佣」優惠。

除了股友最關心的福利之外,富途證券的港股打新實力亦是不容忽視。事實上,在眾多支持港股打新的券商中,富途證券絕對是「個中翹楚」。

作為香港證監會認可的持牌法團,富途證券持有第1/2/4/5/7/9類受規管活動牌照,其證券經紀、打新、暗盤交易等業務均受到香港證監會(SFC)的嚴格監管。每位參與打新的客戶都能享受由香港投資者賠償基金提供15萬港幣保障,在資金及資産安全上擁有充分保護。

自2016年起,富途證券已多次以聯席賬簿管理人、聯席牽頭經辦人的身份,參與小米、美團點評、華興資本、同程藝龍、微盟等多個上市打新項目,並受到眾多投資者的青睞。美團點評IPO項目中在富途認購的人數佔比33%,匯量科技富途認購人數佔比30%,中集車輛富途認購人數佔比28%。

而在認購金額上,富途同樣領先其他同行。僅小米IPO的認購金額就超30億港元,平安好醫生認購金額達43億,閱文集團認購金額高達59億。

1. 0手續費+0現金打新。富途證券支持0現金一鍵全線上認購,投資者可以港股、美股或者A股通的持倉股票抵押進行融資認購。現金認購的投資者可減免50港元手續費,真正實現0成本認購新股。

2. 10倍融資槓桿。富途證券支持10倍槓桿融資打新,即1千元可放大10倍以1萬元的金額認購,從而擁有更高中簽幾率。通過富途進行銀行融資認購年利率最低至1.6%起,為行業最低。舉個例子,假如預估阿里赴港上市定價18,473港元/手,通過10倍銀行融資認購,即只需1成資金(約1847港元)加上1.0077%交收費,就可認購1手阿里新股。

3. 極致暗盤交易。暗盤交易是指新股上市前對股票進行提前買賣,富途近期已推出自研暗盤交易系統,暗盤處理速度升級至300筆/秒,改單、落單速度更便捷。從近期各大新股暗盤來看,富途證券暗盤價遠高於其他券商,平台賺錢效應更加明顯。

根據市場消息,預計阿里新股認購時間為11月15日-11月20日,富途證券IPO普通認購將延長至認購截止日當天早上10:30,以滿足更多打新投資者的需求。長期以來,騰訊一直穩坐港交所第一把交椅,如今阿里加盟,未來「港股股王」花落誰家尚未可知。但可以預料的是,這場IPO無疑會給阿里自身及港股市場帶來更多新機遇,未來其市值及成長空間或許將更大,我們繼續拭目以待。

參與「阿里巴巴二次上市 新股認購選富途」活動:https://growth.futunn.com/hk-ali-ipo?channel=612&subchannel=1

風險提示:上文所示之作者或者嘉賓的觀點,都有其特定立場,投資決策需建立在獨立思考之上。我們將竭力但却不能保證以上內容之準確和可靠,亦不會承擔因任何不準確或遺漏而引起的任何損失或損害。



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55697/

新力控股(2103.HK)首日掛牌上市 優勢交織助推業務發展

HONG KONG, Nov 15, 2019 - (亞太商訊) - 據信報報道:新力控股(2103.HK)日前已截止招股,今日正式於聯交所掛牌上市。根據早前的配售結果公告顯示,是次新力控股的發售價已釐定為每股3.98港元,集資淨額合共約19.64億港元。作為國內大型綜合性物業開發企業,新力控股已確立領先地位,並擁有多幅高增長潛力的地皮,基礎實力更為強勁。


深耕十年江西營運 業務發展增幅顯著


深耕十年江西營運 業務發展增幅顯著
新力控股於2010年在江西省首次開始發展項目,經過十年的深耕營運後,目前已確立江西省住宅物業開發企業的行業領先地位。近期,在國家政策的不斷推動下,國內長三角經濟帶和粵港澳大灣區的經濟和基建持續發展,該些地區擁有更高的物業增長潛力。而新力控股目前已把業務佈局拓展到該些地區,此外已進入其他中西部核心城市等高增長潛力地區,戰略佈局完善。截至2019年7月31日,新力控股的應佔土地儲備約為15.0百萬平方米。

數據方面,新力控股的業務整體收入亦錄得持續增長。根據招股書,新力控股於2016、2017、2018年錄得的收益分別為22.23、52.41、84.16億元人民幣、複合年增長率94.6%;截至2019年4月30日止4個月,收益錄得57.10億元人民幣,按年增長278.4%。2018年淨利潤錄得5.55億元人民幣,比2016年的1.31億元人民幣複合增長105.9%;截至2019年4月30日止4個月,淨利潤錄得2.82億元人民幣,按年增長515.8%。值得留意的數據是,2018年,新力控股的已交付建築面積為約112萬平方米,截至2019年4月30日止4個月,已交付建築面積為約58.42萬平方米,均錄得持續和顯著的增幅。

物業開發業務廣泛 標準化經營維持效率

錄得亮麗的財務數據,歸功於新力控股的階段性發展戰略。據了解,新力控股主要開發優質住宅和商業物業,同時亦持有部份長期投資的物業,包括寫字樓和購物中心等。由此,新力控股形成一種多元化的業務體系,覆蓋當地從住宅以至商業物業的需求。此外,新力控股亦開展階段性的物業銷售戰略,以迎合置業者的個性需求。據招股書,新力控股的住宅物業可分成三大系列,分別針對首次置業、家庭升級和高收入家庭。此不但有效地覆蓋現時市場上的需求,更可以確保置業者未來住宅升級的潛在需求,置業者對新力控股住宅物業的黏性突顯。

而業務錄得持續增長的關鍵,則是其標準化經營程序帶來的營運效率。據悉,新力控股採用的標準化經營程序開發優質物業,覆蓋物業整個開發週期。為實現程序的標準化,新力控股在每個物業開發階段中均有具體的活動要求和執行程序。此外,新力控股採用集中訊息平台管理物業項目,幫助公司順利交流有關物業開發和各方面的訊息,進一步識別及控制相關的營運風險。與此同時,靈活的拿地策略有助新力控股維持穩定的增長。據招股書,於2018年12月,新力控股與兩名物業開發商合作,投得南京江寧區110畝地皮。截至2019年7月31日,新力控股於27個城市擁有15.0百萬平方米規劃建築面積的土地儲備,業務發展前景穩定。

據發售結果公告,此次上市之部份集資額將用作物業開發項目,包括公司在成都、無錫、合肥等物業項目,務求進一步提高新力控股的物業覆蓋率。



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55695/

ソニー、インドに研究拠点を設立

TOKYO, Nov 14, 2019 - (JCN Newswire) - ソニーは、当社R&Dセンターの一つとして、インドに研究拠点を設立します。2020年にバンガロールに最初の拠点を設立し、その後、複数を開設する予定です。当社はインドにおいて、20年以上にわたりソフトウェア開発を進めてきており、今回の拠点設立は、インドの豊富な人材とともに、当社のインド市場における競争力と研究開発力を強化するものです。インド在住、あるいはインドに移住・帰郷したいと考えているIT関連技術の研究者がキャリアを築いていけるよう準備を進めています。

当社はこれまでも、世界中で様々な研究開発活動を展開してまいりました。今回インドで新たに研究拠点を設立し、さらに多様な研究活動を促進することで、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」という当社のPurpose(存在意義)を追求するとともに、多様な技術系人材の育成も進めてまいります。

また、当社のR&D人材が意欲的に成長できる機会を今後も継続的に提供するため、インド国内の大学への研究支援を通じてオープンイノベーションを進めるとともに、教員や研究者との協力関係の構築にも取り組んでまいります。加えて、インドをはじめとする世界中のR&Dセンターにおけるキャリア形成の機会も用意します。

採用に関しては、AIの応用研究を行う人材(アプライドAIを専門とする人材)を中心に行う予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-117/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

富士通・NTTコム・長野京急カントリークラブなど、地方創生およびゴルフ場経営改善に向けた5G実証試験に成功

TOKYO, Nov 14, 2019 - (JCN Newswire) - NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社ミライト(以下、ミライト)、富士通株式会社(以下、富士通)、株式会社長野京急カントリークラブ(以下、長野京急CC)は、ゴルフ場経営改善の実現に向け、長野京急CCで、第5世代移動通信方式(以下、5G)の実証試験(以下、本試験)を、2019年11月11日(月)から11月15日(金)まで共同で実施しています。2019年11月13日(水)には、端末の移動時における複数基地局、複数端末を接続した環境下で、平均1Gbpsを超える5Gを用いた映像伝送に成功しました。

昨今、日本の社会構造の変化などにより地方創生に向けた動きが進む中、次世代のICT基盤インフラとして期待される5Gの研究開発を進めることで、地方における5Gインフラや関連サービスの普及が期待されています。

本試験では、長野京急CCの1番ホールに28GHz帯の5G通信エリアを構築し、ゴルフプレイヤーのショット映像で弾道分析をすることで落下地点を予測し、その結果をプレーヤーのタブレットおよび次世代ディスプレイカート※に表示させる「落下地点予測」と、ティーショットの映像を4K360度カメラで撮影し、高精細な映像を5G端末などにライブ配信する「ライブ映像伝送」の試験を行いました。

これにより、複数基地局設置、複数端末を接続した環境で5G端末を搭載した次世代ディスプレイカートを移動させる中で平均1Gbpsを超える通信に成功したほか、ボールの落下地点を利用者にスムーズに示し、他のコンペメンバーともリアルタイムにお互いのプレー状況が確認できるなど、新たな体験を提供しました。

本試験を通して、ゴルフ場でのプレーと最先端のICTである5Gを融合させることにより、ゴルフ場の経営改善課題であるプレー回転率およびユーザビリティの向上を解決し、利用者の満足度向上や利用機会の創出をめざします。さらに、今までに無いエンターテインメント体験を得られることで、県内外からの利用者の増加など、地方創生に貢献していきます。

なお、本試験はNTT Comが実施主体となり、総務省から請負った令和元年度5G総合実証試験「移動時において複数基地局、複数端末の環境下で平均1Gbpsを超える高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」として実施しています。

今回の試験結果は、2019年11月27日(水)から11月29日(金)までパシフィコ横浜で開催される「Microwave Workshops & Exhibition 2019」において展示します。

NTT Com、ドコモ、ミライト、富士通、長野京急CCは、本実証試験の成果をふまえ、2020年に向け5Gのネットワーク構築や5Gを活用したサービス、ソリューション創出など、先端技術の発展に尽力していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/11/14.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

マツダ、「マツダ ロードスター」を商品改良

HIROSHIMA, Japan, Nov 14, 2019 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター(ソフトトップモデル)」、「マツダ ロードスター RF(リトラクタブルハードトップモデル)」を一部改良するとともに、特別仕様車「SILVER TOP(シルバー・トップ)」を設定して、全国のマツダ販売店を通じて本日から予約受付を開始し、12月5日に発売します。

1989年に誕生した「ロードスター」は、おかげさまで今年30周年を迎えました。その間、多くのファンの皆さまに支えられ、累計販売台数は今年9月末時点で109万台を超えています。今年の10月13日には、ロードスターファンによる「ロードスター30周年ミーティング」が開催され、2,200台のロードスターと、海外からの参加者を含む3,500名のファンの皆さまが集まりました。

今回は、4代目ロードスターのコンセプトである「人生を楽しもうー“Joy of the Moment, Joy of Life”」をさらに深めることを目指し、以下の改良を実施しました。

ボディカラーに新世代商品「MAZDA3」から採用している「ポリメタルグレーメタリック」を追加。金属の硬質感と樹脂特有の滑らかな艶感を融合させ、ボディを流れる光の移ろいで刻々と変わる陰影の表情が、これまでの外板色とは異なる個性を創り出します。また、ステッチカラーを従来の赤から明るいグレーに変更するなど、上質さを高めた内外装色の組合せを設定しました。

「マツダ ロードスター」では、RAYS社*1と共同開発した鍛造16インチアルミホイールを設定。約3kgの軽量化により、走りの楽しさを高めます。さらに、RAYS社製ホイール装着車にはBrembo*1社製フロントブレーキをオプション設定*2。優れたコントロール性とともに、スポーティで上質な質感を実現しています。

「マツダ ロードスター RF」では、鮮やかさと深みを両立したバーガンディ・レッドのナッパレザーインテリアを採用した新機種「VS Burgundy Selection」を追加しました。

また、先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスト SCBS)」に夜間歩行者検知機能を全機種に追加し、前モデルから継続して、全機種で「サポカーS・ワイド」に対応しています。

特別仕様車「SILVER TOP」*3ではグレー色の幌を採用し、これまでのロードスターとは異なる、モダンで落ち着いた雰囲気を醸成しています。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201911/191114a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

マツダ、「MAZDA CX-30」が独「ゴールデンステアリングホイール賞」を受賞

HIROSHIMA, Japan, Nov 14, 2019 - (JCN Newswire) - 「MAZDA CX-30 (マツダ シーエックス サーティー)」が、このたび、ドイツで最も権威のある自動車賞のひとつである「ゴールデンステアリングホイール賞 (コンパクトSUV部門*1)」を受賞しました。

ゴールデンステアリングホイール賞は、ドイツの「Bild am Sonntag (ビルド日曜版)」および自動車専門誌「Auto Bild (オートビルド)」が主催する、43年の歴史を持つ自動車賞です。読者投票や、自動車ジャーナリストなどから構成される審査員の評価に基づき、部門ごとにその年の最も優れた新型車が選出されます。CX-30は、最もノミネート車が多いコンパクトSUV部門で選ばれました。また、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良さを併せ持つSKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)と 新型MAZDA3(マツダ スリー)もそれぞれの部門*2でトップ3に選出されています。

マツダの受賞は1985年、1989年「MAZDA323 (日本名:マツダ ファミリア)」、1992年「MAZDA626 (日本名:マツダ カペラ)」、2014年「MAZDA2」に続く5回目です。11月12日にベルリンで行われた授賞式に参加したマツダの青山裕大(あおやま やすひろ)常務執行役員は、「このような素晴らしい賞を受賞することができ大変光栄です。デザイン、技術、そして人馬一体感に注力するマツダのクルマづくりを評価いただきました」と述べました。

CX-30は、グローバルに成長を続けるSUV市場を見据え、新たにラインアップに追加されたモデルです。「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」をコンセプトに開発し、見る人の感性を刺激するデザイン、どこへでも気軽に出かけられる機動性、大切な人とゆったりと過ごすことができる上質な室内空間、誰もが安心して運転を楽しめる安全性能をお客さまに提供します。

マツダは今後も、お客さまに「感動」を提供し続け、クルマ本来の魅力である「走る歓び」にあふれたカーライフを通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201911/191114b.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ISIDと東京大学、人工市場のシミュレーション環境をクラウド上に構築

TOKYO, Nov 14, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下ISID)と、東京大学大学院工学系研究科和泉研究室(以下和泉研究室)はこのほど、エージェント・ベース・モデル※1(以下ABM)を用いた人工市場※2のシミュレーション環境(以下本システム)を、日本マイクロソフト株式会社、Cloudera, Inc. 、Simudyne Ltd.の協力を得て、クラウド上に構築しました。大規模な並列分散処理環境が不可欠なABMによるシミュレーションを、オープンなクラウド環境で実行可能とする画期的な試みです。両者は今後、本システムを活用し、市場リスク分析など金融分野へのABMの応用に向けた共同研究を進めてまいります。


銀行間の関係性をネットワーク図で示した画面


シミュレーション結果のグラフ表示画面


■背景とねらい■
デジタライゼーションの急速な進展に伴い、市場環境や消費行動はますます複雑化・多様化しています。特に金融分野においては、国際情勢の急激な変化や暗号資産の登場などにより、市場に影響を及ぼす新たな要因や市場参加者が次々と生まれ、従来の統計的手法だけでは、将来起こりうる変化を的確に予測することが難しくなっています。

ABMは、複数の自律的なエージェント(プログラム)の行動と相互作用が全体に与える影響をシミュレーションするコンピューターモデルの一つで、世界の複雑な現象を再現・予測する手法として学術研究が進められてきた概念です。これを用いて金融市場や経済現象を仮想的にシミュレーションする環境、すなわち人工市場を形成することにより、確度の高い予測が可能になると期待されており、欧米を中心に活用が進み始めています。しかしながら、ABMによるシミュレーションには膨大なコンピューターリソースが必要となるため、国内では実用に至っていません。

このような状況の下、今回両者は、オープンなクラウド基盤上にABMのシミュレーション環境を構築する、画期的な試みを実現しました。具体的には、高い拡張性を持つエンタープライズグレードクラウドのMicrosoft Azure上に、Clouderaの並列分散処理技術であるCloudera CDHとABMのシミュレーションツールであるSimudyneを実装し、さらに和泉研究室が開発した銀行間ネットワーク・モデル※3を組み込んだもので、金融分野へのABMの応用を大きく前進させる取り組みです。

■両者の役割と今後の展望■
ISIDは、アルゴリズムトレードやリスク管理シミュレーションなど、金融領域の大規模システム構築実績を数多く有し、先進クラウドテクノロジーを活用したシステム構築も多数手掛けています。本件においては、Microsoft AzureとCloudera CDHを活用した基盤の構築からSimudyneの導入、銀行間ネットワーク・モデルのポーティングまで、システム環境構築をトータルで実施しました。今後は、本システムの実用化に向けた技術検証とサービスモデルの開発に取り組んでいく計画です。

和泉研究室は、実社会で相互作用する複数の人間の行動データから、集団としての人間行動モデルを構築する基盤技術の研究開発に取り組み、社会経済シミュレーションや人工市場シミュレーションへの応用を進めています。本件においては、独自に開発した銀行間ネットワーク・モデルを提供しています。今後は本システムを活用して「銀行間ネットワークにおける連鎖破綻」などをテーマとするシミュレーションを実施し、金融分野におけるABM活用の有効性を検証するとともに、研究論文等を通じてその成果を公表していく計画です。

■両者および協力各社のエンドースメント■
株式会社電通国際情報サービス執行役員金融ソリューション事業部長の平島剛は次のように述べています。「ISIDは、和泉研究室が挑戦する金融領域におけるエージェント・ベース・モデルの活用に期待いたします。特に市場系領域への展開においてはISIDの強みの一つである業務ノウハウを生かすことができます。和泉研究室と共同でテクノロジーによる可能性を広げることで、金融市場全体の発展に寄与できるよう取り組んでまいります」

東京大学大学院工学系研究科教授の和泉潔は次のように述べています。「金融市場の制度設計にABMを活用する研究は、まだ初期段階ですが金融実務者からもとても期待されている分野です。今までシミュレーション・プログラム作成の困難さが課題でしたが、今回の試みのような応用事例が増えて、そのハードルが下がりプログラムの標準化や再利用が進めば、ABMによる制度設計の実用性が大いに高まると期待できます」

日本マイクロソフト株式会社パートナー事業本部パートナービジネス統括本部統括本部長の安藤浩氏は次のように述べています。「日本マイクロソフトは、ISIDと東京大学和泉研究室による金融分野へのエージェント・ベース・モデルの応用を目的とした共同研究開始を心より歓迎いたします。高負荷なシミュレーション実行環境を、Azure上で柔軟かつセキュアに構築できるよう支援してまいります」

Cloudera, Inc. 金融サービス担当ディレクターのRichard L. Harmon氏は次のように述べています。「Clouderaは、東京大学和泉研究室が行った変革的な研究は、ABMシミュレーションの理論的な進歩と、グローバルをはじめ日本の金融システムが直面する重大な変化に対処する能力を提供すると信じています。また、この度の研究によりクラウドコンピューティングが、これまで非常に高価なスーパーコンピューティングへの投資が不可欠だったリスク、経済、社会的課題に対処するための新しいアプローチの採用を加速させる大きな可能性を示しています。Clouderaは、ISIDと緊密に協力し、和泉教授のチームが、グローバルな金融システムが直面する複数の基本課題に対処するために新たな洞察をもたらすことを期待しています」

Simudyne Ltd. CEO のJustin Lyon 氏は次のように述べています。「ISIDと東京大学が画期的な取り組みであるエージェント・ベース・シミュレーションを活用していることを嬉しく思います。この取り組みは、現実環境で相互作用する金融市場参加者の創発する行動を理解する上で有効です。この取り組みによって、日本がこれまでの伝統的な方法や仮定を超えて、金融市場の理解を促進することを期待しています」

<ご参考資料>
Microsoft Azureについて
Microsoft Azureは、マイクロソフトが提供する、オープンで柔軟でセキュアな、エンタープライズレベルのクラウドコンピューティング・プラットフォームです。IaaS及びPaaSをサポートし、AIやIoTなど最新のクラウドサービスを包含します。

Cloudera CDHについて
米Cloudera, Inc.が提供する、Apache Hadoopや主要なオープンソースプロジェクトを含む、Clouderaのオープンソース・ソフトウェアディストリビューションです。

Simudyneについて
英Barclays社からの出資を受け、2016年にロンドンで設立されたスタートアップ企業Simudyne Ltd.が開発した、エージェント・ベース・モデルを用いたシミュレーションツールです。

※1 エージェント・ベース・モデル:コンピューターモデルの一つで、複数のエージェント(プログラム)が同時に活動し、相互作用する状況をシミュレートすることによって、複雑な現象を再現し、膨大な数のシナリオを予測することを実現する。
※2 人工市場:コンピューター上に仮想的に作られた金融市場を指す。現実の経済現象の分析や、経済理論の検証などを行うことができ、また人工市場から得られたシミュレーション結果を、実際の金融市場の現場における意思決定支援などに用いることができると考えられている。
※3 銀行間ネットワーク・モデル:銀行間取引による貸借関係を明らかにするため、ネットワーク構造を用いて複数の銀行間の関係を表したモデルのこと。

【共同研究に関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 ソリューション営業2部 南、中島
E-Mail: g-DXmarketing@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション部 李
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp


銀行間の関係性をネットワーク図で示した画面


シミュレーション結果のグラフ表示画面



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

三菱電機、「第6回鉄道技術展2019」出展のお知らせ

TOKYO, Nov 14, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、2019年11月27日から29日まで幕張メッセで開催される「第6回鉄道技術展2019」に「Ready to depart for the future. 三菱電機は、鉄道の未来をつくる準備ができている。」をテーマに出展します。当社の考える「次世代輸送システム」の実現に向けた最新技術に加えて、鉄道事業者間のデータ共有・活用などを支援する「鉄道LMS※1 on INFOPRISM(インフォプリズム)」を紹介します。出展ブース : 幕張メッセ 7ホール(ブースNo. C-13)

出展の見どころ
当社ブース内の大型スクリーンで、数十年後の大都市圏に暮らすある家族の日常を通じて、鉄道車両の自動運転が実現した「三菱電機が考える未来の次世代鉄道システムの姿」をアニメーションで紹介します。

主な展示内容

<三菱電機が描く将来像エリア>
- 当社が考える次世代輸送システムの姿をアニメーションで紹介
- 鉄道LMS on INFOPRISMをベースに自動運転やMaaS※2連携を見据えたIoTプラットフォームの将来像「次世代輸送システム on INFOPRISM」のコンセプトを紹介
- デザインアプローチによる新たな移動の概念や鉄道の未来像を「首都圏モビリティシナリオ」として紹介

<構成技術エリア(自動運転実現技術エリア)>
- 大容量無線の活用により安定した列車制御を実現する鉄道車両向け自動運転システム(★:デモ展示)
- 列車の運行支援を自動化するスマート列車運行オペレーション(★)
- 駅ホームや車内で乗客の状況をリアルタイムに検知する「映像解析ソリューション」(★)
- 線路の周辺設備のひび・剥離や建築限界などの計測を行う三次元計測車両「MMSD※3」
- 鉄道沿線での無線環境の見える化を実現し、鉄道無線の設計や保守業務効率化に貢献するMMSDと準天頂衛星を活用した「鉄道無線解析ソリューション」

<鉄道LMSエリア>
- 東京メトロ丸ノ内線2000系向け「車両情報監視・分析システム TIMA」※4(★)
- 車両走行中の検査実施によりTBM※5の省力化・効率化を実現する「月検査省力化システム」
- 軌道上で車両をまるごと自動で「検査」「診断」できる「車両統合検査システム:TRII」
- 遠隔で各拠点をつなぐデジタル時代のソリューションサービス「鉄道車両アセットマネジメント」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1114.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

超額認購十倍有餘 飛鶴今於港交所敲鐘上市

HONG KONG, Nov 14, 2019 - (亞太商訊) - 據報道,近年來,中國嬰幼兒配方奶粉市場不斷擴大,據資料顯示,自2014年到2018年的複合年增長率為11.2%,目前已成為世界發展速度快的嬰幼兒配方奶粉市場之一。2018年,中國飛鶴有限公司(以下簡稱:飛鶴)(股份代號:06186.HK)的零售銷售價值在國內和國際高端嬰幼兒配方奶粉集團中均排名第一,行業領先地位穩固。已成立57年的飛鶴今日迎來在香港聯合交易所主板掛牌上市的日子。此前在招股期,投資者認購踴躍,香港配售超額認購12.14倍,國際配售超額認購4倍。是次上市,飛鶴每股最終定價為港幣7.5元,集資額約為港幣67億元。

中國奶粉品牌市場份額回升 飛鶴引領行業樹立標桿

2008年中國奶製品污染事件大大打擊了消費者對國內嬰幼兒配方奶粉的信心,國內品牌受此影響深重,市場份額一落千丈。據資料顯示,近五年來,國內品牌通過其持續投資品牌推廣以及研發高端產品,重獲消費者信任,在嬰幼兒配方奶粉市場中佔有的份額逐漸回升。預計在2023年,國內品牌將超越國際品牌在中國的市場份額,達到52.0%。

自成立至今,飛鶴始終堅持執行嚴格的安全控制標準,57年來從未發生過主要食品安全問題。在生產過程中,供應鏈的好壞對產品質量起著至關重要的作用。據了解,飛鶴在整個供應鏈中採用嚴格的質量控制體系,從檢查鮮奶供應商使用的飼料至生產流程再到交付成品約有25道全面程序和逾300個檢查點。此外,飛鶴奶粉還堅持採用優質的原材料,是中國少數使用鮮奶作為所有嬰幼兒配方奶粉產品主要成分的嬰幼兒配方奶粉供應商之一。為確保其產品的品質及味道,飛鶴採購的所有鮮奶必須符合一系列高於中國及歐洲基準的營養和安全標準。飛鶴在挽回中國消費者對國產奶粉品牌信任方面起到實質性作用。

飛鶴對產品安全的嚴格要求及其優良的品質獲得消費者的信任和市場的認可。按2018年零售銷售價值計,飛鶴是中國嬰幼兒奶粉行業第一品牌,佔國內整體市場份額7.3%。飛鶴的星飛帆產品系列自2015年起連續5年榮獲國際質量研究所頒發的世界品質評鑒大會金獎,並於2017年榮獲國際質量研究所頒發的國際高品質獎杯。

為中國寶寶量身定制 廣覆蓋營銷策略佔領市場

飛鶴的品牌理念是「更適合中國寶寶體質」,為使其產品更接近中國媽媽的母乳,持續升級配方。據了解,公司已聯同國家研究機構開展臨床研究,並協助建立一個綜合中國母乳數據庫,對中國不同地區的母乳成分開展深入研究。此外,飛鶴與領先國際機構合作,在哈佛擁有實驗室,開展對嬰幼兒的營養研究。憑藉其出色的研發能力,飛鶴是唯一一家參加國家863計劃(亦名為國家高技術研究發展計劃,是由中國政府撥款的項目)的嬰幼兒配方奶粉供應商。

除了擁有強大的產品力,飛鶴亦積極開拓經銷網絡和營銷計劃。據資料顯示,飛鶴目前通過全國1,800多名線下客戶的廣泛經銷網絡銷售其產品,截至2019年上半年,擁有超過109,000個零售銷售點。在營銷計劃方面,飛鶴採取線上和線下營銷策略,如舉辦面對面研討會以及具有針對性的媒體報道。據了解,按2018年零售銷售價值計,飛鶴在中國超高端嬰幼兒配方奶粉中的市場份額為24.7%,在國內和國際嬰幼兒配方奶粉集團中排名第一。同年,飛鶴的收益為人民幣103.92億元,溢利為人民幣11.6億元。



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55685/

浦林成山獲納入為MSCI中國小型股指數成份股

HONG KONG, Nov 14, 2019 - (亞太商訊) - 浦林成山(開曼)控股有限公司(「本公司」)或「浦林成山」;股份代號:1809)欣然宣佈,獲納入為MSCI中國小型股指數成份股,並將於本月26日收市後生效。MSCI(摩根士丹利資本國際,「Morgan Stanley Capital International」)是一家提供全球指數及相關衍生金融産品指標的國際公司,其推出的MSCI指數是全球投資組合經理作為投資基準最為廣泛應用的指數之一。MSCI中國小型股指數隸屬MSCI中國指數 (MSCI China Indexes)系列。

據悉,此次MSCI指數調整過程中,中國小型股指數新增27只股份,同時剔出23只股份,覆蓋多行業領域。本公司上市剛滿一年,憑藉在市值、流通性、行業發展多方面的表現,順利獲納入成分股之列,是對本公司發展的高度肯定。

本公司主席車宏志先生表示 :「管理層對於浦林成山獲納入為MSCI香港小型股指數成份股表示非常榮幸及高興。是次入選標誌著資本市場對本公司的高度認可,相信有助引入更多元化的投資者及提升股票流動性,從而實現本公司之投資價值及提高該公司在資本市場之知名度。浦林成山將繼續堅定實施『成本領先、效率驅動、差異競爭、全球運營』的四大核心發展戰略,持續完善營銷、研發、製造、採購、品質、管控六大體系,致力用良好的業績為股東帶來優質的回報。」

關於浦林成山(開曼)控股有限公司
浦林成山(開曼)控股有限公司是一家專注於輪胎研發、製造和銷售的現代化企業,是中國最具影響力的輪胎企業之一,總部位於山東榮成。2018年10月9日,浦林成山於香港聯合交易所主板上市,股票代碼:1809.HK。公司現有浦林(Prinx)、成山(Chengshan)、 澳通 (Austone) 、富神(Fortune)4個品牌,全鋼子午線輪胎、半鋼子午線輪胎、斜交胎三個産品大類、60多個産品子類,涵蓋乘用、商用、工業、農業及部分特種車輛輪胎。依靠先進的管理理念和過硬的産品品質,公司産品全球市場佔有率和品牌影響力持續提升,國內零售網點達到10,000多家,國外暢銷全球約130個國家和地區。同時成爲中國重汽、江鈴汽車、東風柳汽、中國一汽、上汽紅岩、慶鈴汽車等國內30家大型主機廠的主要輪胎供應商。


Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55681/

三菱重工航空エンジン、Mitsubishi SpaceJet向けPratt & Whitney GTF PW1200Gエンジンの国産完成品を初出荷

TOKYO, Nov 13, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工航空エンジン株式会社(MHIAEL、社長:島内 克幸、本社:愛知県小牧市)は、三菱航空機株式会社が開発中のリージョナルジェット旅客機Mitsubishi SpaceJet(三菱スペースジェット)ファミリーに搭載するエンジンPW1200Gを本社工場で初めて完成、13日に開発・製造元である米国プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney:P&W(注))に向けて出荷しました。民間航空機用ジェットエンジンの新製のための最終組立ラインはこれが日本初であり、今回出荷の国内組立初号エンジンはモーゼスレイク(ワシントン州)のSpaceJet飛行試験拠点「モーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)」で機体に搭載され機体試験などに使われる予定です。

MHIAEL本社工場では、11日、初出荷を記念して式典を開催。国土交通省、経済産業省、全日本空輸株式会社、日本航空株式会社、株式会社JALエンジニアリング、Pratt & Whitney JAPAN K.K.などから来賓が多数列席し、当社グループからは三菱航空機株式会社 水谷久和社長が出席しました。同エンジンの最終組立・領収試験を日本国内で行うプログラムは、2008年にP&W とパートナー契約を結んで参画したもので、完成初号機の出荷は三菱重工グループの民間航空エンジン事業史の中で、重要なマイルストーンになります。

PW1200Gは、Pratt & Whitneyが長年構想を温めて画期的な技術として製品化に踏み切った最新鋭ジェットエンジンです。独自技術であるGeared TurbofanTM(GTF)の採用により、減速機構を介することにより低圧タービンを高速回転させてより高い効率を追求する一方、空気を取り込むファンのほうは逆に回転数を下げることで大幅な騒音低減を実現。二桁%の燃費性能向上と環境性能の飛躍的向上をはかります。

PW1200Gの国内初号機は、2017年に組み立てを開始。テストセル承認、第1回目のフルエンジン組み立てを完了し、その後試験および分解・検査を経て、このほど第2回目の組み立て・試験を終えて出荷するものです。

MHIAELの本社工場が備えるPW1200Gの生産ラインは、今後米国連邦航空局(FAA)による承認を受けた上で量産を開始する予定です。MHIAELはP&Wとの緊密な連携の下、この次世代型ジェットエンジン技術を通じて世界の民間航空市場のイノベーションに貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/191113.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

金山軟件公佈2019年第三季度業績

HONG KONG, Nov 13, 2019 - (亞太商訊) - 中國領先的軟件及互聯網服務公司金山軟件有限公司(「金山軟件」或「公司」,香港聯交所股份代號:03888)公佈截至2019年9月30日止三個月(「回顧期」)未經審計之第三季度業績。

回顧期內,金山軟件錄得收益人民幣2,022.9百萬元,較去年同期增長32%,較上季度增長8%。其中,來自網絡遊戲、雲服務、辦公軟件及服務及其他的收益分別佔總收益的33%、48%和19%。第三季度,公司錄得毛利人民幣822.9百萬元,較上季度增長15%。

金山軟件主席雷軍先生表示:「2019年三季度,我們的各項業務繼續保持良好的增長勢頭。我們的旗艦端遊《劍網3》以及《劍俠情緣手游》受到廣大玩家的關注,收益環比增長令人滿意。此外雲服務業務實現快速增長,正式發佈了一系列金融雲解決方案,持續拓寬金融行業客戶。同時,WPS Office個人會員增值服務業務收益保持強勁增長,而北京金山辦公軟件股份有限公司亦計劃於2019年11月18日在上海證券交易所科創板上市。」

金山軟件首席執行官鄒濤先生表示:「金山軟件第三季度錄得收益人民幣2,022.9百萬元,較去年同期增長32%,較上季度增長8%。得益於移動視頻及互聯網優勢領域的鞏固及企業級市場的突破,雲服務業務的收益同比持續快速增長。」

業務回顧

網絡遊戲業務
第三季度,網絡遊戲業務錄得收益人民幣663.5百萬元,較上季度增長16%。收益環比增長主要得益於旗艦端遊《劍網3》不斷更新內容、優化用戶體驗實現的收益增長,以及《劍網3》手遊在2019年6月上線後的收益貢獻。

8月28日,端遊《劍網3》十周年發佈會在西安隆重舉辦,與廣大玩家分享了對技術革新、用戶運營和內容打造的發展前景。手遊方面,公司繼續推進多元化產品戰略,自主研發的二次元手游《雙生視界》於9月20日在日本上線並取得高度評價,該款遊戲的國服版不久也將登陸國內。四季度,金山軟件將推出《劍網3》端游2019年年度資料片,為玩家帶來新的遊戲內容和更佳遊戲體驗。

雲服務
得益於移動視頻及互聯網優勢領域的鞏固以及企業級市場的成功突破,雲服務2019年第三季度收益保持高速增長,錄得人民幣976.3百萬元,較去年同期增長62%,較上季度增長6% 。

金山視頻雲憑藉領先的基礎設施和技術積累,成功護航「汽車之家818全球汽車夜」以及 「國慶70周年閱兵」 央視直播。在2019亞太內容分發大會暨CDN峰會中,金山雲榮獲「CDN領袖獎 十大傑出運營企業」。遊戲雲方面,金山雲與中國電信、英特爾聯合發佈了雲遊戲解決方案,實現客戶端遊戲秒雲化。在金融雲領域,金山雲通過對外輸出全棧式智慧金融雲解決方案及KBaaS商用區塊鏈平台,實現最底層的雲基礎設施建設到創建金融生態。金山雲政務雲與鞍鋼共建的「精鋼雲」工業互聯網平台榮獲「2019年十佳上雲優秀案例」。金山雲與天津市西青區達成戰略合作,合力打造「雲上西青」、並與赤壁市人民政府、成都市雙流區政府等共同打造大數據産業生態。未來,金山雲將以雲計算爲基礎,融合大數據、人工智能等新興技術,助力推動各行業企業級客戶實現智能化、數字化轉型升級。

辦公軟件及服務及其它
2019年第三季度,辦公軟件及服務及其他業務錄得收益人民幣383.1百萬元,較去年同期增長50%。同比增長主要受惠於WPS Office個人會員增值服務收益的穩健增長。通過持續為用戶提供更多實用的會員功能及高品質的資源,用戶活躍度及付費用戶數量持續上升。

辦公軟件及服務及其他業務保持可持續性增長。通過提供全面覆蓋辦公場景的產品及服務,WPS Office個人會員增值服務業務保持穩健。另外,公司正式發佈了基於知識庫、人工智能、數據挖掘等技術的WPS Office for Linux智能增強版。該版本通過將前沿人工智能技術引入辦公產品,進一步增強了WPS在Linux系統上的產品體驗和服務能力。該版本的推出為金山軟件進一步開拓政企用戶市場帶來新的想像空間。WPS強力佈局海外市場。8月28日,WPS Office 2020國際版在印度新德里正式發佈。作為承載金山辦公業務的旗艦性產品,WPS Office 2020深度整合了包括模版、PDF編輯在內的多項功能與服務,並首次將MacOS客戶端產品正式納入WPS全平台體系。未來,金山軟件將通過新技術賦能,提供領先的適用於辦公場景的各類產品及服務,為全球使用者提供高效辦公體驗。

雷軍先生總結道:「總體而言,在充滿挑戰的局勢下,我們欣然在第三季度達成滿意的業績。在創新與數字化轉型的趨勢下,金山軟件將在所處行業保持競爭優勢。展望未來,在雲服務業務及辦公軟件服務的驅動下,我們預期整體業務將繼續保持強勁增長。我們對實現2019年的目標保持審慎樂觀态度,並將致力於為股東創造長期價值。」

關於金山軟件有限公司
金山軟件 (3888.HK) 是一家於香港聯交所上市的中國領先的軟件及互聯網服務公司,旗下擁有西山居、金山雲以及金山辦公三家子公司。隨著「移動互聯網轉型」的戰略實施,金山軟件在整體業務及管理模式等方面已完成全面轉型,並形成以互動娛樂及辦公軟件為支柱、以雲計算為新起點的戰略佈局。公司在全球範圍內有超過7,000名員工,在國內外若干國家及地區市場享有重要的市場份額。更多詳情,請瀏覽 http://www.kingsoft.com。

金山軟件投資者關係:
呂 歐 電話:(86) 10 6292 7777 電郵:ir@kingsoft.com

如有垂詢,請聯絡偉達公共關係顧問:
杜思達 電話:(852) 2894 6264 電郵:kingsoft@hkstrategies.com



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55672/

三菱自、軽自動車『eKクロス』『eKワゴン』が2020年次「RJCカーオブザイヤー」を受賞

TOKYO, Nov 13, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽自動車『eKクロス』『eKワゴン』がNPO法人日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)が主催する2020年次「RJC カーオブザイヤー」を受賞したことを発表しました。(日産デイズと同時受賞)

受賞理由について、RJCは(1)新開発のプラットフォーム、パワートレインの採用により、優れた居住性、積載性を実現するとともに、走行性能、環境性能も向上したこと、(2)先進運転支援システム「MI-PILOT(マイパイロット)*1」を搭載することでドライバーの負担を軽減し、軽自動車の活用領域を大きく広げたことを評価しています。

三菱自動車が「RJCカーオブザイヤー」を受賞するのは、軽自動車『i(アイ)』(2007年次)、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』(2019年次)に続き、2年連続、3度目の受賞となります。

■2020年次RJCカーオブザイヤーの概要
29回目を迎えた本年度の「RJCカーオブザイヤー」の選考は、2018年11月1日から2019年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC選考委員の投票によって実施。11月1日に「6ベスト」が選出され、その中から11月12日の投票によって2020年次「RJCカーオブザイヤー」が決定しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5384.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

エーザイ、人事異動を発表

TOKYO, Nov 13, 2019 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社は本日、人事異動(2019年11月13日付)を以下のとおり発表しました。

2019年11月13日付 人事異動
■執行役員
新任務/旧任務/氏名
(出向)エーザイ・ファーマシューティカルズ・インディア・プライベート・リミテッド(EIL) EIL担当(執行役員)/APIソリューション事業部長(執行役員)/大石 哲也

■グローバル本社
新任務/旧任務/氏名
(出向)エーザイ・ファーマシューティカルズ・インディア・プライベート・リミテッド(EIL) EIL管理部長/エーザイデマンドチェーンシステムズ 戦略企画部 予算・原価管理グループ長/藤村 東

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201982.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

大和リースとNEC、快適な職場環境づくりに向けて、感情分析と五感に作用する空間サービスによる実証実験を開始

TOKYO, Nov 13, 2019 - (JCN Newswire) - 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田 俊作、以下 大和リース)と、日本電気株式会社(本社:東京都港区、社長:新野 隆、以下 NEC)は、オフィスなどで仕事をされる方々が快適に働ける職場環境づくりを目指して、両社の商品を活用した新システムの有用性を検証するため、2019年10月24日(木)から約1ヶ月の期間で実験に取り組んでいます。

本実験は大和リースの従業員を対象に、リストバンド型のウェアラブルデバイスを用いて心拍変動データなどから感情を可視化する「NEC 感情分析ソリューション」※1(NECが販売)を活用し、通常のオフィス内で過ごした場合と、室内緑化に自然音やアロマ・木製家具などを複合的に組み合わせた空間商品「VERDENIA(ヴェルデニア)」※2(大和リースが販売)内で過ごした場合の感情変化を検証するものです。実験の途中経過として、「VERDENIA」で過ごした際に従業員の感情が心地良い感情(興奮・喜び)へと改善されていることを確認しています。

今後は街やオフィスに潤いをもたらす環境緑化事業を推進する大和リースと、先進ICTを活用したソリューションを提供するNECが、両社のノウハウを持ち寄り、今回の実証実験により得たデータを分析し、職場環境を改善する新システムの商品化を目指します。

2019年11月20日(水)~22日(金)までパシフィコ横浜にて開催される「ET & IoT Technology 2019」に両社で出展し、ブース内に今回の新システムを展示します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191113_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ソニー、莫大なデータを長期間安全に保管するオプティカルディスク・アーカイブ第3世代発売

TOKYO, Nov 13, 2019 - (JCN Newswire) - ソニーは、5.5 TB※1と大容量のオプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC5500R(追記型)』と、平均3Gbps(375 MB/s)※2の高速データ転送を実現する光学ドライブユニット『ODS-D380U』や『ODS-D380F』で構成される、オプティカルディスク・アーカイブ第3世代を発売します。第3世代は、2016年発売の第2世代と比べて、1カートリッジあたりの容量は約1.7倍、転送速度は約1.5倍となり、より多くのデータを効率的に保管することができます。

本商品は、11月13日(水)から幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に展示されます。

オプティカルディスク・アーカイブは、パナソニック株式会社と共同開発した業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」を記録メディアとして採用し、長寿命かつ耐久性に優れた大容量データストレージシステムです。4K・8Kの普及に伴い大容量化するコンテンツを扱う映像制作分野では、すでに多数の放送局やプロダクションで採用されています。

近年、ITやIoT技術の進展で大量のデータが生成されるとともに、AIの進歩に伴いデータの取得・蓄積・活用の重要性が増しています。また、公的機関で策定されたガイドラインや法規制などを受けて、研究データや公文書を長期間安全に保管する必要性が高まっています。ソニーはオプティカルディスク・アーカイブを、教育機関、医療機関やバイオ・ライフサイエンス分野などを含む研究機関、公共団体や企業の重要なデータ資産管理におけるソリューションとして提案します。

オプティカルディスク・アーカイブはオープンプラットフォーム化を推進しており、2019年11月現在、賛同企業は130社を超え、お客様の運用に応じた様々なアプリケーション※3が提供されています。ソニーは、加速度的に増加するデジタルデータの管理課題解決に向けて、光ディスク技術およびアーカイブソリューションを今後も進化させてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-116/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

阿里赴港二次上市,投資者可以如何參與打新?

HONG KONG, Nov 13, 2019 - (亞太商訊) - 阿里赴港上市的傳聞終於隨著其路演開始而一錘定音,翹首多時的小夥伴早已按捺不住內心的激動。


點擊了解「阿里巴巴二次上市 新股認購選富途」活動:https://ift.tt/32FTqmD


阿里巴巴美股上市以來股價走勢圖




點擊了解「阿里巴巴二次上市 新股認購選富途」活動:https://ift.tt/32FTqmD


2014年阿里赴美上市,就以218億美金的募資額創下了全球美股最大IPO紀錄,其後股價一路走高,上市5年來最高漲超210%,市值超4800億美元,長期穩居全球最大上市公司前列。

而今阿里重返港股,計劃募資100億至150億美元,同樣有望成為港股歷史上最大IPO交易案。加上其過往優异的業績表現,持續穩健的股價,多元化的産業生態佈局……無不令人對阿里今次赴港IPO更加充滿期待。又一打新機會即將來襲,你真的準備好了嗎?

一、為什麽阿里打新全民關注?
港股歷史上不乏高募資額的IPO案,但像阿里這樣全民關注的案例却並不多。為什麽阿里巴巴會受到這麽多打新投資者的關注呢?可以簡單從兩個方面來解釋:一是基本面,即阿里的業績表現;二是過往股價表現。

事實上無論是業績還是股價,阿里的表現都一直可圈可點,其港股IPO更加被普遍看好。以2018年財年為例,阿里巴巴集團全年收入2500億,同比增幅達到58%,核心電商業務收入同比增長60%,雙雙創下IPO以來年度最高增幅。而在今年三季度,阿里營收同比增40%,淨利潤同比增40%,實現營收和淨利潤強勁雙增長,再度釋放出打新利好。

而作為國內最大的互聯網電商巨頭,阿里自2014年在美上市以來,股價同樣一路走高。當年在美股上市的發行價68美元,上市首日收盤漲幅就高達38.07%,累計漲幅更是突破211%。截至目前,阿里市值也已漲至4700多億美元,躋身全球上市公司前列。參考美股上市首日及後續股價情况,此次港股打新又會有怎樣的表現呢?我們拭目以待。

而對於中簽之後又希望長期持有的投資者而言,阿里旗下已經彙聚了一批優質的上市企業,投資阿里無异於投資一系列優質公司,比如阿里健康、阿里影業、寶尊電商等等,相對具備長期持有的價值。同時阿里赴港上市還有強大的帶動效應,圍繞阿里系集中的消費業、零售業、金融業等新經濟公司同樣值得關注。

二、投資者如何打新阿里?
近年來,港股打新因支持孖展認購、中簽率高等諸多優勢逐漸走俏,且隨著越多越多優質獨角獸公司赴港上市,港股打新更加受到諸多投資者的青睞。

以2019年上市的新股為例,今年港股上市首日漲幅第一的魯大師(03601.HK),首日漲幅高達218.5%,抽中一手並在首日賣出即可淨賺5900元。還有日照港裕廊(06117.HK)、坤集團(00924.HK)等優質新股首日漲超100%,先前參與這些股票打新的投資者可以說是收穫不少。

面對阿里巴巴這次超級IPO,投資者又可以如何參與打新呢?首先當然是要選擇合適的券商平台。富途證券作為新興互聯網券商,支持線上一鍵打新、0手續費現金認購、最高10倍融資杠杆、極速暗盤交易,在打新體驗上更加極致流暢。

更加重要的是,富途證券特別推出「阿里巴巴二次上市 新股認購選富途」優惠活動:
①2019年11月1日至2019年11月30日(下稱「活動時間」)內成功開戶,並完成首次入金1港元或以上可獲得1股匯豐控股股票(價值約HK$60)及港股證券買賣90日免佣優惠,首次入金達港幣2萬即可獲得1股騰訊控股股票(價值約HK$300)。

②凡於2019年11月12日至2019年11月30日內經指定頁面首次認購任何港股新股,打新任意新股即可獲得15股阿里健康股票(價值約HK$120)。

③活動期內完成線上開戶,或線下開戶後首次存入資金達港幣2萬元(或等值美元)即可獲得港股證券買賣「一世免佣」優惠。

第一步:開戶
內地用戶開戶須提前準備二代身份證及大陸銀行卡,在線上填寫相關資料之後完成開戶申請即可。香港用戶須提前準備好香港永久居民身份證和三個月內發出的地址證明(非香港永久居民需額外提供原國籍身份證明文件),並完成轉賬1萬港幣,即可免線下認證完成開戶。

第二步:入金
投資者可以通過自己的香港銀行卡入金(1-2個工作日)。一般平均每只新股申購費用為3017港元,因此通常投入本金15000港元~20000港元(人民幣:12000元~16000元)就足够參與打新了。投資者亦可根據自身投資需求酌情入金。

第三步:新股認購
打開富途牛牛APP-->交易-->新股認購-->選擇想認購的新股,即可參與打新。
打新收費標準:
1、普通認購(現金認購和富途孖展認購):免手續費;
2、銀行孖展認購:100港元/筆(無論是否中簽,發起認購任務即收取。由券商代銀行收取)
3、交易征費、交易費、經紀佣金共計:1.0077%(中簽才會收取)。

第四步:查看中簽及賣出
港股打新後一般1週後公佈是否中簽,披露易網站當天9點即可查詢是否中簽,富途證券一般下午5點左右在APP通知是否中簽。在賣出時點上,一般暗盤和首日收益相對較高,投資者可以選擇在這兩個階段擇機買賣,當然投資者也可以探索更佳策略。

前有騰訊,後有阿里,港股市場勢必將掀起新一輪熱潮。預計阿里將在不久後拉開對外招股的帷幕,打新的機會就擺在眼前啦!聰明的小夥伴可以提前做好開戶入金準備,待阿里招股之日,正是打新之時。

點擊了解「阿里巴巴二次上市 新股認購選富途」優惠活動: https://growth.futunn.com/hk-ali-ipo?channel=612&subchannel=1

風險提示:上文所示之作者或者嘉賓的觀點,都有其特定立場,投資决策需建立在獨立思考之上。我們將竭力但却不能保證以上內容之準確和可靠,亦不會承擔因任何不準確或遺漏而引起的任何損失或損害。





Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55658/

ソニー、「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展

TOKYO, Nov 13, 2019 - (JCN Newswire) - ソニーは、11月13日(水)から幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展します。「ともに創る。ともに進む。」をテーマに、昨年から実用放送の始まった4Kや8K映像をはじめとした高付加価値の映像を効率的に制作するソリューションを幅広く提案します。

ブースでは、IPを活用した効率的な映像制作ソリューションやライブ制作から映画・CM・ドキュメンタリーなどの番組制作に至るまで各分野で活用されるカメラ商品群の最新の取り組みを紹介します。また、これまで培ってきた映像制作分野での知見とAI技術を生かした新しいソリューションも展示します。ブースには、大画面9.7m×5.4mのCrystal LEDディスプレイシステム(8K×4K構成)を設置し、リアリティーあふれる8Kコンテンツなどを上映します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-115/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

中華燃氣控股有限公司宣布截至二零一九年九月三十日止九個月業績

HONG KONG, Nov 13, 2019 - (亞太商訊) - 中華燃氣控股有限公司(「本公司」;股份代號:8246)及其附屬公司(統稱「本集團」)今日欣然宣布截至二零一九年九月三十日止九個月(「本期間」)的業績。於本期間,來自持續經營業務的總收益由港幣186,500,000元按年穩定上升38.2%至港幣251,400,000 元。於二零一八年及二零一九年兩個期間,來自新能源業務的貢獻均佔超過總收益的99.8%。本公司擁有人應佔溢利較相應期間略跌0.7%至港幣37,900,000元。於本期間,每股基本及攤薄盈利分別為1.08港仙(2018: 1.11港仙)及1.06港仙 (2018:1.10港仙)。

於本期間,收益主要來自液化天然氣(「LNG」)供應及建築相關及諮詢服務分別佔本集團總收益約67.6%及32.2%。

踏入二零一九年最後一季,本集團正執行戰略性計劃使自二零一八年末以來的LNG供應業務持續增長,擴大LNG供應業務的範圍及規模。本集團希望透過在LNG供應方面投放額外的努力,把握進一步的業務擴展,除於天津進行擴展以外,更致力於進軍中國其他地區。並積極尋找國內外LNG供應商以實現多元化的產品組合;成立新的合資公司以加強供暖期間的LNG供應,以及透過併購提升產能,以滿足未來業務發展需要。

本集團於二零一九年十月與上海久聯集團(「久聯集團」)簽訂合作備忘錄,以合作開發LNG領域。雙方合作成立一間股權比例為60:40的合資公司,以共同開拓長三角區域的終端用戶市場,務求盡量發揮久聯集團的LNG資源與本集團的終端用戶資源之優勢。此項合作使本集團得以擴大其LNG業務,獲得LNG資源供應,以及將其業務擴展至長三角區域的高潛力市場。久聯集團為申能(集團)有限公司(「申能集團」)的全資附屬公司, 而申能集團為中國的五百強企業及上海市國有資產監督管理委員會(「上海國資委」) 的成員公司。申能集團為上海主要能源基礎設施的投資者及承包商,以及主要能源(包括電力及氣能源產品)的供應商。於二零一八年,其天然氣經營規模達90億立方米,佔上海市場份額90%以上。

本集團擬物色開發現時集團的主要收益來源之一的建築相關及諮詢業務的機會。本集團將繼續尋找時機以擴大市場的覆蓋範圍及改善業務狀況,並繼而成為大中華地區領先的綜合新能源服務供應商。

中華燃氣控股有限公司
中華燃氣控股有限公司主要提供多元化綜合新能源服務,其中包括煤改氣供熱的技術開發,建築相關及諮詢服務,供應液化天然氣以及買賣新能源相關工業產品,另外集團亦從事物業投資業務。

傳媒垂詢:
楊瑩瑩
溢星傳播有限公司
電話:+852 2581 0168
電郵:news@joviancomm.com


Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55651/

中匯集團(0382.HK)與商湯科技攜手推動人工智能職業教育培育未來人才

HONG KONG, Nov 13, 2019 - (亞太商訊) - 粵港澳大灣區(「大灣區」)最大的民辦商科高等教育集團中匯集團控股有限公司(「中匯集團」,股份代號:0382.HK)公佈與全球領先的人工智能(AI)平台公司商湯科技於深圳生態科技園簽署全面戰略合作協議,雙方將以旗下教育機構為支點,展開全方位戰略合作,合作內容包括開展人工智能課程、建設人工智能實驗室及智慧校園等,藉彼此優勢共建人工智能職業教育新前景。


中滙集團控股有限公司執行董事兼首席執行官廖伊曼女士(左)與商湯科技香港公司總經理兼教育事業部總經理尚海龍先生(右)簽署全面戰略合作協議


透過是次全面合作,中滙集團將聯同商湯科技與各間國內外合作院校推動人工智能教育及智慧校園應用合作。雙方將以廣東財經大學華商學院(「華商學院」)為重要創新試點,共同開發人工智能通識課程與專業課程,前者供非人工智能專業學生修讀,後者供數據學院學生修讀。同時,雙方亦將共建人工智能應用創新實驗室,該建設將分為三期,第一期主要發展數據科學學院教學應用,第二期重點開拓和探索人工智能研究領域,第三期則主力建設創新創業項目孵化平台,全力開拓人工智能職業教育領域,推動高質素教育發展,以培育全方位人才。

中滙集團控股有限公司執行董事兼董事會主席廖榕就表示:「發展人工智能是中國發展戰略,加強該行業人才培養是教育發展戰略,中滙集團緊跟國家政策導向,立足於為大灣區培養複合型國際化人才。現攜手商湯科技於旗下華商學院共建最前沿最先進的人工智能實驗室,探索研究和制定人工智能職業化人才培養方案,創新的教學模式和培養模式,助力該學科發展和推廣應用。」

中滙集團控股有限公司執行董事兼首席執行官廖伊曼表示:「我們一直致力在各程度教育提供高質素教育服務,積極培養具備國際視野,擁有專業知識的高級應用型人才。我們這次和商湯科技的戰略合作不僅代表中滙集團與時並進,在教育領域開拓創新思維及高端人工智能技術,對於大灣區的教育合作交流,培養高等教育相關人才,發展人工智能技術及有效發揮領先的教育資源等有深遠意義。隨著大灣區逐漸獲得廣泛關注,我們將充分發揮品牌優勢,持續融合先進科技滿足人才發展和教育需求,努力實踐『為粤港澳大灣區培養專業人才』的教育使命,為公司帶來可持續增長。」

商湯科技香港公司總經理兼教育事業部總經理尚海龍表示:「商湯秉承『堅持原創,讓AI引領人類進步』的使命,於科技不斷創新的同時,致力推動人工智能技術教育的普及。自2018年4月28日全球首次發行人工智能教材後,已陸續在中國大陸、香港、澳門、台灣和 海外部分地區推出了SenseStudy人工智能教學實驗平台和人工智能系列教材,並開展教師培訓,同時完善人工智能教學實驗室,為培育人工智能人才不斷努力。很高興中滙集團能夠選擇商湯科技為其合作伙伴,並在多個教育場景中引入人工智能。希望此次與中滙的合作,能夠使更多學生瞭解及掌握人工智能,提高學生在各方面的能力和知識,從而提升他們未來的就業競爭力。」

關於中滙集團控股有限公司

中滙集團控股有限公司(「中滙集團」或「本集團」,股份代號:0382.HK)為粵港澳大灣區最大的民辦商科高等教育集團(按2017/2018學年商務專業總入學人數計),及教育行業中拓展國際市場的早期先行者,現運營位於廣州的華商學院、華商職業學院及位於澳大利亞的澳洲國際商學院。華商學院及華商職業學院,均以商務課程(如會計、金融、經濟學及商務英語)為課程設置戰略重點,以幫助學生在畢業時獲得就業前景,把握大灣區湧現的就業機會。澳洲國際商學院目前主要提供職業教育課程和其他非學歷短期課程,旨在為學生提供競爭優勢和全球視野。澳洲國際商學院是一所經ASQA許可的註冊培訓組織,是本集團未來國際擴張的可複製範例,現正在新加坡和倫敦等地尋求國際發展機會。

中滙集團一直堅持為學生提供具國際水平的競爭優勢和全球視野,於2018年11月,聘请中國社會科學院陳新滋院士為華商學院出任校長,帶領學校進一步邁向國際化。2019年11月,聘请了1987 年諾貝爾化學獎得主、被尊稱為「超分子化學之父」、法國斯特拉斯堡路易斯-巴斯德大學讓-馬里·莱恩(Jean-Marie Lehn) 教授為集團旗下華商學院的榮譽校長。未來,Jean-Marie Lehn教授將以榮譽校長身份協助華商學院打造大灣區具世界學術水平的健康醫學院,為華商學院學生提供國際化視野、全球領先的專科知識,並為未來中國醫學及醫藥行業作出重要貢獻。

關於商湯科技

作為全球領先的人工智能平台公司,商湯科技SenseTime為中國科技部指定的國家新一代人工智能「智能視覺」開放創新平台之一,同時也是「全球最具價值的AI創新企業」, 總融資額、估值等在行業均遙遙領先。

商湯科技以「堅持原創,讓AI引領人類進步」為使命。公司建立了全球頂級、自主研發的深度學習平台和超算中心,並且研發了一系列 AI 技術,包括:人臉識別、圖像識別、文本識別、醫療影像識別、視頻分析、無人駕駛和遙感等。因此,商湯成為中國最大的 AI演算法提供商。商湯科技的市場佔有率居多個垂直領域首位,涵蓋智慧城市、智能手機、互動娛樂及廣告、汽車、金融、零售、教育、地產等多個行業。目前,商湯科技已與國內外700多家世界知名的公司和機構建立合作,包括美國麻省理工學院、高通、英偉達、本田、阿里巴巴、蘇寧、中國移動、銀聯、萬達、華為、小米、OPPO、vivo、微博等。

商湯科技現已在香港、北京、深圳、上海、成都、杭州、京都、東京和新加坡成立分部。更多資訊,請訪問商湯科技網站、微信和微博。



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/55647/