Gynesys Best Home Security Urges Businesses to Work with African-American Owned Commercial Security Firms in the Aftermath of CPI Security CEO's Remarks; Prepared to Work with Carolina Panthers, Charlotte Hornets to Replace CPI as Major Sponsor

CHARLOTTE, N.C., Jul 2, 2020 - (ACN Newswire) - Gynesys Best Home Security, a Charlotte-based provider of residential and commercial security products, is urging businesses and individuals upset by remarks by CPI Security CEO Kenneth Gill about the Black Lives Matter movement and for those who don't want to support CPI, to do business with Gynesys Best Home Securiy as an alternative to let your voice be heard loud and clear.

"The comments made by Mr. Gill were perceived by many to be extremely racist and emblematic of the broader issue of lack of diversity and inclusion in the security industry. I know that we as Americans can make a difference both in large ways and in small ways. Supporting black owned businesses, while it may be perceived as a small decision, has a big impact on our community," said Solomon Ali, CEO of Revolutionary Concepts Inc., parent company of Gynesys Best Home Security and owner of multiple patents on smart home technology.

Gynesys is gearing up for a major marketing and advertising campaign to encourage prospective customers to make the switch. As part of that campaign, company executives including Mr. Ali plan to reach out to the Carolina Panthers and the Charlotte Hornets as they are planning to replace CPI Security as a major sponsor of the sports franchises.

Black Wealth Matters, an Atlanta-based group dedicated towards building an economically inclusive America encouraged consumers and companies of conscience to support black businesses as a means to remedy the horrifying instances of police violence and economic inequality.

"Individuals and companies who do business with Gynesys and other black owned businesses are helping to support a positive movement to build wealth in the African American community, create black jobs, and build a fairer America that is better for ALL of us regardless of color. I encourage businesses and sports franchises including the Charlotte Hornets and the Carolina Panthers to partner with Gynesys to provide top-notch security equipment and to highlight what we can achieve when we support diverse businesses," said Arletta Saafir, Executive Director of Black Wealth Matters.

Gynesys's parent company Revolutionary Concepts Inc., holds the Intellectual Property to its smart home technology. This patented technology is used in today's smart homes utilizing two-way audio/video communication with security alarm and mobile video communication technology. Eyetalk 365, (the exclusive licensee), has licensed its technology to many companies such as Axis, CPI, Sky Bell, and RING (owned by Amazon), and many others. Unfortunately, there are other companies using this patented technology without a licensing agreement therefore engaging in patent infringement. While many licensors of Intellectual Property suffer from patent infringement, the fact that Revolutionary Concepts is a black-owned enterprise has been a major factor in why many large businesses fail to pay what they owe.

Gynesys Best is currently offering a promotion allowing residential and commercial customers to get free security systems along with delivery and installation with our completive monthly prices. Additional discounts are offered for veterans, first-responders, and church groups. For more information, please visit https://www.gynesyshomeautomation.com/

Contact:
Bethiel Tesfasillasie, Chief Operating Officer
Gynesys Best Home Security
877-558-3431
support@gynesysbesthomesecurity.com
https://www.gynesyshomeautomation.com/

This press release was issued through EmailWire.Com - the global newswire with press release distribution services. For more information, go to http://www.emailwire.com.

Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59992/

Singapore's Leading B2B Tech Event Stack Rescheduled to 2021

SINGAPORE, Jul 2, 2020 - (JCN Newswire) - To ensure a safe exhibition experience for all visitors, speakers, exhibitors, partners, and staff amid the latest developments of the coronavirus (COVID-19) situation, the organiser of Cloud Expo Asia and its collocating events - CloserStill Media Asia, today announced the rescheduling of its Singapore tech events to 20th - 21st October 2021.

Originally planned to be held this October at Marina Bay Sands, the event stack was expected to see over 21,000 professionals in attendance, 400+ leading technology providers showcase their latest solutions, and 600+ expert speakers congregate to share the latest technological advancements and ideas.

The organiser's final decision of postponement was made after extensive consultation with government authorities and stakeholders, with the primary objective to safeguard the health and wellbeing of exhibitors and attendees.

With regards to the postponement, Managing Director, Andy Kiwanuka said, "Our stakeholders have come to expect an excellent experience at the business event each year, and we are committed to delivering on that expectation while ensuring everyone's safety. Thus, rescheduling the events is the only responsible course of action at this point. We appreciate everyone's support and understanding throughout this challenging time, and remain excited to bring to you Cloud Expo Asia and the co-located events in 2021."

Separately, as part of CloserStill Media's continued community engagement in Singapore, the organiser will host various "Thought Leadership Series" events incorporating virtual executive fireside chats, high-level digital round tables, targeted content-led marketing, as well as sector-specific mini tech events (physical and virtual) in early 2021.

CloserStill Media's next Technology event in Asia will be the return of Cloud Expo Asia, Hong Kong on the 23rd - 24th September 2020. Celebrating its 5th anniversary as the leading Tech industry event in the region, this edition will be the first hybrid version of the event (physical and virtual).

The organiser will closely monitor the coronavirus situation in collaboration with the government, health authorities and venues, to ensure a high level of hygiene and safety at the world-class events in September 2020 and October 2021. The team will be in touch with all confirmed exhibitors, speakers and partners to discuss their participation at the rescheduled events.

For urgent assistance, please email ceamarketing@closerstillmedia.com.

For more information on Cloud Expo Asia, Singapore and the co-located events, visit www.cloudexpoasia.com

Updates about the events will be shared on the following social media pages:

LinkedIn: www.linkedin.com/company/cloudexpoasia/
Facebook: www.facebook.com/CloudExpoAsia
Instagram: www.instagram.com/singaporetechshows/

For media enquiries, kindly contact Nic-cole Chia at n.chia@closerstillmedia.com.

About CloserStill Media

CloserStill Media specializes in international professional events chiefly in the technology markets, across five global territories. Its portfolio includes some of the UK's fastest-growing and award-winning events including Cloud Expo Europe and Data Centre World. Having delivered unparalleled quality and relevant audiences for all its exhibitions, CloserStill Media has been repeatedly recognized as a leading innovator with its teams and international events winning multiple awards in Europe and Asia including Best Marketing Manager - four times in succession - Best Trade Exhibition, Best Launch Exhibition, and Rising Star - two years in succession - among others.

For more information, visit www.closerstillmedia.com.



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ベルシステム24とソニーCSL、独自開発の人工知能(AI)技術によるコンタクトセンター運用に特化したサービスの提供を開始

TOKYO, Jul 2, 2020 - (JCN Newswire) - 株式会社ベルシステム24ホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員CEO:野田 俊介、以下:ベルシステム24)と株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野 宏明、以下:ソニーCSL)は、独自開発の人工知能(AI)技術により業務効率改善に寄与するコンタクトセンター運用に特化したサービスの提供を開始しました。

このサービスは、コンタクトセンター業務での利用に特化した高精度なAI検索エンジン「Mopas(TM)(モーパス)」と、AIナレッジメンテナンス機能「Knowledge Creator(TM)(ナレッジクリエーター:特許出願中)」で構成され、顧客からのメールでの問い合わせ対応業務の効率化と削減につなげるものです。

「Mopas(TM)」はクライアント企業が保有するコンタクトセンターのFAQデータのみをベースに、数十万種類のアルゴリズム・パラメーターから正答率の高い組み合わせを採用した最適なAIモデルを数時間で自動生成します。一般的にコンタクトセンター向け自動対応システムには、業種ごとに特定のAIアルゴリズムを使い、顧客との電話やメールやチャット等様々なデータを必要としてきましたが、「Mopas(TM)」は投入データ量を限定しながらも、膨大かつ多様性あるアルゴリズムにより最適解を導き出すことを可能としています。さらに、本年4月にベルシステム24内に設立した「イノベーション&コミュニケーションサイエンス研究所」にて継続的にAIの研究成果を評価・検証しており、常に最新のアルゴリズムにアップデートされたAI検索エンジンの利用が可能となります。

「Knowledge Creator(TM)」は、直感的なユーザーインターフェースに統合されたクラスタリング(類似度に基づいてデータをグループ分けする手法)や検索キーワードのサジェスト・類似問い合わせの提示などにより、従来表計算ソフトを用いた属人的な作業であった教師データ追加作業やFAQ等のナレッジ管理・更新作業を大幅に効率化できるものです。この「Knowledge Creator(TM)」と「Mopas(TM)」が連携することで検索精度とナレッジのカバレッジが日々向上していきます。

この二つの新開発AIソリューションにより、各クライアント企業の業種・業態に特化した、常にアップデートされた最適なカスタマーサービスを実現するAIの活用が可能になるとともに、導入並びに運用コストの抑制を実現できるようになります。なお、本サービスにおいて、ベルシステム24は、主に顧客向け製品開発、営業活動を担い、ソニーCSLは、AIのアルゴリズム開発などの機能・性能向上のための研究開発を推進します。

■試験運用における本ソリューションの導入効果

当サービスは、過去1年間以上の試験運用を実施しており、メーカーや通信事業者などの各クライアント企業のカスタマーサポート分野において、その有効性を確認しながら、検証とシステム改善を積み重ねてきました。数社での試験運用におけるクライアント企業での導入実績として、メールの問い合わせ件数69.7%の削減や、FAQカバレッジの40%以上の向上などの成果をあげています。

■開発背景

昨今、コンタクトセンターに寄せられる生活者からの問い合わせは、電話だけでなく、Eメール・チャットなど複数のコミュニケーション手段が使用されており、企業において、それぞれへの対応整備は難易度を増しています。

これまでも様々なAI検索エンジンがコンタクトセンターにおいて運用されてきましたが、通常は特定のアルゴリズムが搭載されているため、業種・業態により相性が異なり、パフォーマンスに大きなばらつきが見られていました。また、一度AI検索エンジンとして構築されると、世界中で日々進化を続ける最先端のアルゴリズムへの対応が出来ない点や、データのメンテナンスやナレッジのアップデートに多くの人的コストが発生する点も課題でした。

これらの課題を解決し、実務に沿ったカスタマーサービスの運用業務に最適なAIを開発すべく、ベルシステム24のコンタクトセンターの現場における業務フローの知見と、ソニーCSLのAI研究の知見を組み合わせ、共同で独自のAIソリューションを開発するに至りました。この取り組みを皮切りに、両社の強みやノウハウを活用して、コンタクトセンター運用における業務効率向上やコミュニケーターの負担軽減、顧客の利便性向上を目指します。

■松田 裕弘
株式会社ベルシステム24ホールディングス 執行役員CIO、
同イノベーション&コミュニケーションサイエンス研究所 所長のコメント
「コンタクトセンターAIを広く普及し、多くの方にそのメリットを享受頂くためにはナレッジ管理の高度化、標準化は重要なテーマです。今回、「Mopas(TM)」の高いアルゴリズム精度に加えて、ナレッジのカバレッジを高める「Knowledge Creator(TM)」の提供によって、その第一歩を踏み出すことができました。今後も、我々「イノベーション&コミュニケーションサイエンス研究所」では、"ベルシステム24の現場力"と"ソニーCSLの技術力"という課題発見・実験・検証・製品化に最適な組み合わせによって、第二、第三の解決策を研究開発として進め、その成果を製品という形で提供し続けてまいります。」

■ミカエル・ シュプランガー
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー、株式会社ソニーAI COO
イノベーション&コミュニケーションサイエンス研究所 共同研究所長のコメント
「ユーザーと企業の直接的な接点となるコンタクトセンターは、顧客満足度とリテンション向上を左右する最前線にあります。企業がこれまで以上に積極的にユーザーを支援し、洞察を得て長期的な関係を構築できるようにするために、AIが果たす役割はますます大きくなると考えます。一方でAIは技術として進化の過程にあり、新しい成果が日々発表されています。このような状況下でAIを有効に活用するためには、データを中心に据えた好循環のイノベーションサイクルを生み出すことが必要であり、それと共に、データを多く持っていない企業でもAIを活用できることが重要です。これらを実現すべく、最先端のAIアルゴリズムを使用した業界最高クラスのパフォーマンスを提供する「Mopas(TM)」と、必要なデータの作成・維持・更新のための具体的な道筋を提供する「Knowledge Creator(TM)」を開発しました。今後も、これらのシステムの有用性を高める機能を追加していきます。」

株式会社ベルシステム24ホールディングスについて

1982年に国内初の本格的コールセンターサービスを開始し、現在では日本全国に国内No.1となる36拠点を設置し、約17,000席のブースを有しています。2014年に伊藤忠商事、2017年に凸版印刷と資本・業務提携を締結し、新たな事業機会とサービスの創造を図っています。クライアント企業にとっての「ベストCXパートナー」であり続けることを目指し、高いサービス品質を提供する高度人材育成並びに最先端のAI・RPAなど新技術によりコミュニケーター支援を行う次世代コンタクトセンター構築を進めています。その一環として、本年、ソニーコンピュータサイエンス研究所から共同研究所長を迎え、社内R&D組織である「イノベーション&コミュニケーションサイエンス研究所(ICS Lab.)」を設立しました。
URL:https://www.bell24hd.co.jp/

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所について

1988年に設立されたソニーの研究所。新たな研究領域や研究パラダイム、新技術や新事業を創出し、人類・社会に貢献することを目的としています。現在は、 農業、都市計画、エネルギー、また医療などの社会課題を扱うグローバル・アジェンダ、人間の能力拡張(Human Augmentation/Creativity)、そしてAI、データサイエンスを主な研究テーマとしています。東京に加えて京都、パリに支所があります。
URL:https://www.sonycsl.co.jp/

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sonycsl.co.jp/press/prs20200702/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Singapore's Leading B2B Tech Event Stack Rescheduled to 2021

SINGAPORE, Jul 2, 2020 - (ACN Newswire) - To ensure a safe exhibition experience for all visitors, speakers, exhibitors, partners, and staff amid the latest developments of the coronavirus (COVID-19) situation, the organizer of Cloud Expo Asia and its collocating events - CloserStill Media Asia, today announced the rescheduling of its Singapore tech events to 20th - 21st October 2021.

Originally planned to be held this October at Marina Bay Sands, the event stack was expected to see over 21,000 professionals in attendance, 400+ leading technology providers showcase their latest solutions, and 600+ expert speakers congregate to share the latest technological advancements and ideas.

The organiser's final decision of postponement was made after extensive consultation with government authorities and stakeholders, with the primary objective to safeguard the health and wellbeing of exhibitors and attendees.

With regards to the postponement, Managing Director, Andy Kiwanuka said, "Our stakeholders have come to expect an excellent experience at the business event each year, and we are committed to delivering on that expectation while ensuring everyone's safety. Thus, rescheduling the events is the only responsible course of action at this point. We appreciate everyone's support and understanding throughout this challenging time, and remain excited to bring to you Cloud Expo Asia and the co-located events in 2021."

Separately, as part of CloserStill Media's continued community engagement in Singapore, the organiser will host various "Thought Leadership Series" events incorporating virtual executive fireside chats, high-level digital round tables, targeted content-led marketing, as well as sector-specific mini tech events (physical and virtual) in early 2021.

CloserStill Media's next Technology event in Asia will be the return of Cloud Expo Asia, Hong Kong on the 23rd - 24th September 2020. Celebrating its 5th anniversary as the leading Tech industry event in the region, this edition will be the first hybrid version of the event (physical and virtual).

The organiser will closely monitor the coronavirus situation in collaboration with the government, health authorities and venues, to ensure a high level of hygiene and safety at the world-class events in September 2020 and October 2021. The team will be in touch with all confirmed exhibitors, speakers and partners to discuss their participation at the rescheduled events.

For urgent assistance, please email ceamarketing@closerstillmedia.com.

For more information on Cloud Expo Asia, Singapore and the co-located events, visit www.cloudexpoasia.com

Updates about the events will be shared on the following social media pages:

LinkedIn: www.linkedin.com/company/cloudexpoasia/
Facebook: www.facebook.com/CloudExpoAsia
Instagram: www.instagram.com/singaporetechshows/

For media enquiries, kindly contact Nic-cole Chia at n.chia@closerstillmedia.com.

About CloserStill Media

CloserStill Media specializes in international professional events chiefly in the technology markets, across five global territories. Its portfolio includes some of the UK's fastest-growing and award-winning events including Cloud Expo Europe and Data Centre World. Having delivered unparalleled quality and relevant audiences for all its exhibitions, CloserStill Media has been repeatedly recognized as a leading innovator with its teams and international events winning multiple awards in Europe and Asia including Best Marketing Manager - four times in succession - Best Trade Exhibition, Best Launch Exhibition, and Rising Star - two years in succession - among others.

For more information, visit www.closerstillmedia.com.

Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59997/

TOYOTA、ポルテならびにスペイドに安全・安心装備を充実させた特別仕様車を設定

Toyota City, Japan, Jul 2, 2020 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、ポルテならびにスペイドに、特別仕様車 F“Safety Edition”、G“Safety Edition”を設定し、全国のトヨタ車両販売店を通じて、7月2日に発売しました。

今回の特別仕様車は、ポルテならびにスペイドの「F」、「G」をベースに、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を特別装備。さらに、後退時に後方の視界をナビゲーション画面に表示するバックカメラを含むナビレディパッケージ*1、太陽光に近い色と大光量で夜間の運転をアシストするディスチャージヘッドランプ*2などを含むHIDパッケージ*3を特別装備し、安全・安心装備を充実させています。

ポルテには、外板色にホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全4色、内装色に明るいフロマージュを設定。スペイドには、外板色にボルドーマイカメタリックを含む全4色、内装色にシックなプラムを設定しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33008957.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

NEC、生体認証・映像分析技術とサーマルカメラを組み合わせた感染症対策ソリューションを販売開始

TOKYO, Jul 2, 2020 - (JCN Newswire) - NECは、生体認証・映像分析技術とサーマルカメラを組み合わせた、新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症対策ソリューションの販売を開始します。

新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大し、人々の暮らしや経済活動に大きな影響を与えています。また、社会の在り方がNew Normalへと変革していく中、経済活動を継続する上で人が集まる場所での効果的な対策が求められています。

NECは、生体認証「Bio-IDiom」(注1)の中核技術であり世界No.1の認証精度(注2)を有する顔認証技術、施設の混雑度を見える化する映像分析技術、体表温度を非接触で測定するサーマルカメラを組み合わせて、人が密集する場所での水際対策と感染リスク低減に貢献するソリューションを提供します。

NECは、以下の機能をお客様のニーズや環境に合わせ、柔軟に組み合わせてソリューションとして提供します。

1. 水際対策に適した非接触の体表温度測定、顔認証入場管理

顔検出技術とサーマルカメラを組み合わせることで、来訪者の体表温度の測定を非接触かつスムーズに実現します(特許取得済、注3)。また顔認証技術も活用することで、施設への入場時に設定値以上の体表温度が確認された場合は、対象者の顔情報と併せて管理者に通知し検温を促すこともできます。学校や企業においては、日々の情報を蓄積することで健康管理や労務管理などにも役立てることができます。なおサーマルカメラについては、日本アビオニクス社(注4)の協力により、高精度な体表温度の測定を可能としています。また、本ソリューションは、人権・プライバシー保護の観点から、導入するお客様が顔認証技術の利用について本人の同意を得ることを前提としています。

2. 施設内での感染リスク低減を支援する、人数カウント、混雑度モニタリング、マスク未着用者検知機能

映像分析技術を活用した施設内の人数カウントと混雑度モニタリングにより、入場者数の管理、サイネージへの混雑度表示、管理者への通知などを行うことができます。これにより、来場者へのソーシャルディスタンスの喚起や誘導を行うことも可能となるため、密集の抑止を実現します。また、映像からマスク着用の有無をリアルタイムに検知することで、未着用者にサイネージを通じて気づきを与えたり、管理者に通知して直接声がけを行ったりすることで、感染リスクの低減を支援します。

NECは本年8月末より、体表温度測定を基本機能として備えたベーシックなモデルを提供するとともに、混雑度モニタリングやマスク未着用者検知などの機能を拡充したモデルも順次発売予定です。これらにより、職場・教育機関・公共施設・商業施設・イベント会場・テーマパークといった人が密集する場所で、クラスター発生防止など感染症対策に貢献することを目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202007/20200702_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

MOG Recorded a YOY Earnings Growth for the year ended 31 March 2020 by leveraging its extensive retail network and strong brand recognition to capture new market opportunities

HONG KONG, Jul 2, 2020 - (ACN Newswire) - MOG Holdings Limited (Stock code: 1942.HK), one of the largest retailers of optical products in Malaysia in term of revenue, is pleased to announce its annual results for the year ended 31 March 2020 (the "Reporting Period").

Highlights of Earning Results for the Year Ended 31 March 2020
- Revenue recorded steady year-on-year (YOY) growth of approximately 10.1% to RM147.1 million
- Gross profit increased by 15.8% YOY to approximately RM97.3 million while gross profit margin grew YOY by 3.3 percentage points to approximately 66.1%
- Excluding listing expenses of approximately RM9.8 million during the Reporting Period, the adjusted profit for the Reporting Period reached approximately RM23.6 million, up 3.5% YOY
- MOG's retail network further expanded in Malaysia: the number of self-owned retail stores increased to 83 as at 31 March 2020, for a net increase of 8 self-owned retail stores as the retail store network in Malaysia further expanded
- Gearing ratio decreased from approximately 0.37 times as at 31 March 2019 to approximately 0.30 times as at 31 March 2020

During the Reporting Period, the outbreak of COVID-19 impacted the Malaysian economy as the Malaysian Government implemented its Movement Control Order ("MCO") which was initially in effect from 18 March 2020 until 31 March 2020. However, MOG was able to leverage its extensive retail network and successful multi-brand strategy to achieve a steady YOY growth of revenue, gross profit and adjusted profit (excluding the impact of listing expenses) for the Year during the Reporting Period. The Group's increase in revenue was mainly driven by MOG's retailing business which experienced YOY growth of approximately 10.0%, which was primarily due to the increase in the sales volume of the Group's optical products resulting from the continuous expansion of the Group's retail network. During the Reporting Period, MOG had a retail network added 8 self-owned retail stores, bringing the total self-owned retail stores to 83. As at 31 March 2020, MOG's retail network, which comprised 83 self-owned, 10 franchised and two licensed retail stores, were located across Central, Southern, Northern and Eastern Peninsula Malaysia.

Given that the outbreak of COVID-19 pandemic continued in April, the MCO was further extended to 3 May 2020. Subsequently, the Malaysian Government implemented a conditional MCO on 4 May 2020 through 9 June 2020 allowing certain business sectors, including the optical retail industry, to resume operations. On 18 March 2020, MOG temporarily closed all its self-owned retail stores as part of the management efforts to ensure the health and safety of its employees and customers. From 5 May 2020, MOG gradually resumed its business operation, and all self-owned retail stores resumed business by 13 May 2020. The Malaysian Government has implemented a recovery MCO from 10 June 2020 to 31 August 2020, which has fewer restrictions on daily activities and allows interstate travel. In light of the above, MOG is reviewing its monthly expenses and will adopt measures to reduce its operating costs as well as negotiate with landlords for rental rebate/reduction during these periods.

As at 31 March 2020, the Group had bank balances and cash of approximately RM34.1 million and fixed deposit with a licensed bank of approximately RM4.0 million. In addition, the Group raised approximately HKD91.1 million from its global offering pursuant to the Listing on the Main Board of the HKEx. As such, MOG believes that the Group has adequate working capital to meet its present and foreseeable expenses for the next 12 months.

Leading player to capture new opportunities in Malaysian eyewear retail market
According to the Central Bank of Malaysia, Malaysia's economic growth, as measured by Gross Domestic Product (GDP), is projected to be between -2% to +0.5% in 2020 as a result of the highly challenging global economic outlook due to the COVID-19 pandemic. In addition to the pandemic, the domestic economy is also being affected by a sharp decline and volatility in crude oil prices and continued supply disruption in the commodities sector. However, MOG believes a gradual rebound of pedestrian footfall can be seen for its retail network if the MCO and border restrictions are loosened. In addition, MOG remains positive given its sufficient working capital, extensive retail network, established reputation, diversified portfolio of optical products, as well as the growing demand for optical products

Looking forward, MOG believes that increasing awareness of eyecare will continue to drive the development of the eyewear retail market in Malaysia. With the number of people impacted by visual impairment expected to continue to expand, specifically myopia in children and teenagers due to long-term use of technological devices, such as smartphones, tablets and computers, the demand for optical products, particularly prescription glasses and contact lenses is also expected to increase. Furthermore, while the economy faces many challenges, MOG with its strong competitive advantages, solid financial position and extensive retail network, combined with its established brand, will capture new opportunities arising from Malaysia's economy recovery as the Group continues strengthening its leading industry position in Malaysian eyewear retail market.

MOG Holdings Limited
MOG Holdings Limited is one of the largest retailers of optical products in Malaysia in terms of revenue. The Group offers a wide range of optical products which generally include lenses, frames, contact lenses and sunglasses from International Brands (being the brands of optical products generally from or which generally carry the trademarks of (i) international luxury fashion and optical brands; and (ii) international high-street fashion and optical brands), the Group's Own Brands (being the brands of optical products which carry the Group's trademarks and are manufactured by third party manufacturers) and Manufacturers' Brand (being the brands of optical products which are designed and manufactured by third party manufacturers).

As at 31 March 2020, the Group's retail network, which comprised 83 self-owned, 10 franchised and 2 licensed retail stores located across Central, Southern, Northern and Eastern Peninsula Malaysia.



Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59989/

Hua Medicine Announces Positive 24-Week Topline Results of Phase III Metformin Combination Trial of Dorzagliatin

SHANGHAI, CHINA, Jul 1, 2020 - (ACN Newswire) - Hua Medicine today announced the positive 24-week top-line results from HMM0302, a Phase III registration trial in China of its global first-in-class glucokinase activator dorzagliatin add-on to metformin, a first line oral antidiabetic therapy in Type 2 diabetes. All subjects are treated with metformin (Glucophage) at 1500mg/day as basic therapy throughout the entire 52-week treatment period. These patients are also given either twice-daily doses of dorzagliatin (75mg) or placebo, randomized on a 1:1 ratio. The clinical study evaluates the efficacy and safety of dorzagliatin during 24 weeks of double-blinded treatment, followed by a subsequent 28-week open-label treatment period when all patients will receive dorzagliatin 75mg twice daily. The primary efficacy endpoint is evaluated at the conclusion of the first 24 weeks. The subsequent 28-week treatment period is ongoing.

- Met the primary efficacy and safety endpoints in the double-blinded placebo-controlled and randomized 24-week trial
- Dorzagliatin again demonstrated fast onset, potent and sustained HbA1c reduction of 1.02% from baseline at 24-week, and is superior over placebo treated group by 0.66% with a p-value less than 0.0001, in T2D patients whose blood glucose cannot be controlled with the maximum dose of metformin (1500mg/day).
- High response rate was observed in the treatment group with 44.4% of patients having achieved HbA1c level below 7% at 24-week
- Statistically significant improvements in HbA1c response rate, HOMA2-beta and HOMA2-IR, 2hPPG and FPG, were observed in the dorzagliatin-treated group over the placebo group
- Clinically significant hypoglycemia incidence rate is less than 1% in the 24-week treatment period
- In the 24-week treatment period, dorzagliatin demonstrated a well-tolerated and good safety profile. There was no drug-related SAE, nor severe hypoglycemia reported

In 766 Type 2 diabetes patients whose blood glucose cannot be controlled with the maximum tolerated dose of equal or greater than 1500 mg/day of metformin, dorzagliatin demonstrated fast onset, potent and sustained HbA1c reduction of 1.02% (least squares mean) from baseline at 24-week, as compared to a reduction of 0.36% (least squares mean) from baseline for the placebo group (p-value less than 0.0001, 95% CI between -0.79 to -0.53).

The American Diabetes Association (ADA) treatment target of HbA1c below 7.0%was achieved by 44.4% of subjects on dorzagliatin and metformin, compared to 10.7% of subjects who received metformin only. Patients treated with dorzagliatin demonstrated statistically significant improvement of HOMA2-beta, HOMA2-IR, 2hPPG and FPG over those in the placebo group.

In the 24-week period, dorzagliatin continued to exhibit a safe and well-tolerated clinical profile. There was less than 1% hypoglycemia with blood glucose < 3 mmol/L during the 24-week treatment period. There was no drug-related SAE, nor severe hypoglycemia reported.

"I am very pleased to see dorzagliatin provided very good glycemic control in the metformin-failed Type 2 diabetes patients in China," said Dr. Wenying Yang of the China-Japan Friendship Hospital and lead principal investigator of HMM0302 clinical study. "It offers a new solution to many patients whose blood glucose cannot be controlled with maximum tolerated dose of metformin, the first line therapy currently used for T2D treatment worldwide. I am very impressed by the determination and execution of Hua Medicine during the clinical trials, consistent with global standards, which leads to the high quality results in the 24-week period of HMM0302 trial."

"I am very excited to see the success in the HMM0302 clinical study. It will expand dorzagliatin into a very large patient population and help millions of T2D patients who failed in metformin treatment. It further supports our strategy to add dorzagliatin as a cornerstone therapy to current therapies including metformin, and DPP-IV inhibitors or SGLT-2 inhibitors, as well as GLP-1 and insulin. It will immediately expand our drug product pipeline based on the combination therapies," said Dr. Li Chen, CEO of Hua Medicine. "Through repairing the glucose sensor and improving the glucose sensitivity which addressed the underlying cause of T2D, dorzagliatin provides the synergy with existing antidiabetic medicines to better control diabetes. This is the first step to systematically address the heterogenic nature of T2D and provide a solution in personalized diabetes care."

Hua Medicine is planning to file an NDA in China after completing the second stage of the HMM0302 52-week study and developing one or more partnership to commercialize dorzagliatin in China and the rest of the world.

HMM0302 study design
HMM0302 Study is a randomized, double-blind, placebo-controlled Phase III study in 766 Type 2 diabetes patients inadequately glycemic controlled with metformin. Subjects are treated with metformin (Glucophage) at 1500mg/day as basic therapy throughout the whole 52-week treatment period. Patients are given twice-daily doses of dorzagliatin (75mg) or placebo, randomized on a 1:1 ratio. The clinical study evaluates the efficacy and safety of dorzagliatin during 24 weeks of double-blinded treatment, followed by a subsequent 28-week open-label treatment period receiving dorzagliatin 75mg twice daily. The primary efficacy endpoint is evaluated at the conclusion of the first 24 weeks. The trial is being conducted in 72 clinical sites across China led by Professor Wenying Yang at China-Japan Friendship Hospital. (NCT03141073).

About Dorzagliatin
Dorzagliatin is an investigational first-in-class, dual-acting glucokinase activator, designed to control the progressive degenerative nature of diabetes by restoring glucose homeostasis in patients with Type 2 diabetes. By addressing the defect of the glucose sensor function of glucokinase, dorzagliatin has the potential to restore the impaired glucose homeostasis state of patients with Type 2 diabetes and serve as a first-line standard-of-care therapy for the treatment of the disease, or as a cornerstone therapy when taken in combination with currently approved anti-diabetes drugs.

About Hua Medicine
Hua is a leading, clinical-stage innovative drug development company in China focused on developing novel therapies for the treatment of diabetes. Founded by an experienced group of entrepreneurs and international investment firms, Hua advanced a first-in-class oral drug for the treatment of Type 2 diabetes into NDA-enabling stage and is currently evaluating the therapy in adults with diabetes in two Phase III trials in China and various earlier stage clinical trials in China and the United States. Dorzagliatin has achieved its first primary endpoint in a Phase III monotherapy trial. The Company has initiated product life-cycle management studies of this novel diabetes therapy and advanced its use in personalized diabetes care. Hua Medicine is working closely with disease experts and regulatory agencies in China and across the world to advance diabetes care solutions for patients worldwide.

For more information
Hua Medicine
Website: www.huamedicine.com
Investors
Email: ir@huamedicine.com
Media
Email: pr@huamedicine.com


Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59982/

Black Wealth Matters Welcomes SEC Internal Investigation Into Racist Attack on Solomon Ali; Demands Transparency and Accountability

ATLANTA, GA, Jul 1, 2020 - (ACN Newswire) - Black Wealth Matters, a group of black entrepreneurs and artists dedicated to economic inclusion for African Americans today welcomed news that the SEC is conducting a full internal investigation into the racist attacks by the agency on entrepreneur and philanthropist Solomon Ali after the agency conducted an initial review of the facts of the case and after speaking with Black Wealth Matters members. The investigation will be led by Nicholas Padilla, Deputy Inspector General for Investigations and by Tracey MacNeill, the SEC's Ombudsman.

Arletta Saafir, a spokesperson for Black Wealth Matters, had the following statement:

"We appreciate our dialogue with Nick Padilla and Tracey MacNeill at the SEC and we are hopeful that their investigation will be impartial, fair, and transparent. Any objective observer who reviews the intimidation tactics used by the SEC, their misleading statements, and their very reason for targeting Solomon in the first place will see the SEC's complaint against him for what it is: a racist persecution. We are curious to learn to what degree racial bias at the SEC is systemic thus we urge the investigation to focus on broader trends of racial bias at the agency. Moreover, we want to know if the higher-ups such as Jay Clayton and the commissioners approved this racist attack. We urge Mr. Padilla and Ms. MacNeill to publish the full details of their investigation online so that the public, Members of Congress, and the media can see exactly how and why Solomon was targeted in such an abusive manner."

A video about the SEC's targeting Solomon Ali can be viewed at https://bit.ly/standwithsolomon

More information can be found at www.supportsolomon.org

PRESS CONTACT:
Arletta Saafir
T: +1 (470) 317-3877
E: standbysolomon@gmail.com
www.SupportSolomon.org

This press release was issued through EmailWire.com. For more information, go to http://www.emailwire.com

Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59971/

TOYOTA、プリウスならびにプリウスPHVの安全・安心機能を強化

Toyota City, Japan, Jul 1, 2020 - (JCN Newswire) - プリウスは、1997年、世界初の量産ハイブリッドカーとして誕生し、以来、圧倒的な燃費性能に、エモーショナルなデザイン、運転の楽しさに加え、安全装備をはじめとする様々な先進技術を常に採用し、進化を続けてきました。さらに、プリウスPHVでは、電気利用を拡大し、エコでパワフルな走りをさらに進化させています。

今回の一部改良では、より多くのお客様に安全・安心にお乗りいただけるよう、安全装備や給電機能を強化し、全国のトヨタ車両販売店を通じて、7月1日に発売しました。

具体的には、Toyota Safety Senseの機能向上や、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備、さらに、運転に不安をお持ちのドライバー向けにプラスサポート(急アクセル時加速抑制)をトヨタ初採用するなど、安全・安心機能を強化しました。

そして、災害時などに役立つ、外部給電機能*1を全車標準装備*2。さらに、プリウスPHVでは、ソーラー充電システムを全グレードにオプション設定しました。当システムは、太陽光で発電した電力を駆動用バッテリーに貯めて給電することが可能です。全グレードに設定することで給電機能を拡大しました。

トヨタ自動車(株)は、プリウスならびにプリウスPHVの一部改良で実施してきたような様々な取り組みを通じて、国連が定めるSDGs*(持続可能な開発目標)にも貢献したいと考えています。

また、今回の一部改良にあわせブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、バックカメラ搭載ナビレディセットなど、さらなる安全・安心機能を充実させたプリウス 特別仕様車 S“Safety PlusII”を設定し、同日発売しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33011923.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

トヨタ自動車、新たな「急アクセル時加速抑制」システムを発売

Toyota City, Japan, Jul 1, 2020 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、ペダル踏み間違い事故のさらなる抑止・被害軽減のため既存のシステムに加え、新たな「急アクセル時加速抑制」機能を開発し、新車向けとして「プラスサポート」を導入、また既販売車種向けの後付け装置に本機能を追加し「踏み間違い加速抑制システムII」として、それぞれ7月1日に発売しました。

トヨタはこれまで、新車には2012年からインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を導入。また既販売車種向けには、2018年から後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を販売しています。

これら既存のシステムは、センサーで検知できる壁やガラスなどの障害物がある場合の踏み間違い事故に対応しています。トヨタが確認したデータによると、インテリジェントクリアランスソナーはペダル踏み間違い事故全体の約7割に対応していますが、一方で障害物がない場合を含む残りの事故を新たな技術開発によって減らしていく必要がありました。

今回の機能開発にあたり、まず、実際の踏み間違い事故発生時に、アクセルペダルが全開で踏まれた状況を分析しました。そして、その踏まれ方の特徴を、コネクティッドカーから得られたビッグデータと照合。右折時や一時停止後など、ドライバーが実際に急加速を必要とする状況を除くことによりアクセルの踏み間違い操作を特定し、障害物がなくても加速を抑制することで踏み間違い事故の低減を図る設定としました。

なお、この「急アクセル時加速抑制」の機能を加えた「プラスサポート」・「踏み間違い加速抑制システムII」、それぞれの詳細は、以下の通りです。(ご参照: https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/33012004.html)

トヨタでは、既存のインテリジェントクリアランスソナーや後付け装置の機能に「急アクセル時加速抑制」機能を組み合わせることで駐車場等でのペダル踏み間違い事故を更に減らすことが可能と予測しており、踏み間違いによる事故を心配されるお客様に、より安全・安心にクルマをご使用いただきたいと考えています。

なお、トヨタは自社製品の開発・販売だけでなく、国内の自動車メーカーに幅広く、「急アクセル時加速抑制」機能の考え方などを共有しています。

日本においては、交通事故死者数は減少傾向にあるものの、依然として、毎年3千人を超える尊い命が失われています。トヨタは、「幸せの量産の第一歩は、まず安全から」との精神のもと、「クルマ」の安全性向上とともに、安全機能に関する理解を促進するサポトヨなど「人」に向けた啓発活動、また「交通環境」向上に向けた活動、三位一体の取り組みを通じて、モビリティ社会の究極の目標である「交通事故死傷者ゼロ」に向け取り組みを進めていきます。同時に、国連が定めるSDGs*(持続可能な開発目標)にも貢献したいと考えています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/33012004.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

東北大学とNEC、スーパーコンピュータを活用して航空機用複合材料開発を加速するマテリアルズインテグレーションシステムの研究開発を開始

TOKYO, Jul 1, 2020 - (JCN Newswire) - 東北大学 大学院工学研究科(注1)、同 大学院情報科学研究科(注2)、日本電気株式会社(注3、以下 NEC)は、内閣府が主導する戦略的イノベーション創造プログラム(注4)「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」のうち、研究開発課題名「多機能CFRPの開発による高付加価値化」において、スーパーコンピュータを活用し、航空機用の炭素繊維強化プラスチック(CFRP、注5)の開発を加速するマテリアルズインテグレーションシステムの研究開発を開始しました。本研究開発では、次世代航空機用複合材料の開発・製造コスト・期間を従来の50%以下に低減し、国際競争力強化への貢献を目指します。

航空機に用いられる構造材料分野において、日本は優れた特性を有する材料を数多く産み出してきた一方で、その開発に膨大なコスト・期間を費やしてきました。世界的にデジタル化が進み、市場までの投入期間の短縮が求められる現状において、この開発コスト・期間の低減が喫緊の課題となってきています。高性能な構造材料を短期間で効率良く開発するためには、実験や熟練者の経験に依存する従来手法から脱却し、完成品を見越した上で、材料科学や情報科学など様々な学術的知見を組み合わせた戦略的な研究・開発が求められています。

本研究開発では、これまで東北大学が中心となって開発してきた航空機用複合材料・構造のシミュレーション技術とスーパーコンピュータの高速化技術、および NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA (注6)」を用い、航空機用CFRPの材料開発をデジタル上にて行える統合型システムを世界に先駆けて開発します。

具体的には、スーパーコンピュータ上に分子スケールの材料特性から巡航時の機体に生じる力学応答までを解析するシミュレーションを実装することで、材料選択から機体設計に至るまでを高速かつマルチスケール(注7)に行うことができます。また、本システムを共通プラットフォームとして利用することで、機体メーカーからの要望に応じたテーラーメードな材料開発も期待されています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202007/20200701_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Myanmar Citizens Bank to issue MPU-JCB Co-Branded Debit Card in Myanmar

Yangon and Tokyo, Jul 1, 2020 - (ACN Newswire) - Myanmar Citizens Bank (MCB Bank), a listed company on the Yangon Stock Exchange in the Republic of the Union of Myanmar (Myanmar), and JCB International Co. Ltd. (JCBI), the international operations subsidiary of JCB Co., Ltd., announced that MCB Bank will start to issue MPU-JCB Co-Branded Debit Cards as of June 2020.




The MCB MPU-JCB Co-Branded Card combines the MPU brand and JCB brand with the MCB brand, a strong and trusted banking brand in Myanmar. Cardmembers can use MPU's nation-wide merchant network in Myanmar and JCB's international merchant network with over 34 million locations globally.

The new MCB International Debit Card offers 2 different card types, Platinum debit card and Classic debit card. All the cardmembers can enjoy JCB privileges such as discounts at over 150 merchants in Yangon and also at an extensive merchant network around the world. JCB also provides lounge services in the city centers of several famous travel destinations such as Tokyo, Kyoto, Singapore, Hong Kong, Bangkok, Seoul, Taipei and Paris.

In addition to the above, the Platinum cardmembers can enjoy exclusive JCB Platinum services such as JCB Platinum airport lounge service for free at 61 lounges worldwide.

Takeshi Fujii, Chief Representative of JCB International (Thailand) Co., Ltd. (Yangon Branch) commented, "Myanmar is one of the most important countries for our global business expansion with the number of JCB cards in Myanmar now reaching 2 million. We would like to contribute significantly to the vision of a cashless society in Myanmar through this new tie-up venture with MCB".

Mr Godfrey Swain, CEO of MCB Bank commented, "I am delighted to announce the launch of Myanmar Citizens Bank MPU JCB Co-branded Debit card to support the needs of our customers with convenience of cashless transactions domestically in Mynanmar and internationally. The card can be used for all face-to-face and ecommerce payments as well as for ATM transactions. Our customers will enjoy the extensive range of merchant discounts and benefits that come with the card, please visit Myanmar Citizen Bank website for more product information. The launch of this card is another step forward in realizing the transformational vision of MCB Bank, a project that commenced in 2019 and is designed to transform the Bank by the year 2023.

About MCB

Established in 1992, Myanmar Citizens Bank is one of the first private commercial banks in the country, the first bank to be listed on the Yangon Stock Exchange and enjoys one of the fastest growth rates in Myanmar within the banking sector. MCB, a Bank with a traditional focus on Commercial and SME segments, is now rapidly expanding its Corporate and Retail banking arms distributing innovative and competitive products and services through a network of nearly 50 branches covering 26 cities in Myanmar. In 2019 MCB signed a wide-ranging, long term consultancy and partnership agreement with the International Financial Corporation (IFC), an arm of the World Bank, embarking on a three-year transformation journey to modernize and build its banking operations, product and service offerings as a best in class model, meeting and exceeding international banking standards, efficiency levels and customer service. For more information, please visit: https://www.mcb.com.mm

About JCB

JCB is a global payment brand and a leading credit card issuer and acquirer in Japan. JCB launched its card business in Japan in 1961 and began expanding worldwide in 1981. Its acceptance network includes about 34 million merchants as well as cash advance locations around the world. JCB cards are now issued in 24 countries and territories, with more than 140 million cardmembers. As a comprehensive payment solution provider, JCB commits to providing responsive and high-quality service and products to all customers worldwide. For more information, please visit: www.global.jcb/en/

JCB (Head Office in Japan)
Contact: Kumiko Kida, Ayaka Nakajima
Email: jcb-pr@jcb.co.jp
Phone: +81 3 5778 8353

Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59954/

富士通、全社員の行動の原理原則となる「FUJITSU Way」を刷新

TOKYO, Jul 1, 2020 - (JCN Newswire) - 当社グループが果たすべき存在意義として新たに定めた「パーパス」を軸とした経営方針や事業戦略を実践していくため、全社員の原理原則である「FUJITSU Way」を12年ぶりに刷新しました。新しい「FUJITSU Way」は、「パーパス」とそれを実現するために意識すべき「大切にする価値観」、「行動規範」の3つの要素から構成されています。

当社グループは今後、刷新された「FUJITSU Way」を、社員一人ひとりの行動の新たなより所として企業活動を推進していくことで、「パーパス」の実現を目指していきます。

背景

当社グループは、全社員の行動の原理原則として「The FUJITSU Way」を2002年に制定しました。その後、社会や事業を取り巻く環境の変化に合わせ、2008年に改訂するとともに「FUJITSU Way」へと名称を変更し、社員へのさらなる浸透を図ってきました。

昨今、世界はより複雑に結びつき、急速に変化する不確実な時代を迎えており、地球規模の持続可能性に関する様々な脅威が顕在化してきています。そのような中、当社グループはテクノロジーを通じてお客様に価値を提供し、社会の変革に主体的に貢献していくため、「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」を当社グループの「パーパス」と定め、その実現に向け、12年ぶりに「FUJITSU Way」を刷新することとしました。

当社グループは、約13万人のグループ全社員が新たな「FUJITSU Way」に則って、あらゆるステークホルダーに配慮しながら自律的に働き、イノベーションによって社会課題の解決に主体的に貢献していくことで「パーパス」を実現することを目指していきます。

刷新した「FUJITSU Way」の概要

刷新した「FUJITSU Way」は、「パーパス」「大切にする価値観」「行動規範」の3つから構成されます。それぞれが表すものは以下のとおりです。さらに、「大切にする価値観」は「パーパス」を実現していくために当社が実行すべき「挑戦」「信頼」「共感」の3つの行動の循環を示しています。

-「パーパス」: 社会における当社の存在意義
-「大切にする価値観」:社員一人ひとりが持つべき価値観
-「行動規範」:社員として遵守すべきこと

当社グループは、新たな「FUJITSU Way」を社員一人ひとりの行動のより所として企業活動を推進し、「パーパス」の実現を目指していきます。

「FUJITSU Way」について

「FUJITSU Way」は、当社グループが今後一層の経営革新とグローバルな事業展開を推進していく上で不可欠なグループ全体の求心力の基となる「パーパス」、価値観および社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則を示したものです。すべての当社グループ社員が「FUJITSU Way」を等しく共有し、日々の活動において実践することで、グループとしてのベクトルを合わせ、さらなる企業価値の向上と国際社会・地域社会への貢献を目指していくことを目的として制定しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/07/1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

NEC、横浜銀行に「AI不正・リスク検知サービス」を提供

TOKYO, Jul 1, 2020 - (JCN Newswire) - NECは、株式会社横浜銀行(本社:神奈川県横浜市、代表取締役頭取:大矢恭好 以下、横浜銀行)向けにマネーロンダリングや特殊詐欺などの疑わしい取引のモニタリング業務の高度化を目的として、「AI不正・リスク検知サービス for Banking」(以下、本サービス)を提供します。本サービスは横浜銀行において、10月より稼働します。

近年、デジタル技術を用いた様々な金融サービスが創出されており、金融取引の高度化が進んでいます。一方、金融犯罪は複雑化・巧妙化してきており、金融機関は膨大な情報の中から金融犯罪や不正を効率的かつ精緻に検知・審査することが求められています。これまで横浜銀行では取引・属性・口座の各種条件にもとづく検知ルールにより、詳細調査が必要となる口座を抽出していました。本サービスでは、この一次調査をAIが実施し、取引のリスク度合いをスコアリングします。一次調査にAIを活用することで、詳細調査の対象となる口座数を減少させることができます。

今回のサービス提供に先立ち、NECと横浜銀行は、2019年5月から2020年1月までの横浜銀行口座におけるモニタリング対象取引の情報を使用した実証実験を行いました。その結果、詳細調査の対象となる口座数を従来比で30~40%減少させることができました。また、人間では気づきにくい口座の動きをAIが認識し、リスクの高い口座として予兆的に認識できた事案もあり、マネーロンダリングや特殊詐欺などの各種金融犯罪の未然防止に寄与することが期待できます。

NECは金融犯罪や不正の撲滅に向け、金融機関が安心・安全に金融商品を取り扱えるようAIなどの先進技術を駆使したRiskTech(注1)を提供しています。本サービスにおいても、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注2)の1つである異種混合学習技術(注3)を活用しています。異種混合学習技術はホワイトボックス型AIであり、本審査業務においても、高度な予測精度と予測に至る根拠を可視化する解釈性を両立しています。また、AI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Platform」(注4)と「業務分析テンプレート」(注5)を活用することで、AIの短期間かつ効率的な導入を実現しています。

NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、AIをはじめとする先進技術を活用し、安全で快適な金融サービスを、あらゆる人と産業へ届けるための取り組みを推進します。これにより、人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」(注6)をお客さまと共に実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202007/20200701_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

三菱商事とNTTアノードエナジー、エネルギー分野における協業に向けた検討の具体化について

TOKYO, Jul 1, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 垣内 威彦、以下「三菱商事」)とNTTアノードエナジー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 高間 徹、以下「NTTアノードエナジー」)は、2019年12月20日に三菱商事株式会社と日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 澤田 純)で合意した「産業DX推進」に関する業務提携の取り組みの一つとして、エネルギー分野における協業検討について合意(以下、「本合意」)いたしました。

三菱商事は、幅広く電力事業に取り組む中で、再生可能エネルギー等の環境負荷の低い電源とデジタル技術を組み合わせることで、単なる電力供給に止まらず、需給調整機能など顧客に対して新たな価値を提供することを目指しています。蓄電分野でも、車載用・産業用リチウムイオン蓄電池の製造・販売事業、並びに車載用蓄電池のリユース、エネルギー分野での利活用を推進しており、持続可能な社会構築への貢献と企業価値向上、経済価値、社会価値、環境価値の三価値同時実現を目指しています。

NTTアノードエナジーは、NTTグループの保有するICT技術・直流給電技術を活用したスマートエネルギー事業を推進する事業推進会社として、NTTグループのシナジーを最大限に発揮し、再生可能エネルギー発電設備や蓄電池等の分散エネルギーリソースをより高度に活用するソリューションの開発・提供を通じ、パートナー企業とともに新たなエネルギー流通の仕組みを創り上げ、産業の活性化に取り組んでいます。

両社の協業に向けた具体的な取り組みは以下のとおりです。

1. 再生可能エネルギー発電事業
国内外再生可能エネルギー発電事業への共同出資参画、並びに同事業からのNTTグループ会社への電力供給の可能性を検討いたします。

2. EVや蓄電池を組合せたエネルギーマネジメント事業
EV及び蓄電池を含むマイクログリッドプラットフォーム(以下「MGP」)*1の構築と、MGPを起点とした新たな分散型電力事業、並びに三菱商事とNTTアノードエナジーがもつ事業ネットワークを利活用した新たなエネルギーソリューション事業の検討を行います。

具体的には、EVの蓄電池を活用したバッテリーライフタイムマネジメント事業のビジネスモデルを確立し、EVのバッテリー利用の最適化によるマネジメント収入等を見込むとともに、蓄電池をNTTグループの通信局舎・自治体・ローソン等の三菱商事グループの企業施設等のBCPエネルギーマネジメント用電源*2として利活用することを目指します。この事業の確立により、EVの資産価値の向上や、分散電源の普及による地域のレジリエンス向上に貢献します。

さらに、二次利用をふくめた蓄電池のライフサイクルを通した一体的な運営による更なる価値向上に向け、以下の技術の活用検討も行ってまいります。

(1) 蓄電池のライフサイクルを通した状態監視並びに残存価値評価:グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーである独ボッシュ社が有する「Battery in the Cloud」*3
(2) 蓄電池を活用したエネルギーマネジメント:2019年2月に三菱商事が出資した英OVO社が保有する「Kaluza」技術*4

三菱商事とNTTアノードエナジーは、本取組を通じて、三菱商事グループの電力事業に関する知見やノウハウとNTTグループの有するICT技術・直流給電技術を融合させ、環境負荷の低いクリーンなエネルギーの提供や、レジリエンスを高めるエネルギーマネジメントサービスの提供を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2020/html/0000045615.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

GCARとエーザイ、中等度から重度のCOVID-19感染患者様に対する治療薬創出を目指す革新的アダプティブデザインによる臨床試験(REMAP-COVID)を開始

TOKYO, Jul 1, 2020 - (JCN Newswire) - Global Coalition for Adaptive Research(米国、カリフォルニア州、ロサンゼルス、以下 GCAR)と エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)は、このたび、University of Pittsburgh Medical Center(米国、ペンシルベニア州、ピッツバーグ、以下 UPMC)と共同でCOVID-19による入院患者様に対する複数の治療薬の効果を確認する革新的なアダプティブプラットフォーム臨床試験*であるREMAP-CAP(A Randomized, Embedded, Multifactorial, Adaptive Platform trial for Community-Acquired Pneumonia)のサブスタディーとなるREMAP-COVIDを実施することをお知らせします。

エーザイ創製のTLR4(Toll-Like Receptor 4)拮抗剤エリトランがREMAP-COVIDにおける免疫調節療法としての最初の評価対象治験薬に選定され、中等度のCOVID-19患者様に対して有効性が評価されます。本試験はUPMCヘルスシステム下の病院および米国内の複数の医療センターで実施され、今後、日本を含むグローバルなREMAP-COVIDネットワークの臨床試験サイトにも実施施設を拡大する予定です。エリトランの安全性プロファイルは、重症セプシスを対象として実施した大規模な臨床第III相試験で確認されています。エリトランは、様々な炎症誘発性メディエーターの過剰産生と放出によって引き起こされるサイトカインストームを抑制し、COVID-19患者様の肺や他の臓器の損傷から保護することが期待されます。

Department of Critical Care Medicine at the University of PittsburghおよびUPMCの准教授でREMAP-CAP:COVIDの米国の治験責任医師であるChristopher Seymour, M.D. MSCは、「私たちは、エーザイと共同で、この有望な治験薬候補に対する臨床試験を開始することを大変嬉しく思います。従来の臨床試験とは違い、アダプティブデザインを用いることで、患者様の安全性に最大限配慮しながら、臨床試験の結果をより早く得られる可能性が高くなります。REMAP-COVIDは、COVID-19に有効な治療法を、可能な限り安全、迅速かつ効果的に見出す最適な研究です」と述べています。

エーザイ ニューロロジービジネスグループのチーフクリニカルオフィサーである Lynn Kramer, M.D.は、「エーザイは、この前例のないCOVID-19のパンデミックと闘うため、本共同イニシアチブに参加できることを誇りに思っています。当社の免疫調節療法薬剤TLR4拮抗剤エリトランについて、単独、もしくは他の薬剤との併用で、COVID-19入院患者様に対する有効性が評価されることを嬉しく思います。私たちは、ヒューマン・ヘルスケア理念のもと、世界中の患者様、そのご家族、および医療関係者に貢献していきます」と述べています。

REMAP-CAPは、非パンデミックとパンデミックの双方の状況において重症肺炎に対する最適な治療法を見出すように設計されています。今回のCOVID-19拡大に伴いREMAP-CAPは当初の目的通り、パンデミックモード(REMAP-COVIDサブスタディー)に移行し、治験計画にCOVID-19をターゲットとした治験薬投与群を追加し、COVID-19患者様の組み込みを行います。本試験は、多施設共同、無作為化、標準療法および複数の実薬を用いた、並行群間比較臨床試験で、主要評価項目は投与後21日間における臓器不全未発症の期間で、エリトランは入院患者様に対するREMAP-COVIDの免疫調節療法として評価されます。

REMAP-CAPは、世界の主要な救命救急医療の治験医師のほか、パンデミックおよび感染症の集団発生、ウイルス、免疫、救急医療の専門家、およびベイズ統計学者によって主導されています。大規模国際プラットフォームであるREMAP-CAPには、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドの218拠点で1100人以上の患者様が既に登録されています。この重要な研究は、アダプティブプラットフォーム臨床試験の統計的設計のリーダーであるBerry Consultantsと共同で実施されており、各国政府、および直近に米国の治験施設へ100万ドル(Translational Breast Cancer Research Consortiumを通じて)の資金提供を行ったThe Breast Cancer Research Foundationをはじめとする世界中の非営利団体からサポートされています。

Robert J. Margolis Professor of Business, Medicine, and Policy および founding Director of the Duke-Margolis Center for Health Policy at Duke University であるMark McClellan, M.D. Ph.D.は、「既存の関連知識を駆使したCOVID-19に対するREMAP研究戦略の要は、ウイルスに対する複数の治療法の安全性と有効性を迅速かつ同時に評価するためのプラットフォームです。COVID-19に対する臨床試験を通して、我々は様々なことを学ぶことができるようになります」と説明しています。

GCARのCEOであるMeredith Buxton, Ph.D. MPHは、「GCARは、この国際的な取り組みに参加し、米国地域調整センターとして機能するピッツバーグ大学と並んで、米国でREMAP-CAP:COVIDのトライアルスポンサーとして参加することを光栄に思います。この重要な取り組みをサポートするために、我々のプラットフォーム試験における豊富な経験を活用できることを嬉しく思います。アカデミア、業界、慈善団体の主要なパートナーと協力することで、COVID-19患者様に最適な治療オプションの発見に努めます」と述べています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2020/news202034.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Jacobson Pharma Announces FY2020 Annual Results

HONG KONG, Jun 30, 2020 - (ACN Newswire) - Jacobson Pharma Corporation Limited ("Jacobson Pharma" or the "Company"; Stock Code: 2633), a leading company engaged in the research, development, production, marketing and sale of generic drugs and proprietary medicines, today announced its annual results of the Company and its subsidiaries (collectively the "Group") for the year ended 31 March 2020 (the "FY2020" or the "Reporting Period").

Resilient Performance under Distressed Economy
Amidst the overwhelming business challenges from the distressed economy in Hong Kong, the Group delivered a solid performance by posting a modest 6.3% year-on-year growth bringing its total revenue to HK$1,571.5 million (FY2019: HK$1,478.1 million (restated)). Gross profit grew by 2.3% to HK$690.0 million (FY2019: HK$674.7 million (restated)), while profit attributable to shareholders of the Company softened by 13.9% to HK$215.6 million (FY2019: HK$250.6 million (restated)) mainly due to the one-off revaluation gains recognised in the previous year, along with the increase in investments and operating expenses in setting up a regional management structure plus one-off professional expenses in preparing for the separation of the Group's consumer health business.

The Board recommends payment of a final dividend of HK2.5 cents per share (FY2019: HK3.0 cents per share). Combined with the interim dividend of HK2.0 cents per share, the full-year dividend for FY2020 remains the same as last year at HK4.5 cents per share. The Group's EBITDA (Adjusted) increased by 3.9% to HK$476.2 million, representing its strong capability of generating cash inflows.

Strong Market Position in Generics
Carrying a strong portfolio of generic drugs and a leadership position in a number of therapeutic categories in Hong Kong, the generic drugs business of the Group registered a positive growth of 3.6% in sales revenue in FY2020, amounting to HK$1,298.7 million (FY2019: HK$1,253.0 million), despite a decline in in-person consultation visits to medical clinics due to Covid-19 pandemic in the last quarter of the financial year.

The Group's offerings in certain therapeutic classes demonstrated strong growth, with oral anti-diabetic and anti-ulcerative products registered a robust growth of 42.3% and 34.1% respectively, which was attributed to an increased usage of these essential medicines in chronic disease management. In addition, the cardiovascular products achieved a sales growth of 28.4%, whilst the non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) also grew by 28.7% due to an expanded market position in the public hospital sector.

The Group launched 19 new products during the reporting period, including some difficult-to-make products such as Diltiazem Controlled Release Tablets, Dihydrocodeine Tablets, Perindopril Tablets, Atomoxetine Capsules, Mesalazine Enteric Coated Tablets 500mg and Finasteride Tablets. Besides, over 27 regulatory filings were submitted for new drug registration by the Group.

Tapping New Market Potentials with High Value-added Offerings
In supplementing its R&D pipeline and portfolio offerings, the Group has signed in-license agreements with a host of multi-national companies for a total of 79 specialised drugs covering several therapeutic classes including cardiovascular, central nervous system, infectious diseases, oncology, gastrointestinal, and ophthalmology, as well as a medical device for RSV (Respiratory Syncytial Virus) and Influenza rapid diagnostics test kit. Among them, 23 items are eligible for tender bidding in the coming years, and 22 items have been launched in Hong Kong.

Notable Growth in Proprietary Medicines with Newly Acquired Business
Albeit the negative sentiments prevailing in the retail sector, the Group's proprietary medicines business during the reporting period still registered a double-digit growth. With the incorporation of its newly acquired proprietary Chinese medicine business, sales revenue of the Group's proprietary medicine segment posted a 21.2% growth to HK$272.8 million (FY2019: HK$225.1 million).

Despite the economic distress, resilient performance has been demonstrated by proprietary brands such as Ho Chai Kung, a well-recognised heritage brand in the analgesics category, which delivered a notable growth of 10.8% over the same period of last year. Shiling Oil, a medicated oil brand of the Group, also presented a growth of 8.4% in overseas markets building on its strong tradition and recognition backed by persistent market development efforts.

Regional Expansion Strategy with China Focus
On the front of business development driven by its regional strategy, the Group has been actively forging strategic collaborations with multinational partners that cover in-licensing and representation of reputable branded products in Greater China and Asia regions.

The Group has respectively entered an exclusive distribution agreement with Vemedia for marketing and distribution of the renowned medicated foot care brand Excilor in Mainland China and a joint venture agreement with Kin Fung Weisen-U Company Limited to distribute and sell certain of its products - including the well-recognised gastrointestinal OTC drug "Weisen-U" and the popular nasal spray brand "Flucur Nebuliser" - to new markets in the Asia Pacific region, as well as to explore and develop product extensions in broadening the proprietary medicine platform of the Group.

In the consumer nutrition arena, the Group has entered an in-license agreement with Smartfish from Norway in a strategic collaboration to launch its patented and clinically substantiated high dose Omega-3 health and sports nutrition drinks in Greater China.

Tapping into the potential of the fast-growing cross-border e-commerce in China, the Group has developed its self-operating flagship store in a leading cross-border e-commerce platform in China in collaboration with key strategic partners to fully exploit the demand for proprietary medicines and consumer healthcare products among Mainland consumers, especially in Southern China and the Greater Bay Area.

Consumer Health Spin-off to Facilitate Expansion
By leveraging its regional commercial operations and focusing its efforts to tap into the burgeoning consumer healthcare market, the Group is also actively pursuing a spin-off of its branded consumer health business comprised of a strategically selected portfolio of branded medicines, proprietary Chinese medicines, and health and wellness products including health supplements, personal care products and diagnostic kits.

The potential spin-off is expected to facilitate the expansion of the consumer health business under a separate nimble platform from the generic drug business of the Group and groundworks have been undertaken to prepare for the spin-off plan.

Mr. Derek Sum, Chairman and Chief Executive Officer of Jacobson Pharma, said, "We will continue to strive for business excellence across all divisions as we pursue our goal of creating two separate and nimble platforms through a spin-off of our branded consumer health business from the Group. This separation initiative serves as a catalyst to reset capabilities and cost base, and helps deliver a value-creation opportunity for both businesses. It is also a significant step forward in terms of shaping Jacobson into a company comprising two enterprises, one being intently focused on its generic drugs business whilst the other is principally focused on consumer health products."

Mr. Sum added, "The dynamic and challenging environment requires us to continually assess our market position to ensure that our business remains relevant and strategically well-aligned. Looking ahead, we remain confident that by building on our reputation, strong R&D pipeline and network resources of the Group, we are well positioned to deliver a sustainable growth and returns to our shareholders in the long term."

About Jacobson Pharma Corporation Limited (Stock Code: 2633)
Jacobson Pharma is a leading generic drug company in Hong Kong. The Group also carries a portfolio of proprietary brands, notably being Po Chai Pills, Ho Chai Kung TjiThung San, Contractubex Scar Gel, Flying Eagle Woodlok Oil, Tong Tai Chung Woodlok Oil, Doan's Ointment, Saplingtan, Shiling Oil and Col-gan Tablet, which have been widely recognised by the market. In the strategic expansion of its branded healthcare business platform, the Group has introduced health and wellness brands and products such as Dr. FreemanFlu/RSV Combo, SmartfishHealth Nutrition Products, Dr.Freeman Infection Control Product Series and Dr Freeman COVID-19 Rapid Test Kit, among other reputable brands represented in overseas markets such as Excilor and Weisen-U.

The Group aims at the continued strategic enrichment of both of its generic drug and branded healthcare portfolios through the addition of high value-added products. With its corporate headquarters based in Hong Kong, the Group has also established its operating subsidiaries in China, Macau, Taiwan, Singapore and Cambodia forming a regional commercial platform to tap the market potential in the Asia Pacific and Greater China region. Jacobson Pharma has been a constituent stock of MSCI Hong Kong Micro Cap Index since 1 June 2017. For more details about Jacobson Pharma, please visit the Group's website: http://www.jacobsonpharma.com

For media enquiries, please contact:
Strategic Financial Relations Limited
Vicky Lee Tel: (852) 2864 4834 Email: vicky.lee@sprg.com.hk
Stephanie Liu Tel: (852) 2864 4852 Email: stephanie.liu@sprg.com.hk
Rachel Ko Tel: (852) 2864 4806 Email:rachel.ko@sprg.com.hk
Fax: (852) 2527 1196


Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59961/

トヨタ自動車、役員体制の変更および幹部職の担当変更、人事異動について

Toyota City, Japan, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2020年7月1日付の役員体制の変更について発表しました。

変更のポイント

構造改革を推し進めるべく、執行役員の役割をさらに明確化
- トップと密に連携しチーフオフィサーとして会社全体を俯瞰し経営を担う役割→「執行役員」
- プレジデント・地域CEO・本部長は、実行部隊のトップとして、現場で即断即決即実行を進める役割→「幹部職」に一本化

今回の変更は、これまで進めてきた「適材適所」の考えに基づく様々な改革をより一層推し進めるものです。機能を超え、社長と会社全体を見据えて経営を進めるメンバーを「執行役員」と再定義し、社長と密に連携を取り、実行部隊との連動や人材育成に取り組んでいきます。また、プレジデント・地域CEO・本部長は、現場で実行部隊をリードする役割として、権限を移譲するとともに、「幹部職」に一本化します。

執行役員、幹部職は、その時々の役割であり、課題や進むべき道に応じてメンバーを変更していき、これまで以上に「適材適所」の柔軟な配置を可能とします。

なお、同日付の執行役員、幹部職の担当変更、人事異動も発表しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/32997226.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ザ・ボディショップ、イオンフォレストの株式を取得し子会社化

【2020年6月30日】英国生まれのエシカルでサステナブルなビューティブランドであるザ・ボディショップを展開するザ・ボディショップ・インターナショナル・リミテッド(以下、ザ・ボディショップインターナショナル)は本日、日本におけるザ・ボディショップ事業について、フランチャイジーである株式会社イオンフォレスト(以下、イオンフォレスト)の株式を取得し子会社化することを、同社の親会社であるイオン株式会社と合意しましたので、お知らせいたします。

日本におけるザ・ボディショップ事業は、1990年から30年間にわたりイオンフォレストを通じて行われてきました。今後は2020年10月を目途にザ・ボディショップジャパンと社名を変更し、ザ・ボディショップインターナショナルリミテッド直轄の子会社として新たなブランドの成長を目指します。

ザ・ボディショップジャパンの代表取締役社長には倉田浩美氏が就任します。同氏は2019年4月までフルラジャパン株式会社で代表取締役社長を務めていました。2014年9月にフルラ初の日本人社長に就任以来連続で2桁成長を実現するなど、日本市場におけるブランドの成長に寄与し、その価値を広めてきました。

ザ・ボディショップインターナショナルの最高経営責任者であるデイビッド・ボイントンは、「ザ・ボディショップインターナショナルにとって日本は非常に重要な市場です。日本にザ・ボディショップが上陸してから30年間、ザ・ボディショップのビジネス基盤を構築していただいたイオンおよびイオンフォレストの関係者の皆様には心から感謝いたしますとともに、今後ザ・ボディショップジャパンに皆様をお迎えすることを心待ちにしております。」、と述べました。さらに、今後の日本におけるビジネスについてボイントンは、「倉田浩美氏という素晴らしいリーダーを迎え、今後、ザ・ボディショップが日本においてより一層魅力あるブランドに成長していくことを大いに期待しています。ザ・ボディショップのDNAである社会と環境にポジティブな変化をもたらしていくという姿勢は、まさに今日の消費者が企業に求めている姿であると思っています」、とコメントしています。

新たに社長に就任する倉田浩美氏は次のようにコメントしています。「ザ・ボディショップというブランドには自分らしい美しさを引き出すパワーがあり、その美しさはあらゆる人々の喜びとエネルギーの源になります。自然から着想を得たサステナブルな方法で製造されるこのブランドの製品には、ありのままの自分を受け入れるというジェンダーレスでボーダーレスなメッセージが込められており、幅広い層の方々から共感され力を与えるものです。さらに、創設者であるアニータの『企業には世界をよくする力がある』という化粧品業界において非常に先駆的な考え方も、これからの私たちの大切な道しるべになります。ザ・ボディショップジャパンの誕生と同時に、日本における新たな旅路をリードしていくことを心から楽しみにしています。今後、ザ・ボディショップ本来の溢れるエネルギーやメッセージをお届けしながら、より多くの皆さまにハピネスをお届けできるようなブランド作りに取り組んでまいります」。

なお、日本におけるザ・ボディショップ事業は2020年9月末まではこれまで通りイオンフォレストによるフランチャイズ事業として運営し、株式取得が完了後、社名変更を行います。

ザ・ボディショップインターナショナルについて

ザ・ボディショップは、1976年にイギリスのブライトンでデイム・アニータ・ロディックが創業したグローバル・ビューティブランドです。B CorpTM認証を取得しており、高品質で自然から着想を得たエシカルでサステナブルな方法で製造されるスキンケア、ボディケア、ヘアケア、メイクアップ製品を提供することで、世界によい変化をもたらすことを追求しています。また、「ビジネスには世界をよくする力がある」という哲学の先駆者であり、この信念はブランドの推進力となっています。現在70か国以上で約3,000か所の販売拠点を運営しており、イソップ(Aesop)、エイボン(Avon)、ナチュラ(Natura)とともにナチュラ・コスメティコス(Natura & Co)のグループ会社となっています。ナチュラ・コスメティコスは、経済的、社会的、環境的にポジティブな影響を生み出すことにコミットしているグローバルなマルチチャネル・マルチブランド化粧品グループです。(2020年現在)

メディアからのお問い合わせ
フィンズベリー(服部 070-7484-7703、鍋田070-7467-8016、岡本080-9898-5591)

【参考資料】

倉田浩美
米国セントラルワシントン州立大学を卒業後、現地のコンサルティングファーム プライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)にて、コンサルタントとしてリテール業界のグローバル展開などを支援。帰国後、ギャップジャパン、コーチジャパンを経て、2014年から2019年までフルラジャパン株式会社代表取締役社長を務めた。




Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ザ・ボディショップ、イオンフォレストの株式を取得し子会社化

TOKYO, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - 英国生まれのエシカルでサステナブルなビューティブランドであるザ・ボディショップを展開するザ・ボディショップ・インターナショナル・リミテッド(以下、ザ・ボディショップインターナショナル)は本日、日本におけるザ・ボディショップ事業について、フランチャイジーである株式会社イオンフォレスト(以下、イオンフォレスト)の株式を取得し子会社化することを、同社の親会社であるイオン株式会社と合意しましたので、お知らせいたします。


倉田浩美


日本におけるザ・ボディショップ事業は、1990年から30年間にわたりイオンフォレストを通じて行われてきました。今後は2020年10月を目途にザ・ボディショップジャパンと社名を変更し、ザ・ボディショップインターナショナルリミテッド直轄の子会社として新たなブランドの成長を目指します。

ザ・ボディショップジャパンの代表取締役社長には倉田浩美氏が就任します。同氏は2019年4月までフルラジャパン株式会社で代表取締役社長を務めていました。2014年9月にフルラ初の日本人社長に就任以来連続で2桁成長を実現するなど、日本市場におけるブランドの成長に寄与し、その価値を広めてきました。

ザ・ボディショップインターナショナルの最高経営責任者であるデイビッド・ボイントンは、「ザ・ボディショップインターナショナルにとって日本は非常に重要な市場です。日本にザ・ボディショップが上陸してから30年間、ザ・ボディショップのビジネス基盤を構築していただいたイオンおよびイオンフォレストの関係者の皆様には心から感謝いたしますとともに、今後ザ・ボディショップジャパンに皆様をお迎えすることを心待ちにしております。」、と述べました。さらに、今後の日本におけるビジネスについてボイントンは、「倉田浩美氏という素晴らしいリーダーを迎え、今後、ザ・ボディショップが日本においてより一層魅力あるブランドに成長していくことを大いに期待しています。ザ・ボディショップのDNAである社会と環境にポジティブな変化をもたらしていくという姿勢は、まさに今日の消費者が企業に求めている姿であると思っています」、とコメントしています。

新たに社長に就任する倉田浩美氏は次のようにコメントしています。「ザ・ボディショップというブランドには自分らしい美しさを引き出すパワーがあり、その美しさはあらゆる人々の喜びとエネルギーの源になります。自然から着想を得たサステナブルな方法で製造されるこのブランドの製品には、ありのままの自分を受け入れるというジェンダーレスでボーダーレスなメッセージが込められており、幅広い層の方々から共感され力を与えるものです。さらに、創設者であるアニータの『企業には世界をよくする力がある』という化粧品業界において非常に先駆的な考え方も、これからの私たちの大切な道しるべになります。ザ・ボディショップジャパンの誕生と同時に、日本における新たな旅路をリードしていくことを心から楽しみにしています。今後、ザ・ボディショップ本来の溢れるエネルギーやメッセージをお届けしながら、より多くの皆さまにハピネスをお届けできるようなブランド作りに取り組んでまいります」。

なお、日本におけるザ・ボディショップ事業は2020年9月末まではこれまで通りイオンフォレストによるフランチャイズ事業として運営し、株式取得が完了後、社名変更を行います。

ザ・ボディショップインターナショナルについて

ザ・ボディショップは、1976年にイギリスのブライトンでデイム・アニータ・ロディックが創業したグローバル・ビューティブランドです。B CorpTM認証を取得しており、高品質で自然から着想を得たエシカルでサステナブルな方法で製造されるスキンケア、ボディケア、ヘアケア、メイクアップ製品を提供することで、世界によい変化をもたらすことを追求しています。また、「ビジネスには世界をよくする力がある」という哲学の先駆者であり、この信念はブランドの推進力となっています。現在70か国以上で約3,000か所の販売拠点を運営しており、イソップ(Aesop)、エイボン(Avon)、ナチュラ(Natura)とともにナチュラ・コスメティコス(Natura & Co)のグループ会社となっています。ナチュラ・コスメティコスは、経済的、社会的、環境的にポジティブな影響を生み出すことにコミットしているグローバルなマルチチャネル・マルチブランド化粧品グループです。(2020年現在)

メディアからのお問い合わせ
フィンズベリー(服部 070-7484-7703、鍋田070-7467-8016、岡本080-9898-5591)

【参考資料】
倉田浩美
米国セントラルワシントン州立大学を卒業後、現地のコンサルティングファーム プライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)にて、コンサルタントとしてリテール業界のグローバル展開などを支援。帰国後、ギャップジャパン、コーチジャパンを経て、2014年から2019年までフルラジャパン株式会社代表取締役社長を務めた。


倉田浩美



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

三菱自動車、自動車リサイクル法に基づく2019年度の再資源化等の実施状況を公表

TOKYO, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、自動車リサイクル法(正式名称「使用済自動車の再資源化等に関する法律」)に基づき、2019年度(2019年4月~2020年3月)における自動車シュレッダーダスト(ASR:Automobile Shredder Residue)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目の再資源化等の実施状況を公表しました。

2019年度の実施状況の概要としては、ASRの引き取り量は217,915台分(31,655トン)で、30,560トンを再資源化した結果、再資源化率は96.5%となり、法定基準値(70%)を達成しました。

エアバッグ類は158,464台分(543,957個)を引き取り、再資源化率は94.5%で、法定基準値(85%)を達成しました。フロン類の引き取り量は187,548台分(42,680kg)となり、適正に処理しました。

また、これら特定3品目の再資源化等に要した費用総額は1,779,870,743円で、資金管理法人(公益財団法人 自動車リサイクル促進センター)から払い渡しを受けた預託金総額は2,065,867,791円、全体収支は285,997,048円の黒字となりました。このうち、200,000,000円を公益財団法人 自動車リサイクル高度化財団(J-FAR)*1へ拠出しています。

なお、今後の新型車についても、再資源化処理コストの低減を継続し、お客様のリサイクル料金負担の更なる低減を図っていきます。

三菱自動車は、自動車リサイクル法に定められた使用済自動車処理の、確実かつ効率的な実施に向けて、引き続き取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5442.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

トヨタ自動車、めっき処理工程を革新し、環境負荷を大幅に低減する「スタンプ式めっき処理装置」を販売

Toyota City, Japan, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、電子部品などの製造過程で基板に銅やニッケルなどの金属の被膜を形成するめっき処理工程において、金属イオンを通す高分子膜(固体電解質膜)を使いめっき処理の必要な部位にのみスタンプを押すようにめっき処理を施す、世界初*1となる技術を開発しました。そして、この新技術を活かした新しいめっき処理装置の普及に向け、ミカドテクノス株式会社(以下、ミカドテクノス)と兼松株式会社(以下、兼松)の協力により、製造・販売を行うこととしました。7月1日より発売します。

新型の「スタンプ式めっき処理装置」は、現在、主流となっているめっき溶液が入った多数の水槽にめっき処理する部品を丸ごと浸す工程が不要となるため、排出される廃液量は約30分の1に、CO2は約3分の1に大幅に削減することが可能となり、環境負荷の大幅な低減に寄与します。また、めっき処理に必要な時間の短縮や工程のコンパクト化にもつながります。

そこでトヨタは、このような様々な効果が期待できる「スタンプ式めっき処理装置」を、トヨタの自動車生産に関わる取引先だけではなく、様々な業界で多くの企業に活用していただくことで普及を図り、環境負荷の低減などに貢献するために販売することとしました。

具体的には、トヨタが保有する特許とノウハウを、真空プレス装置メーカーであるミカドテクノスに供与し、同社にて独自の技術を織り込んで開発した「スタンプ式めっき装置」を製造し、兼松を通じて販売します。

今後2~3年を目途にモニター装置として販売し、複数の企業にて実証・評価用として使っていただき、その後、2023~2024年頃から実用装置として広く一般向けに販売し、普及につなげていきたいと考えています。

トヨタは、SDGs*2の目指す持続可能な社会づくりに貢献するための活動の一つである「トヨタ環境チャレンジ2050」の中で掲げた「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けてグループ一体となり取り組んでおり、今後、この「スタンプ式めっき処理装置」のグループ内への導入も進め、製造段階でのCO2排出量削減を着実に進めていきます。

今回新たに開発した「スタンプ式めっき処理装置」は、装置先端のヘッドの上部に溶液を入れ、めっき処理をする部位に圧着するヘッドの先端には、金属イオンを通す固体電解質膜を装着しています。この構造により、基板の中のめっき処理の必要な部位にのみヘッド先端の固体電解質膜を圧着して電気を流すことで、スタンプを押すかのように、膜と接している部分にだけ金属皮膜(めっき)を作ることができます。

一方、従来のめっき処理工程では、銅やニッケルなどめっき処理をする金属が溶けた液(溶液)に基板を丸ごと漬けて電気を流して金属皮膜(めっき)を作るため、めっき処理前後の基板の洗浄も含めて、基板全体を浸せる大きさの多数の水槽が必要となります。基板全体をめっき溶液の入った水槽に浸すため、大量のめっき溶液を使用しなければならならず、めっき処理後に大量の溶液を廃棄(廃液)する必要があります。さらに、空気中に飛散する有害成分の除去や大量の廃液の処理の設備なども含めて、大がかりな工程となっています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/33011805.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

三菱重工環境・化学エンジニアリング、釧路広域連合運営受託施設で初の基幹的設備改良工事を受注

TOKYO, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社(MHIEC、社長:菱沼 隆之、本社:横浜市西区)は、北海道の釧路市など6市町村で構成される釧路広域連合から、一般廃棄物焼却施設「釧路広域連合清掃工場」(釧路市高山30)の基幹的設備改良工事を受注しました。処理能力240トン/日の流動床式ガス化溶融炉(注1)設備を改修し、長寿命・省エネルギー化をはかります。受注額は39.93億円(税込)、完工は2023年9月を予定しています。 

同広域連合は、改正地方自治法の定めに基づき2002年に発足。現在は釧路市、釧路町、厚岸町、弟子屈町、鶴居村、白糠町の可燃ごみ処理に関する事務を手掛けています。清掃工場の施設は、三菱重工業の設計施工により2006年3月に完成、4月に稼働したものです。MHIECが90%出資する釧路エコクリエイション株式会社が、15年間の運転・維持管理長期包括委託を受託しています。処理能力120トン/日の流動床式ガス化溶融炉2基および関連設備で構成され、4,600kWの発電能力を備えています。

今回受注した基幹的設備改良工事では、経年的に劣化した受入供給設備、燃焼・溶融設備、燃焼ガス冷却設備、排ガス処理設備などを対象に主要機器の更新などを行います。また、各種電動機に高効率モーターやインバーターを採用することにより省エネ化。さらには、ダイオキシン分解機能を付加したハイブリッドバグフィルタ(注2)および脱硝設備の低温触媒採用による熱回収率の増加をはかることにより、CO2排出量を年間約15%削減し、地球温暖化抑制にも貢献します。今回の受注は、MHIECグループが運転・維持管理長期包括委託を受託した清掃工場で初めての基幹的設備改良工事となります。

一般廃棄物焼却施設を長寿命化するとともに温暖化対策も施す改良工事は増加傾向にあります。加えて、国が2010年度に関連する交付金支援制度(注3)を創設したことで、さらに活発化しています。

MHIECは、三菱重工が長年培ってきた環境装置分野の技術開発力と国内外を含めた豊富な廃棄物処理施設の建設・運営ノウハウを2008年に継承。多数の実績に基づく、建設から運営まで含めた総合的ソリューション提案力を強みとしています。

MHIECは、今回の受注とこれまでの実績をベースに、既存廃棄物処理施設の省エネ化や安定稼働の維持・向上、さらに維持管理費などを含めたL.C.C.(ライフサイクルコスト)低減に向けた提案を積極的に推進し、受注拡大をはかっていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/story/200630.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

JCB expands its merchant network with 3C Payment in Spain

Madrid / Tokyo, Jun 30, 2020 - (ACN Newswire) - JCB International, Co., Ltd. (JCBI), the international operations subsidiary of JCB Co., Ltd., Japan's only international payment brand, and 3C Payment, a leading global payment solutions provider, today announce the activation of JCB payment acceptance in over 85 locations of a well-established Hotel Group in Spain.

This partnership strengthens JCB's coverage across Spain and further enhances the payment brand's goal to expand its network of 34 million merchant partners; and to provide a unique and seamless shopping experience to its 140 million global cardmembers.

With over 30 years' experience, 3C Payment provides integrated payment solutions for hotels, Quick Service Restaurants (QSR), retail and parking industries across over 47 countries and territories, providing an effective solution to protecting cardholder data.

Mr. Tsuyoshi Notani, Managing Director, JCB International (Europe) Ltd., said: "JCB is happy to collaborate with 3C Payment because we understand the importance of global PSPs for providing excellent service to our cardmembers, as well as to increase acceptance in more international locations. Spain is a key market for JCB's expansion and this collaboration could be introduced to the other European markets, so we have strategically chosen to partner with 3C Payment because of its ability to provide broad-coverage payment solutions in the T&E sector across Europe."

Damien Estrade, General Manager Europe at 3C Payment said: "This partnership will help to encourage increased revenue for our clients who will now be able to cater to JCB card members looking to spend in Spain. The JCB card has a strong presence across the hospitality sector spend which matches well with the aspirations of our client base worldwide. We look forward to being able to widen our collaborations together with JCB in future".

About 3C Payment

3C Payment makes it easy for consumers to pay anyhow, anywhere, using highly secure specialised transaction flows that supports the needs of their clients. 3C Payment cover the full transactional journey from integrated P2PE EMV hardware linked to their hosted infrastructure and payment gateway services, to online and in-app payment acceptance linked to onsite and ERP systems. Their secure 3C Integra hosted platform unifies multiple payment channels allowing merchants to confidently trade in person and online in over 47 countries worldwide with local or centralized reporting accessible from anywhere through 3C Payment's web portal. 3C Payment has agreed to be acquired by payment company, Planet, subject to regulatory approval by the Financial Conduct Authority in the UK.

About JCB

JCB is a major global payment brand and a leading credit card issuer and acquirer in Japan. JCB launched its card business in Japan in 1961 and began expanding worldwide in 1981. Its acceptance network includes over 34 million merchants and over a million cash advance locations in the world. JCB cards are now issued in 24 countries and territories, with more than 140 million Cardmembers. As part of its international growth strategy, JCB has formed alliances with hundreds of leading banks and financial institutions globally to increase merchant coverage and Cardmember base. As a comprehensive payment solution provider, JCB commits to providing responsive and high-quality service and products to all customers worldwide.

Press Contacts:

JCB International/Europe
Contact: India Stone
Email: istone@jcbeurope.eu
Phone: +44 020 7087 4754

JCB (Head Office in Japan)
Contact: Kumiko Kida, Ayaka Nakajima
Email: jcb-pr@jcb.co.jp
Phone: +81 3 5778 8353

Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59875/

富士通、NetAppとデータマネジメントインフラでのパートナーシップを強化

TOKYO, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、NetApp(本社:米国カリフォルニア州、CEO:George Kurian、以下、NetApp)と2019年12月に締結した、デジタルトランスフォーメーションを支えるデータマネジメントインフラの提供に向けた戦略的パートナーシップの第一弾として、NetAppの高度なデータマネジメントソフトウェアを活用したストレージシステム「FUJITSU Storage ETERNUS」の4シリーズを6月30日より販売開始(注1)します。

今後は、従来のストレージシステムに加え、お客様のビジネスを加速させるデータの効率的な管理とスピーディーな活用を実現するデータマネジメントインフラとして、両社の商品や技術力を組み合わせた、AI、ハイブリッドクラウド、HPC向けのソリューション開発を検討していきます。

今回の戦略的な取り組み

データマネジメントインフラの提供に向けた取り組みとして、お客様が保有する膨大なデータの効率的な管理と活用を促進し、運用管理コストの低減を実現するエントリとミッドレンジのストレージ4シリーズ「ETERNUS AB」、「ETERNUS HB」、「ETERNUS AX」、「ETERNUS HX」を販売します。

「ETERNUS AB」「ETERNUS HB」シリーズは、お客様の基幹システムに活用されるデータベースや高度な科学計算システムに活用されるHPCに適したストレージです。SSD(注2)の性能を最大限まで引き出した高速データ処理(注3)と、サーバとの大量のデータ通信(注4)を実現します。また、お客様のオンプレミスやパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウド環境では、バックアップ・アーカイブ用のデータをパブリッククラウドに転送することで、運用、管理のコストを削減することが可能です。

「ETERNUS AX」「ETERNUS HX」シリーズは、仮想化システムやファイルサーバに適したストレージです。仮想化システムで求められる、ブロックアクセスによる高いレスポンス性能と、ファイルアクセスによる簡易なデータ管理を、一台のストレージで柔軟に実現します。また、容量や性能の増加の要求に応じて、システムを停止させることなく、ストレージのノードを最大24ノード、26ペタバイトまで拡張できるほか、データのアクセス頻度に応じてデータセンターやパブリッククラウドにデータを自動で振り分け、コストとのバランスをとった効率的な運用を可能とします。

今後の展望

今後、両社の商品や技術力を組み合わせた、AI、ハイブリッドクラウド、HPC向けソリューションの共同開発を進め、2020年内を目標に順次提供していきます。

例えば、AI向けに、当社のサーバとNetAppのストレージを組み合わせ、AIシステムの設計や構築、膨大なデータの学習にかかる作業時間を大幅に削減するソリューションや、HPC向けに、当社の高性能スケーラブルファイルシステムやデータ高速処理技術とNetAppの高速通信技術をもつストレージを組み合わせ、複雑な条件下で高度なシミュレーション・分析が可能なソリューションを開発していきます。

このほか、データセンター内のプライベートクラウド環境とパブリッククラウド環境を一つのストレージで管理できるNetApp Cloud Data Servicesを活用したハイブリッドクラウドソリューションなどの開発も予定しています。

NetApp, Inc. Executive Vice President and General Manager, Hybrid Cloud Group, Brad Anderson氏のコメント
富士通はNetAppにとって、20年以上の関係を持つ戦略的なビジネスパートナです。今般、その関係性をさらに拡大できたことを非常に嬉しく思います。富士通が考えるお客様のデジタルトランスフォーメーションを支えるデータマネジメントインフラ戦略と組み合わせた今回のパートナーシップ強化により、企業の基幹アプリケーションはもちろん、エッジ、コア、そしてマルチクラウド環境まで、幅広いプロダクトポートフォリオとソリューションをお客様に提供します。

富士通 理事 インフラストラクチャシステム事業本部長 坂井 賢一のコメント
デジタルトランスフォーメーションの成功には、お客様がもつあらゆるデータから新たな価値を生み出し、それらをビジネスの中核にしていくことが重要です。今回のNetAppとの戦略的パートナーシップの強化により、お客様のデータを効果的に管理し、活用していくことを可能とすることで、デジタルトランスフォーメーションを支えるために非常に重要な一歩と認識しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/06/30.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Honda、「VFR750R(RC30)」を対象とした「リフレッシュプラン」をスタート

TOKYO, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - Hondaは、1987年に限定販売された高性能スーパースポーツモデル「VFR750R(RC30)」を対象に、ベストコンディションに維持するプログラム「リフレッシュプラン」をスタートします。

お客様の相談および申し込みは、「RC30 リフレッシュプラン受付店」※にて、7月28日(火)より開始します。

なお、8月上旬に熊本製作所内に開設する「モーターサイクルリフレッシュセンター」にて、お客様の要望に応じた整備プランでベストなコンディションに高めていきます。

また、このリフレッシュプランのスタートとともに、VFR750R(RC30)の部品を新たに再生産し純正部品として6月30日(火)より順次Honda二輪車正規取扱店にて販売します。

VFR750R(RC30)のリフレッシュプランの企画にあたっては、四輪スポーツカー「NSX」のリフレッシュプランで培ったノウハウを参考にしながら、二輪専用のリフレッシュプランを構築しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200630.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

日立、幸せの見える化技術で新たな産業創生をめざす「出島」としての新会社を設立

TOKYO, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長CEO:東原敏昭/以下、日立)は、独自開発してきた幸福度計測技術を事業化してwith/afterコロナ時代の企業のマネジメント支援などに活用するとともに、計測した幸福度を多様な場面で活用して、新たなハピネス&ウエルビーイング産業を創生することを目的とした株式会社ハピネスプラネット(以下、新会社)を、7月20日に設立します。

近年、デジタル技術の進化やグローバル化の拡大により、ビジネス環境が日々変化しています。特に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で在宅勤務やリモートワークへと働き方が変化する中で、幸せと健康に対する関心が世界的に高まると同時に、社内のコミュニケーションや生産性、創造性の源泉となる幸福感を一層向上させることは、企業にとっても重要な課題となっています。

日立はこの社会課題解決に貢献するため、スマートフォンやウエアラブル端末を活用して人の幸福感を定量的に計測する技術の研究開発を進め、従業員の前向きな心を引き出すスマートフォンアプリ「Happiness Planet」(以下、アプリ)を開発し、83社から約4,300人の参加によりその効果を実証してきました*1。日立グループ内でも、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で広まった在宅勤務におけるマネジメント支援や組織活性化に活用しており、新常態(ニュー・ノーマル)の時代における働き方の基本ツールになると期待しています。

新会社はこれまでの取り組みを拡大し、オフィス勤務やテレワークを問わず、組織の活性度を定量化し、企業のミッション達成に向けて従業員が前向きに行動する組織づくりのためのアプリ事業を展開していきます。さらに、計測して可視化した幸福度を自治体、産業界などと連携して、まちづくり、介護・医療、住まい選びなどのさまざまな場面で活用する、これまでにない新たなハピネス&ウエルビーイング産業の創生を図ります。

日立は、2017年に未来投資本部を設立し、日立のデジタル技術を活用して次世代テクノロジーの潮流や世の中の動向をとらえ、中長期的な成長機会や事業創生活動を強化しています。新会社は、この創生活動をさらに拡大するために設立され、革新的なハピネス&ウエルビーイング産業の創生に向けて、日立の先進技術や信用、営業チャネルを活用しながら、ベンチャーの俊敏さを併せ持つ、経団連提唱の「出島」というアプローチを採用しています*2。独立性が高く、よりオープンなスタンスの「出島」として、幅広い企業との協創をスピーディに進めて加速度的な事業成長をめざします。具体的には、株式会社電通が、グローバルな「ハピネス」ムーブメントづくりに向けてパートナーとして協創し、また、すでに自社で従業員の活性化にアプリを活用している株式会社大塚商会は、そのネットワークをいかして日本の中小企業を活性化する事業を協創していきます。

新会社の経営は、AI/データ活用やハピネスの研究開発と事業化を推進してきた、株式会社日立製作所フェローの矢野和男がリードしていきます。

新会社 代表取締役CEO 矢野和男のコメント
新型コロナウイルス感染症拡大により、社会が大きな転換点を迎え、世界中の人々が人生の最大の目的である「幸せ」を求めて、事業や仕事の意味を問い直し始めています。物質的な豊かさが得られれば満足できた時代から、「共感」や「利他」の大切さが再認識される時代に移り変わり、自らの「使命」や「生きがい」が問い直されています。私は、新会社を通じて、多様な人たちと一緒に、科学的なプローチで、人の幸せを中心にした新しい社会づくりという大義に邁進する所存です。

株式会社日立製作所 執行役社長兼CEO 東原敏昭のコメント
日立による幸福度向上に貢献するハピネスの技術が、このたび設立される新会社により事業化され、今後、より多くのお客さまにご利用いただけることを大変嬉しく思います。本技術の活用により、各利用者の幸福度が「見える化」できることは、企業経営にも役立つと確信しています。テレワーク環境下においてもグループやチームの幸福度と業務効率との相関を見ることで、業務効率の向上策を検討するなど強力な経営サポートツールになると期待しています。これからも、日立の持つノウハウや人財を存分に活用しつつ、革新に満ちた新事業をスピーディに創生して、世界中の人々のQoL(Quality of Life)を高め、社会価値、環境価値、経済価値の向上に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/06/0629.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

日立、日本版コネクト&マネージを実現する制御システムの開発の実施について

TOKYO, Jun 30, 2020 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(理事長:石塚 博昭/以下、NEDO)が公募した「再生可能エネルギーの大量導入に向けた次世代電力ネットワーク安定化技術開発/研究開発項目(1)-1日本版コネクト&マネージ*1を実現する制御システムの開発」に応募し、採択されました。本事業は7月1日から2024年2月までの予定です。

2018年に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」において、2030年に向けた重要な施策の一つとして再生可能エネルギーの主力電源化へ向けた取り組みが掲げられており、再生可能エネルギーの系統への接続量は年々増加しています。発電設備を新たに空き容量がない系統に接続する場合には、流通設備等の増強を行う必要があります。一方、流通設備等の増強には多額の費用と時間を要するため、早期に再生可能エネルギーの導入を拡大するためには、「ノンファーム型接続」*2などの既存系統を有効に活用する取り組みが重要となります。

本事業では、一定の条件下で系統への接続を認める「ノンファーム型接続」といった日本版コネクト&マネージの仕組みを実現し、既存系統を最大限活用していくための効果的かつ合理的な制御システムの開発と実証を実施します。

日立は、本事業を通じて、既存系統を最大限活用できる仕組みの実現に貢献することで、電力の安定供給と再生可能エネルギー導入拡大の両立をめざします。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/06/0629a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Sino-Entertainment Technology Holdings Limited Announces Proposed Listing on the Main Board of The Stock Exchange of Hong Kong Limited

HONG KONG, Jun 30, 2020 - (ACN Newswire) - Sino-Entertainment Technology Holdings Limited ("Sino-Entertainment Technology Holdings" or the "Company", together with its subsidiaries, collectively referred as the "Group") has recently announced the details of the proposed listing of its shares on the Main Board of The Stock Exchange of Hong Kong Limited ("HKEx") (the "Global Offering").

Investment Highlights
- Published an extensive portfolio of games and established successful partnerships with a significant number of publishers
- An integrated major mobile game publisher and developer in China
- Possessed game development capabilities and talents
- Management team with extensive experience in the mobile game industry

Sino-Entertainment Technology Holdings plans to offer a total of 100,000,000 shares (subject to the Over-allotment Option), comprising 10,000,000 Hong Kong Public Offer Shares (subject to adjustment) and 90,000,000 International Offer Shares (comprising 66,000,000 new Shares and 24,000,000 Sale Shares, subject to adjustment and the Over-allotment Option), at an Offer Price ranges between HK$1.63 to HK$1.87 per Offer Share. The Public Offer will open at 9:00 a.m. on Tuesday, 30 June 2020 and will close at 12:00 noon on Monday, 6 July 2020. The allotment results will be announced on Tuesday, 14 July 2020. Dealings in shares on HKEx are expected to commence on Wednesday, 15 July 2020, under the stock code 6933.HK.

WAG Worldsec Corporate Finance Limited is the Sole Sponsor. Huajin Securities (International) Limited, Zhongtai International Securities Limited and China Tonghai Securities Limited act as Joint Global Coordinators and Joint Lead Managers. Huajin Securities (International) Limited, Zhongtai International Securities Limited, China Tonghai Securities Limited, BOCOM International Securities Limited, Guosen Securities (HK) Capital Company Limited, Soochow Securities International Brokerage Limited and Orient Securities (Hong Kong) Limited act as Joint Bookrunners.

Company Overview

Sino-Entertainment Technology Holdings is an integrated game publisher and developer in China with a focus on publishing mobile games in the market of China. The Group is committed to bringing quality and interactive gameplay experience to game players by drawing upon its experience and expertise in the mobile game industry together with its sound understanding with the Group's publishing partners and game players gained over the years of its operations to develop and publish high-quality and well-customised mobile games.

During the three years end 31 December 2019 (the "Track Record Period"), the Group has published over 320 third party games; and since the commencement of its mobile game development in 2015 and up to 21 June 2020, the Group has developed 22 proprietary games mainly in the RPG and casual games genres. It targets to launch five additional self-developed games in each of 2021 and 2022.

Business Model

Sino-Entertainment Technology Holdings is principally engaged in mobile game publishing as well as development and sale of customised software and mobile games. The Group has covered the businesses from upstream to midstream, being as the game developer, game publisher, co-publisher and distribution channel.

As a game developer, the Group focuses on the development of RPG and casual game genres, and these self-developed games were offered for sale or published by the Group.

As a game publisher, the Group is responsible for marketing, promotion, distribution, and other user-related services.

As a co-publisher, in light of the Group's publishing capabilities and resources, the Group also co-publish third party games with third party publishers. This business segment has generated the majority of the Group's revenue in the past three years.

As a distribution channel, the Group distributes third party games that the Group co-publishes, on its self-operated platform.

Financial Highlights

The total revenue of the Group was approximately RMB107.3 million, RMB151.2 million and RMB187.7 million for FY2017, FY2018 and FY2019, respectively, representing a CAGR of 32.3%. For FY2017, FY2018 and FY2019, the Group's gross profit was RMB40.0 million, RMB57.0 million and RMB75.8 million, respectively, and its gross profit margin was 37.3%, 37.7% and 40.4%, respectively.

The net profit of the Group for FY2017, FY2018 and FY2019 amounted to approximately RMB31.5 million, RMB39.4 million and RMB50.5 million, respectively, representing a CAGR of 26.6%. The net profit margin are 29.4%, 26.1% and 26.9% respectively. Excluding the non-recurring listing expenses of RMB4.8 million and RMB11.1 million for FY2018 and FY2019, the Group's net profit for the two years reached RMB44.2 million and RMB61.6 million, with a net profit margin of 29.2% and 32.8%, respectively.

Competitive Strengths

The Group believes that its success is attributable to the following competitive strengths:

First of all, the Group published an extensive portfolio of games and established successful partnerships with a significant number of publishers. During the Track Record Period, the Group co-published over 320 third party games including PRG, SLG, causal games and others.

With the business practice of co-publishing an extensive game portfolio of mobile games with wide coverage of game genres, the Group enjoyed the flexibility to select and focus on co-publishing third party games with relatively higher profitability and cease to publish games which do not meet its expected market reception, which in turn will diverse and mitigate its risk and generate stable revenue in its game publishing business.

The Group also successfully established partnerships with more than 120 mobile game publishing partners including third party publishers and service providers.

Second, the Group is an integrated major mobile game publisher and developer in China.

The Group is also committed to devoting its resources to develop its self-developed games and it had developed 22 mobile games since the commencement of its mobile game development in 2015 and up to the 21 June 2020. In addition to providing publishing services to third-party publishers as co-publisher for their third party mobile games, the Group has also published two of its self-developed proprietary games, namely Hollow Storm and Princess in Distress during the Track Record Period and launched one self-developed game, namely Stratagem in the Three Kingdoms in February 2020.

Third, the Group possesses game development capabilities and talent. It believes that its experience and proficiency in identifying and targeting potential users, converting active users into paying users, and responding keenly to industry changes and user behaviour patterns help promote the Group's game developed in-house. As at 21 June 2020, the Group development team consists of 62 employees, 15 of whom had more than five years of experience in the mobile game industry.

Last but not least, the Group has a management team with extensive experience in the mobile game industry. With the experience of its senior management team, the Group is able to be more player-oriented and innovative to meet the ever-changing demand from players. Under the management team's leadership and vision, the Group aspires to further expand its business in the mobile game industry in China and to ensure further sustainable growth.

Mr. Sui Jiaheng, the Chairman of the Board and an Executive Director of Sino-Entertainment Technology Holdings concluded, "We are pleased to witness this significant milestone in the Group's history. Through our listing on the Main Board of HKEx, we will tap into the international capital markets. This will not only broaden our capital and shareholder base, but will also provide us with capital to fund our expansion plan, which will finally strengthen our position in the industry and further enhance our competitive advantages, thereby driving the Group's long-term development."

"Looking ahead, we will be devoted to further develop and strengthen our position in the mobile game development and publishing industry in China. We will strive to capture the rapidly growing mobile game industry in China by expanding our game development capabilities and coverage and increasing the number of our self-developed games that we launch into the market. In addition, we will further strengthen our publishing capabilities by expanding our third party game portfolio and diversify our revenue sources by placing our business focus on both development and publishing of mobile games."

Factsheet

Details of Global Offering:

Number of Offer Shares: 100,000,000 Shares comprising 76,000,000 new
Shares and 24,000,000 Sale Shares (subject to the Over-allotment Option)
Number of Hong Kong Offer Shares: 10,000,000 Shares (subject to adjustment)
Number of International Offer Shares: 90,000,000 Shares comprising 66,000,000 new Shares and 24,000,000 Sale Shares (subject to adjustment and the Over-allotment Option)
Offer Price Range: From HK$1.63 to HK$1.87 per Offer Share
Board Lot Size: 2,000 Shares
Nominal Value: US$0.0001 per Share
Public Offer Period: 9:00 a.m. on Tuesday, 30 June to 12:00 noon on Monday, 6 July 2020
Announcement of Allotment Results: Tuesday, 14 July 2020
Expected Listing Date: Wednesday, 15 July 2020
Stock Code: 6933.HK

Use of Proceeds:

The aggregate net proceeds from the Global Offering (after deducting underwriting fees and estimated expenses payable by the Group in connection with the Global Offering), assuming an Offer Price of HK$1.75 per Offer Share, being the mid-point of the indicative Offer Price range of HK$1.63 to HK$1.87 per Share, will be approximately HK$99.8 million. The Group currently intends to apply the net proceeds from the Share Offer in the following manner:

Use of Proceeds / % of Net Proceeds
Enhance game development capabilities and expand game portfolio: Approximately 33.1%
Strengthen publishing capabilities: approximately 46.1%
Establish an integrated game distribution platform: Approximately 13.7%
Expand geographic coverage and build international user base: Approximately 7.1%

Track Record:

RMB '000 For the year ended31 December
FY2017 FY2018 FY2019
Revenue 107,267 151,214 187,710
Gross profit 40,000 57,015 75,813
Gross profit margin 37.3% 37.7% 40.4%
Profit for the year 31,454 39,391 50,500
Net profit margin 29.4% 26.1% 26.9%
Listing expenses - 4,810 11,145
Adjusted Profit by excluding listing expenses 31,454 44,201 61,645



Copyright 2020 ACN Newswire. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/english/59938/