TOYOTA、東京オートサロンにて“GRヤリス”を世界初公開

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、2020年1月10日(金)から12日(日)の3日間*1、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される東京オートサロン2020において、“GRヤリス”を世界初公開*2します。GRヤリスは、GRスープラに続く、TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)が展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第2弾です。

TGRは、モータースポーツ活動を通じてクルマを鍛え、人を鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んでおり、国内外を問わず、草の根から世界選手権まで幅広い競技に参戦しています。中でも、FIA世界ラリー選手権(以下、WRC)においては、2017年に参戦復帰し、昨年はマニュファクチャラー選手権、今年はドライバーおよびコ・ドライバー選手権などのタイトルを獲得しました。TGRがWRCで学び・鍛えた知見を惜しみなく投入したモデルがGRヤリスです。世界初公開に先がけ、マスタードライバーでもあるモリゾウこと社長の豊田章男が最終テストを行った映像を本日より公開いたします。また、12月15日(日)に富士スピードウェイで開催するTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019*3ではテストカーによる走行を実施予定です。

なお、東京オートサロンではGRヤリスに加え、WRC2020年参戦車両やGR PARTS装着車両、GRスープラではGT4車両、Super GT参戦車両、GR PARTS装着車両を展示予定です。他にもコンセプト車両“86 BLACK LIMITED Concept”や、TS050 HYBRID 2019年ル・マン優勝車両などのモータースポーツ車両の展示や、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの2020年新体制*4とGRヘリテージパーツプロジェクト*5の発表も予定しています。

出展車両やブースについての紹介は、TOYOTA GAZOO Racing Webサイトで随時公開いたします。

URL https://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30485673.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

エーザイ、人事異動ならびに組織改編を発表

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社は本日、人事異動ならびに組織改編(2019年12月10日付および2020年1月1日付)を以下のとおり発表しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/pdf/news201992pdf.pdf

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

NEC、セブン-イレブンの実験店舗に設備の稼働管理や棚定点観測サービスを提供

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - NECは、株式会社セブン-イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永松 文彦、以下 セブン-イレブン)が店舗の課題解決を目的に12月12日(木)午前7時にリニューアルオープンする実験店舗「セブン-イレブン麹町駅前店」(東京都千代田区)に対して、設備の稼働管理や棚定点観測サービスを提供します。

昨今、社会課題の継続的な変化に伴い、お客様のライフスタイルや嗜好は変わり続けており、求められる“コンビニエンスストア像”も絶えず変化しています。セブン-イレブンは、お客様にとって「心地よく使いやすいお店」、加盟店オーナーにとって「安心して経営できるお店」、従業員にとって「もっと働きやすいお店」を目指し本店舗での実験を行います。

NECはこれまで、マイクロ・マーケット(小規模商圏)への展開を目的とした省人型店舗「セブン-イレブン三田国際ビル20F店」において、NECの顔認証技術や画像認識技術などを活用したソリューションを導入し、お客様への新しい買い物体験の実現や従業員の省力化に向けた実証を行ってきました。(注1)

NECは今後も、セブン-イレブンが実施する最新の技術や設備の実験を継続的に支援する予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201912/20191211_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

大規模太陽光発電設備・電動車リユース電池を活用した蓄電システムを岡崎製作所に導入、三菱自動車・三菱商事・三菱商事パワー3社で連携

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内 威彦、以下三菱商事)および三菱商事パワー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩﨑 芳博、以下三菱商事パワー)が提供するエネルギーソリューションサービスを、三菱自動車の電動車主力工場である岡崎製作所(愛知県岡崎市)に導入します。

このエネルギーソリューションサービスは、三菱商事および三菱商事パワーが、屋根置き太陽光発電設備と車載用リユース電池を活用した蓄電システムを設置し、再生可能エネルギーの積極導入を通じたCO2削減を推進するもので、non-FIT*1自家消費型の屋根置き太陽光発電サービスとしては国内最大級の規模となります。

エネルギーソリューションサービス概要
三菱商事および三菱商事パワーがエネルギーソリューションサービスの一環として設置する太陽光発電設備*2は2019年10月に着工、2020年5月に稼働予定であり、初期設置容量は約3MW(年間発電量:3GWh)ですが、順次、追加増強して再生可能エネルギーの発電量を増やしていく計画です。発電した電力は三菱自動車が岡崎製作所で使用し、電動車をより低炭素・クリーンに生産できる環境を整えます。三菱自動車は本サービスのスキームを利用することにより、電力料金の負担のみで、初期投資や設備保有をすることなく、太陽光発電設備によるCO2フリーな電力を利用できます。

また、蓄電システムは2020年度中に導入する計画で、岡崎製作所で生産、販売した「アウトランダーPHEV」のリユース電池*3を活用した最大1MWh容量のシステムを構築し実証することを予定しています。これら太陽光発電設備および蓄電システムにより、CO2排出量を削減(年間量約1,600CO2-t)すると共に、電力消費のピークカットを実現します。三菱商事および三菱商事パワーは将来的にVPP (バーチャルパワープラント)*4として蓄電システムを活用することも検討、地域の電力供給系統の安定化への寄与を目指します。さらに、三菱自動車は、万が一の災害等非常時の停電の際には、近隣地域の避難所となる体育館に本設備から電力を供給することで、岡崎製作所のみならず地域の皆様の災害対応にも貢献していきます。

三菱自動車、三菱商事、三菱商事パワーは、再生可能エネルギーの導入拡大に努めてまいります。異常気象の頻発等が見られ、地球規模での気候変動への対策が求められる中、再生可能エネルギーへの転換によって事業活動における温室効果ガスの排出を削減することは多くの企業にとって喫緊の課題です。

三菱自動車は、2009年に世界初の量産型電気自動車「i-MiEV」を販売して電動車市場の扉を開け、その後は電動車の電源活用を体感できる次世代店舗「電動ドライブステーション」を展開するなど、環境にやさしく、災害へも対応可能な電力有効活用社会「電動ドライブ社会」の構築を目指しており、今回の取り組みは、再生可能エネルギーへの転換、電動ドライブ社会の実現の両方に寄与するものです。

また、三菱商事及び三菱商事パワーは「再生可能エネルギー等の環境負荷の低い電源とデジタル技術を組み合わせ、電力の安定供給に貢献するだけでなく、需給調整機能など顧客に対して新たな付加価値を提供する」ことを通じて、経済価値・環境価値・社会価値の向上を目指しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5394.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

アストラゼネカと日立がCOPD発症の経緯や予後に関する共同研究提携に合意

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)は、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:東原 敏昭、以下、日立)と、慢性閉塞性肺疾患(COPD)発症にいたる経緯および発症後の予後に関する共同研究:ArtDeco Studyの提携に合意しました。

今回の共同研究では、日立が持つ数万人の健康診断データ(喫煙歴、スパイロメトリーによる肺機能検査データ、咳・痰に関する問診票等)を基に、COPDのリスク因子解析を行います。本共同研究において、アストラゼネカはCOPDに関する知見から、研究デザインおよび解析プロトコルを作成し、日立は保有する先進的な分析技術やAIを用いてデータを解析します。

健常者がCOPD発症にいたるまで、さらにはCOPD患者さんの予後について、長期間にわたり追跡した研究は、日本においてほとんど報告がなくエビデンスが限られています。本研究によりCOPDリスク因子や健常者がCOPDを発症するまでの特徴的パラメーターが同定されれば、発症確率の高い人の特定と発症予防を目標とした生活習慣の改善や早期受診の促進が可能になります。なお、本共同研究の結果は、来春に論文発表する予定です。

日本人の40歳以上のCOPD有病率は8.6%、患者数は530万人と推定されていますが1、厚生労働省の患者調査によると実際に治療を受けている患者数は約26万人しかいません2。つまりCOPDであるにもかかわらず、500万人以上が未治療であり、多くの患者さんが罹患していることに気づいていない、正しく診断されていない、または正しく診断されていても適切に治療を受けていないことが考えられます。COPDは進行性の肺疾患で死に至る可能性もある疾患です。加えて、COPDまたは併存疾患による身体活動性の低下は、患者さんの健康寿命を侵害する可能性が高いため、早期発見、早期治療が必要です。

アストラゼネカは、「患者さんを第一に」というバリューを尊重し、患者さんのQOL向上につながる様々な取り組みを行っています。本共同研究から得られたデータの活用を通して、COPD患者さんの治療の早期開始および健康寿命の改善に貢献できるよう尽力してまいります。

日立は、ヘルスケア分野においてもAIなど先端的なITを活用したサービスを開発しており、実証実験などさまざまな取組みを精力的に実施しています。今回の共同研究を第一歩に、健康・医療に関するビッグデータ分析の知見を深め、健康・医療について先進的な取組みを継続するとともに、協創を通じて、革新的なITサービスの開発・提供を推進していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/12/1211.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

三菱重工サーマルシステムズ、自然冷媒CO2を用いた冷凍冷蔵コンデンシングユニットC-puzzleに40馬力タイプを開発

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都千代田区)は、自然冷媒のCO2(R744)を使った業務用ノンフロン冷凍冷蔵コンデンシングユニットC-puzzle(シーパズル)シリーズで、大容量モデルとなる40馬力タイプ「HCCV4001M」を開発しました。2020年夏に販売を開始します。フロン排出抑制法(注1)を受け、食品冷凍冷蔵関連分野でも一層高まるCO2冷媒製品に対する大容量化ニーズに対応したものです。フロン冷媒を使う既存ユニットからの更新需要を中心に開拓し、省エネおよび温暖化抑制などの環境負荷低減をサポートしていきます。

C-puzzleは、食品冷凍冷蔵倉庫の冷却熱源の装置として、2017年から10馬力タイプ(HCCV1001)および20馬力タイプ(HCCV2001M)をラインアップし、今回開発した40馬力タイプにより大型化への対応が可能となりました。40馬力タイプは、高効率・低騒音で好評を博しているスクロールとロータリーの圧縮機を組み合わせた独自のスクロータリー二段圧縮機(注2)を搭載した20馬力タイプ2機と、レシーバなどを収納した容器ユニットで構成されています。高さを統一し景観に配慮したデザインを採用する一方で、これらの機器を分離した構成とすることで多様な狭所物件にも対応できる自由な設置性と設置面積の省スペース化を実現しています。また、小容量機を複数で設置した場合と比較し、施工配管の簡素化を可能としています。

C-puzzleが採用しているCO2冷媒は、地球温暖化係数(GWP)が1で非常に低いため温暖化抑制にも大きく寄与します。2016年10月にルワンダの首都キガリ(Kigali)で採択された「モントリオール議定書」の改正(キガリ改正)では代替フロンの生産および消費量の段階的削減が義務化され、気候変動防止に向けた取り組みが世界を挙げて強化されています。

この流れを受け、日本でも行政を中心に自然冷媒の普及促進策が活発化し、現状は2割程度にとどまっている冷凍冷蔵市場における自然冷媒導入が加速しています。特に、冷凍冷蔵倉庫に隣接する小倉庫だけでなく、冷凍冷蔵倉庫そのもの向けの設備更新需要も見込まれるなど、事業領域拡大が期待されています。

三菱重工サーマルシステムズは今後も、低GWP冷媒を使った高性能製品や自然冷媒製品の拡充に注力し、グローバル市場での地球環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/191211.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Honda、「HondaJet」の中国での引き渡しを開始

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - Hondaの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニー(本社:米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市 取締役社長:藤野 道格)は、現地時間2019年12月10日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company, LLC 以下、HACI)は、「HondaJet」の最新型である「HondaJet Elite」の中国での引き渡しを開始しました。

HACIは、今年8月、中国民用航空局 (Civil Aviation Administration of China) からHondaJet Eliteの型式証明を取得しており、この度、HACI本社にて、中国におけるディーラー「HondaJet China」への初号機引き渡しを行いました。

HondaJet Chinaは、ホンサン・ジェネラル・アビエーション(Honsan General Aviation Co., Ltd. 以下、ホンサン)により運営され、2018年1月より広州白雲国際空港に拠点を置き、中国における販売および各種サービスを行っています。

HondaJet Eliteは、Honda独自の主翼上面エンジン配置やGE Hondaエアロ エンジンズ※1製「HF120」エンジン搭載に加え、エンジンの新ノイズ低減インレット構造、最新のアビオニクスシステムや安全性制御技術などを採用した先進の小型ビジネスジェット機で、クラス最高水準※2の最高速度、最大運用高度、航続距離、燃費性能、広い客室および大容量の荷物室を実現しています。小型ビジネスジェット機カテゴリーにおいて、2017年と2018年に2年連続でデリバリー数世界No.1※3を達成し、現在、約140機のHondaJet、HondaJet Eliteが世界中で運用されています。

ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長 藤野 道格のコメント
「中国でのデリバリーを開始したことはHACIにとって大きなマイルストーンです。中国のお客様にも小型ジェット機での移動によるさまざまな優位性を広く知っていただき、HondaJetの優れた性能により、効率的かつ快適な移動手段を中国においても提供していきたいと思います。また、中国のジェネラル・アビエーション市場が着実に発展する中で、HondaJetが新たな価値を生み出すことを期待しています」

HondaJet China社長 銭誠氏のコメント
「本日、中国へのHondaJet Elite初号機の引き渡しが行われたことは、HondaJetが中国市場に参入する大きなステップです。ホンサンは機体の運用およびメンテナンスにおいて、中国のお客様に素晴らしいサービスを提供していけると確信しています。HondaJetの優れた性能で、中国のビジネスジェット市場をさらに成長させていきます」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/c191211.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ソニー・ピクチャーズ テレビジョンが、子ども向けメディア企業Silvergateの買収により、子ども向けコンテンツ事業を強化することを発表

TOKYO, Dec 11, 2019 - (JCN Newswire) - 本日、ソニー・ピクチャーズ テレビジョン(以下、SPT)は、独立系メディア企業 Silvergate Media(以下、Silvergate)について、Silvergate の経営陣及びロサンゼルスを拠点とする投資会社である Shamrock Capital からの買収を発表しました。Silvergate は、ロンドンとニューヨークにオフィスを持ち、子ども向けアニメーションの開発・制作とライセンスの提供をしています。

Silvergate は、2011 年 10 月に未就学児童向けの 2 つのコンテンツの権利を取得して設立され、過去数年にわたり、子ども向けの IP を大幅に拡大しました。また、Silvergate は中国でのビジネスに強く、中国の大手企業と協力し、IP を効果的に収益化しています。

引き続き、Silvergate の CEO はワヒード・アリ、会長はウィリアム・アスターが務めます。

本買収により、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下、SPE)はSilvergate Topco Limited の 100%の持分を取得しました。Silvergate Topco Limited の資産には、アニメーション「Octonauts」(日本語版は「すすめ!オクトノーツ」)の権利を保有し北京に拠点を置く Wanda Group との合弁会社に対するSilvergate の 49%の持分が含まれています。また、SPE は、Silvergate の「ピーターラビット」テレビシリーズを制作する Silvergate BP Bidco Limited の少数持分も取得しており、残りの過半数の持分についてはワヒード・アリが引き続き保有します。なお、本買収の対価は約 195 百万米ドルです。

ソニー・ピクチャーズ アニメーションがアニメーションのテレビシリーズにも事業を拡大することを発表していますが、SPT も事業の多様化と重要なジャンルの強化を戦略としており、今回の買収もその一環です。

SPT 会長 マイク・ホプキンスのコメント「価値のある子ども向けコンテンツの IP を獲得し、私たちの事業領域を拡大できることを嬉しく思います。 Silvergate は、子ども向けコンテンツの事業を拡大するうえで、強力な基盤となります。」

Silvergate CEO ワヒード・アリのコメント「SPT のメンバーとなり、SPT のクリエイティブチームに参画できることを楽しみにしています。 2020 年に向けて、いくつかのエキサイティングな新シリーズも準備しており、新しく強力な作品を提供する予定です。」

Shamrock Capital パートナー ウィル・ウィンパール氏のコメント「今回の買収は、Silvergate のチームにとってエキサイティングな新しい章の始まりです。過去数年にわたり、同社はブランドのポートフォリオを大幅に成長させており、その多くはグローバルに展開されています。過去数年間 Silvergate と仕事ができたことは、我々にとってもすばらしい経験でした。Silvergate のチームはSPT との新しいパートナーシップに大いに期待しています。」

Silvergate で現在制作中の作品:「Octonauts」の新作 3 本(70 分映画 2 本、44 分のミュージカル)、「Hilda」のシーズン 2 と 70 分映画、新番組「Made By Maddie」のシーズン1、「Sunny Day」のシーズン 2、新番組「Monkey with a Toolbelt」のシーズン1、Netflix 及び新 Disney シリーズ向けの新番組「Creature Cases」

本買収では、Alvarium が Silvergate Media のフィナンシャルアドバイザー、Foot Anstey LLP が Silvergate Media の法律顧問を務めました。 また、Latham&Watkins が SPT の法律顧問を務めました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/news/20191211_J.pdf

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ユーシーカードと日立、生体情報の暗号化技術「PBI」を活用した安全なキャッシュレス決済の実証実験を実施

TOKYO, Dec 10, 2019 - (JCN Newswire) - みずほフィナンシャルグループの一員であるユーシーカード株式会社(代表取締役社長:北嶋 信顕/以下、ユーシーカード)と株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、生体情報を暗号化して登録・照合する「公開型生体認証基盤(PBI*1)」を活用した、指静脈認証による、安全な手ぶらでのキャッシュレス決済の実証実験を2019年12月12日から順次開始し、2020年3月末まで実施します。

本実証実験では、ユーシーカードおよび日立の社員、数百名を対象に、クレジットカード番号と指静脈情報を紐付けるユーザー登録をしたのち、ユーシーカード加盟店である飲食店など複数店舗において、指静脈認証のみで決済を行います。複数の店舗における、クレジットカード番号に紐付けた指静脈認証決済は、国内初の取り組みとなります。

ユーザー登録は、ユーシーカードが発行するカードのみならず、世界中で発行されているVisaまたはMastercardのロゴ付きのカードであれば対応可能です。本格展開の際には、会員制ホテル・リゾート、アミューズメント施設やフィットネスジム、年々増加する訪日外国人旅行客が利用する施設などを対象に、手ぶらでのキャッシュレス決済サービスの普及をめざします。

近年、キャッシュレス社会の実現に向けて、さまざまな取り組みが推進されています。2018年4月に経済産業省が策定した「キャッシュレス・ビジョン」では、全国平均約20%のキャッシュレス決済比率を、2025年に向けて40%まで引き上げる目標を掲げています。

今後さらにキャッシュレス決済を普及させるためには、カードやスマートフォンなどの決済媒体の紛失・盗難による不正利用や、ID・パスワード・暗証番号の失念などのリスクへの対応が求められており、より利便性が高く安全な認証手段として、生体認証への期待が高まっています。

本実証実験では、新たに、クラウドサービス上にPBIを活用した指静脈認証システムを構築します*2。そのため、店舗側で新たなシステム構築を行うことなく、タブレット端末と指静脈認証装置を設置するだけでサービスを始めることが可能です。従来、クラウドサービス上で生体認証を利用するうえでは、個人情報であるユーザーの生体情報の漏えいリスクが課題でしたが、今回のシステムでは、生体情報を復元困難な形に暗号化して登録・照合するPBIを用いることで、生体情報自体をクラウド上に保存する必要がありません。また、クレジットカード情報と暗号化された生体情報は別々に保管される仕組みとなっており、情報漏えい防止の観点においても十分強化されたセキュリティ対策を施しています。

これらにより、店舗側の負担を最小限に抑えるとともに、ユーザー側も一度の情報登録のみで、複数の店舗で、安全かつ迅速な手ぶらでの決済が可能となり、双方の利便性向上と、クレジットカードの不正利用・なりすましなどの防止を実現します。

なお、本実証実験においては、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(代表取締役社長:相浦 一成)の決済代行サービスを利用します。

ユーシーカードと日立は、本実証実験により、PBIを活用した指静脈認証による手ぶらでの決済の有用性や、消費者の利便性、改善点などを検証・調査の上、2021年3月末までに本格展開をめざします。今後もさまざまな分野における決済サービスの提供などを通じて、より安全・安心で便利なキャッシュレス社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/12/1210.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

デンソーとトヨタ、世界のモビリティに革新を与える半導体開発に向け、新会社「MIRISE Technologies」始動へ

TOKYO, Dec 10, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社デンソー(以下デンソー、本社 : 愛知県刈谷市、社長 : 有馬 浩二)とトヨタ自動車株式会社(以下トヨタ、本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田 章男)は、来年4月を目標に設立準備を進めている次世代の車載半導体の研究および先行開発を行う合弁会社の名称を「MIRISE Technologies」(以下MIRISE)に決定しました。

「MIRISE Technologies」とはMobility Innovative Research Institute for SEmiconductor Technologiesの頭文字です。また、“未来”と“RISE(上昇)”を組み合わせた意味も含めています。社名には、世界のモビリティに革新を与える半導体開発を行い、未来をもっと進化・向上させていきたいという使命・熱い思いを込めました。あわせて、代表取締役社長には加藤 良文が就任することも決定し、MIRISEの2030年の目指す姿および2024年中期方針を以下のように定めました。

2030年の目指す姿
豊かな環境、安全と心地よさを合わせ持つモビリティ社会が実現され、そのコアをMIRISE Technologiesの半導体エレクトロニクスが担っている。

2024年中期方針
MIRISEは、トヨタの持つモビリティ視点、ならびにデンソーが培ってきた車載視点での知見を掛け合わせることで、クルマ軸と部品軸の両輪で、電動車両や自動運転車両の技術革新の鍵となる次世代の車載半導体を、より早期に開発していく。

MIRISEが取り組む技術開発領域は、(1)パワーエレクトロニクス、(2)センシング、(3)SoC(System-on-a-Chip)です。パワーエレクトロニクス領域においては、トヨタおよびデンソーがハイブリッドカーを中心とした電動化技術で蓄積してきた半導体材料・製造・設計技術を強みに、主に内製(委託製造も含む)を目指した研究開発を行います。センシング領域においては、内製に加え共同開発先との協業なども想定した開発を行っていきます。また、SoC領域においては、将来のモビリティに最適なSoCの仕様を明確化する機能を強化していきます。

これらをスピーディーかつ競争力のある体制で実現すべく、大学、研究機関、スタートアップ企業、半導体関連企業などとの連携協議を開始していきます。また、半導体技術者の採用を強化してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/30977710.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

2019年大中華地區IR Magazine論壇暨頒獎典禮公佈大中華地區IR Magazine獎項得獎名單

HONG KONG, Dec 10, 2019 - (亞太商訊) - 2019年大中華地區IR Magazine頒獎典禮 (https://events.irmagazine.com/greaterchina/)於12月6日在香港舉行,共頒發25個獎項,表揚投資者關係行業內優秀的從業員,出色的人才與創新思維。IR Magazine謹此恭賀本年度的得獎者及獲提名者。


2019年大中華地區IR Magazine獎項得獎者


IR Magazine亦特別恭賀華潤啤酒勇奪四個獎項,包括「中國最佳投資者關係大獎」、「最佳投資者關係獎:消費品」、「最佳整體投資者關係大獎(大型企業)」及「最佳投資者關係人員大獎(大型企業)」。緊隨其後的是遠東發展,榮獲三個獎項,包括「香港最佳投資者關係大獎」、「最佳整體投資者關係大獎(小型及中型企業)」及「最佳投資者關係人員大獎(小型及中型企業)」。亦有數家企業榮獲兩個獎項,包括貿聯控股、中國聯通及中華電力。欲獲取得獎者名單,請按這裡:
https://events.irmagazine.com/greaterchina/wp-content/uploads/sites/21/2019/12/GRC19-List-of-winners-for-the-website.pdf

有關獎項的甄選方法及得獎者的評選標準,研究組請按:https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/researched-awards/,
自薦組請按這裡:
https://events.irmagazine.com/greaterchina/#/home/awards-categories-self-nomination/

縱橫公共關係顧問集團為2019年大中華地區IR Magazine論壇暨頒獎典禮的大會公共關係合作夥伴。

是次活動的贊助商:
Andrews Partnership
Citi Depositary Receipts Services
Citigate Dewe Rogerson
CorpXSasia
EQS Group
Euroland IR
偉達公共關係顧問公司
IHS Markit
Intrado Digital Media
Nasdaq Corporate Solutions
OTC Markets Group
縱橫公共關係顧問集團

欲知詳情,請瀏覽 www.irmagazine.com/greaterchina

關於《IR Magazine》
《IR Magazine》於1988年成立,是唯一一份專注於企業與投資者關係的全球性刊物。

《IR Magazine》協助從事投資者關係的專業人士達致更高的效率,為工作表現定下基準以及加強與國際投資者關係界的聯繫。除撰寫文章、研究報告和投資者感知研究外,《IR Magazine》同時也在全球舉辦各種活動,如頒獎典禮、智庫組織及線上會議。

欲知詳情,歡迎瀏覽我們的網站 www.irmagazine.com 或透過Twitter @IRMagazine 及LinkedIn: IR Magazine與我們聯絡。.

新聞垂詢:
縱橫財經公關顧問有限公司
龍肇怡 / 黃柏怡
電話: +852 2864 4867 / 2864 4870
郵件: cindy.lung@sprg.com.hk / andrea.huang@sprg.com.hk
網頁: www.sprg.asia



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/56191/

NEC、「AI品質ガイドライン」を策定し、AIシステムの構築・開発に適用

TOKYO, Dec 10, 2019 - (JCN Newswire) - NECは、AI(機械学習)を活用したシステムの品質を担保するための「NEC AI品質ガイドライン」を策定しました。本ガイドラインは、NECがこれまで手掛けたAI案件で適用してきたルールをまとめ、社内で実プロジェクトでの実証をもとに策定したものです。本ガイドラインは、NECグループ会社5,300人が集い情報交換・共有を行う「NEC Data Analyst Community」(注)で共有し、2020年4月以降のAI案件に適用していきます。

本ガイドラインは、従来型のソフトウェア品質保証だけでは対応できない、AIシステムの品質を担保することが目的です。AIシステムの構築・開発では、演繹的ではなく帰納的な手法で進める必要があり、開発の際に試行錯誤を伴います。しかし、テストやレビューなど、品質の十分性を測定する技法が無く、AIエンジンの仕様や分析結果を出すまでの過程について、人間による解釈が困難な場合もあり、従来のソフトウェア品質保証に関するガイドラインだけでは対応が困難でした。

NECはこれらの対応に必要なAI応用システムの開発経験と、従来のソフトウェア品質保証のスキルを両立できる高度なスキルセットを有しています。今回、その両方の観点からNECのノウハウを本ガイドラインにまとめ、今後のAIシステム開発を下支えできるようにしました。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、 NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201912/20191210_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

富士通、北海道広域で観光客などの人の流れをIoTで可視化する実証を開始

TOKYO, Dec 10, 2019 - (JCN Newswire) - 当社は、小樽観光協会(会長:西條文雪)をはじめ北海道内の複数の観光協会や企業と共同で、北海道後志地方の小樽市、余市町、倶知安町、岩内町、ニセコ町、積丹町、神恵内村、および札幌駅周辺、新千歳空港内の3市6町村において、当社製Wi-Fiパケットセンサーを活用し観光客など人の流れを可視化・分析する実証実験を12月10日より開始します。

本実証では、北海道後志地方、札幌駅周辺、新千歳空港内の各エリアに設置した計40台のWi-Fiパケットセンサーで、訪れた観光客などが所有するスマートフォン(Wi-Fi機能オンの状態)の固有IDを、データを匿名化した上で収集するとともに、収集データをグラフなどで可視化し分析します。

小樽観光協会などの実証協力団体および企業は、本収集データをもとに、観光客などの人の数や流れ、混雑状況や移動ルートなどを分析することで、今後の観光施策や各種事業の効果検証などに活用していく予定です。

北海道後志地方は、札幌駅や新千歳空港からのアクセスが良く、人気の観光地が複数あるため、観光客数が年々増加しており、後志地方の小樽市、余市町、倶知安町、岩内町、ニセコ町、積丹町、神恵内村における2018年度の観光客数は合計約1,383万人(「平成30年度北海道観光入込客数調査報告書」より)に上ります。一方で、各地点の観光客の移動ルートや滞在時間などを詳細に把握し、多様化する観光客のニーズや嗜好を踏まえた、より効果的な観光施策や事業立案、またそれらの効果検証が課題になっています。

当社は、これらの課題を解決するため、小樽観光協会をはじめとした複数の北海道内の観光協会や企業と共同で、3市6町村における観光客などの人の流れを可視化し分析する実証実験を行います。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/12/10.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

エーザイ、筑波研究所の大規模改修工事を開始

TOKYO, Dec 10, 2019 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、当社の中期経営計画 EWAY2025 実現に向けた戦略投資の一環として、筑波研究所(茨城県)の大規模改修工事の起工式を開催したことをお知らせします。

筑波研究所は、1982 年の開所以来、約 40 年の間に「アリセプト(R)」、「パリエット(R)」、「レンビマ(R)」、「フィコンパ(R)」などの革新的新薬を創出するなど、当社におけるイノベーション創出を牽引してきました。筑波研究所が当社のグローバル創薬センターとして、次世代のイノベーション創出においても、中心的な役割を果たし続けるため、"Human Connected Laboratories :人と人、人とデータ、人と世界がつながる研究所"をキーコンセプトとして、大規模改修を行います。本改修により、研究員一人ひとりが患者様、研究所内の他のメンバー、世界の研究拠点や社外の研究者とつながり、かつ、より一層のデジタル化の時代に対応していく環境を整備することで、さらなる知の循環(ナレッジ・サーキュレーション)の加速をめざします。

[患者様とのつながり]
当社グループでは、世界中の社員が就業時間の 1%を用いて患者様と共に過ごすこと(共同化)で、患者様の喜怒哀楽を知り、患者様価値の創出につなげる取り組み(hhc 活動)を実施しています。研究所におけるより緊密な患者様との共同化を可能とする場を新設するなど、コミュニケーション増進に向けた整備を行います。

[研究所内のつながり]
筑波研究所内における知の交流を促進するとともに、研究員の効率性を高める働き方をサポートするため、居室や研究棟間の動線の円滑化に向けた改修、多様な共創の場の構築などを行います。

[世界とのつながり]
海外拠点とのスムーズなやりとりが可能となる会議室環境の整備などを行うとともに、社外パートナーとの交流を促進するための設備の整備も行います。

[データとのつながり]
筑波研究所全体で保有する研究機器の有効活用を促進する機器配置を可能とする改修を行うとともに、さらなるデータドリブン、デジタル化に対応可能な安全かつ拡張性、可変性を有する施設構築を行います。

本工事は環境に配慮し、解体・新築と比較して、大幅な資源の有効活用が可能となる改修工事として実施します。また、エネルギーマネジメントシステムの導入なども実施する予定です。改修工事は、研究機能を維持しつつ段階的に実施し、最終的な竣工は 2022 年度を予定しています。

筑波研究所は、当社が重点領域としている神経領域およびがん領域の創薬研究における中心的研究所であるとともに、顧みられない熱帯病をはじめとするグローバルヘルスへの貢献をめざした創薬活動も行っています。また、デジタル技術による創薬のパラダイムシフトを起こすべく、Data Driven Drug Discovery & Development(5D 創薬)の拠点としても中心的役割を果たしていきます。これらの取り組みにより、当社は創薬活動を加速し、アンメット・メディカル・ニーズの充足と患者様とそのご家族のベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201991.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Colt連結亞洲阿里雲,提供企業基於雲的數碼轉型策略

Tokyo, Japan, Hong Kong, Singapore, Dec 10, 2019 - (亞太商訊) - 領先的敏捷及按需高寬頻連接解決方案供應商Colt Technology Services今日宣佈,提供安全可靠的私有網絡連接雲端服務供應商(CSP’s)的Colt專用雲存取(DCA)服務,現在亦在日本、香港和新加坡支援連接阿里巴巴集團的數據智能骨幹業務「阿里雲」。

阿里雲是亞太區域最大、世界前三大的公用雲服務供應商,現已納入Colt在該區域的雲服務供應商夥伴之一。Colt — 專用雲存取(DCA)的雲連接服務 — 提供客戶安全可靠的私有網絡服務,連接數據中心或辦公地點與雲服務供應商。相比使用互聯網與Colt的DCA連接,專雲連接客戶更可降低網絡成本、增加寬頻吞吐量,並實現更一致的網絡體驗。

阿里雲以其彈性吸引企業,可支持多樣化的IT基礎架構要求、產品組合完整性,以及可靠且可擴展的網關讓企業在中國擴展業務。阿里雲提供包括穩定網絡ICP支援以及針對網絡攻擊的防範等多樣化服務,以幫助國際企業在進入中國發展和擴展業務時有充分準備。憑藉其獨特的服務提供和先進的安全功能,阿里雲為雲遷移和敏感數據的保護上提供了領先的解決方案。

Colt總裁及亞洲區域執行官日置健二表示:「我們很榮幸宣佈推出直接連結阿里雲的服務。我們了解國際企業向環球(尤其是向中國)擴張的重要性。通過提供直接和阿里雲這樣創新、環球的雲服務供應商間直接連接的服務,我們能進一步支援客戶的業務擴展,並和客戶合作進行以雲為基礎的數碼轉型策略。」

阿里雲港澳韓區域總經理劉彬星先生表示:「我們非常高興Colt擔任我們的NSP合作夥伴。阿里雲已經在亞洲超過13個地區建立業務,能與Colt等可靠的雲連接服務供應商合作是我們成功的一個重要關鍵。我們期待通過合作實現進一步的數碼轉型。」

阿里雲為環球企業提供全面的雲計算服務套組,讓商家可在包括阿里巴巴集團的網上商城、新創企業、企業和公共服務上推展業務。

關於Colt
Colt旨在透過敏捷及按需高頻寬解決方案,引領客戶進行數碼轉型。Colt IQ Network連結了歐洲、亞洲和北美鉅型商業中心中超過900間數據中心、超過27,500棟網內建築,並且不斷增長。

Colt打造了客戶優先的企業聲譽,旗下客戶包括遍及超過30個國家中逾213個城市的數據密集型企業。Colt是軟體定義網絡 (SDN) 與網絡功能虛擬化 (NFV) 方面公認的創新者與先驅。作為私營公司,Colt乃是所屬行業中財務最穩健的企業之一,以最具競爭性的價格提供最佳客戶體驗。更多的訊息,請瀏覽:www.colt.net.

媒體聯絡人:
Henry Chow/ Matthew Schultz
Think Alliance Group for Colt
電話:+852 3978 5323
電郵:colt@think-alliance.com

Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/56184/

デンソー、カナダ集団民事訴訟の和解について

Aichi, Japan, Dec 9, 2019 - (JCN Newswire) - 当社及び当社の一部連結子会社は、カナダにおいて提起されておりました集団民事訴訟につき、この度、下記のとおり和解に合意しましたのでお知らせいたします。

1.訴訟の提起から和解に至るまでの経緯
当社および当社の一部連結子会社は、自動車部品に関する独占禁止法違反により損害を被ったとして、2013年5月以降、カナダの一部の州で損害賠償を請求する集団民事訴訟を提起されておりましたが、この度、原告との交渉の結果、和解合意に至りました。尚、本和解につきましては、今後、裁判所により承認手続きが行われます。

2.和解の相手方
カナダにおいて当社ならびに他社製自動車部品を直接あるいは間接的に購入、またはこれらの自動車部品が搭載された車両を直接あるいは間接的に購入・リースしたと主張する個人・法人

3.和解金
25,162千カナダドル(約21億円)

4.業績に与える影響
本件に伴う当社業績への重要な影響はない見通しです。

独占禁止法の順守は、当社グループの重要な経営基盤のひとつです。当社グループは、2010年2月の米国司法省による当社子会社への立ち入り調査を受けて以降、独占禁止法順守ルールをさらに厳格化し、ルールの周知・教育を強化するとともに、順法監査もより細緻に実施する等、独占禁止法順守の再徹底を図ってまいりました。現在は、完全な順法状態にあると認識しています。

今後も、これらの順法強化策を継続的に執行することにより、再発防止に万全を期し、お客様をはじめ、関係者の皆様からの信頼回復に努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2019/20191209-01/

概要:株式会社デンソー

詳細は www.denso.com/jp/ をご覧ください。




Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

網龍智慧教室解決方案亮相「非洲2019」會議 助力非洲國家實現教育創新與升級

HONG KONG, Dec 9, 2019 - (亞太商訊) - 全球領先的互聯網社區創建者 - 網龍網絡控股有限公司(「網龍」或「本公司」,香港交易所股份代號:777)欣然宣佈,本公司參加於當地時間11月22至23日在埃及首都開羅舉行的「非洲2019」會議,本次大會以「投資非洲」為主題。


網龍創始人兼董事會主席劉德建(前排左一)向埃及總統阿卜杜勒·法塔赫·塞西閣下(前排左三)介紹由網龍研發設計的智慧教室解決方案


埃及高層領導人和網龍管理團隊會面


網龍智慧教室解決方案亮相「非洲2019」會議


網龍的智慧教室解決方案、虛擬實驗室、普羅米休斯互動平板等數字教育產品在會議期間悉數亮相。埃及總統阿卜杜勒·法塔赫·塞西閣下(「塞西總統」)先後體驗智慧教室解決方案及普羅米休斯互動平板等非常契合非洲教育的產品。

會議期間,埃及高層領導人塞西總統、總理穆斯塔法•馬德布利博士和教育部長塔里克•舒基博士,與網龍管理團隊,包括創始人兼董事會主席劉德建、副董事長梁念堅博士、CEO熊立博士及高級副總裁陳宏進行會面。秉承著過往合作的經驗,雙方就未來在埃及實踐數字教育升級展開進一步探討。劉德建向塞西總統介紹了網龍在數字教育方面的創新成果,並表示很榮幸能成為參與埃及教育改革的一份子及在2019年有所成果。網龍會繼續秉持做教育的初心,讓埃及所有教師和學生都能享受前沿教育技術帶來的知識紅利。預計在2020年,網龍將為埃及提供智慧教室解決方案,有助解決眾多非洲國家目前面臨的教室容量不足等問題。

作為「一帶一路」沿線國家,埃及自2018年開始推行5年教育改革計劃以來,在全球範圍內積極尋求合作夥伴。網龍的全球教育業務佈局、出色技術及創新設計基因等條件,為埃及教育改革提供堅實的基礎。雖然埃及等非洲國家的基礎設施正不斷完善,但優質的教育資源仍未普及,教育公平仍面臨挑戰。智慧教室解決方案正是在這一背景下設計及誕生。它不僅搭載了普羅米休斯互動平板、Mobile Device Management、Edmodo Classroom等高科技軟硬件,而且還具備模塊化構造和設計靈活性,使其可被輕鬆運輸、快速部署和高度擴展。這些特點讓發展中國家和地區能以低成本普及優質教育資源。

今年初,埃及政府與網龍簽署合作諒解備忘錄,埃及計劃利用網龍現有的教學技術和設備,在三年內完成全國範圍內26.5萬間智慧教室的搭建。公司預計在2020年初將有100間智慧教室在埃及率先落地,未來也將覆蓋更多非洲國家。截止目前,已有1.1萬間埃及教室配備了普羅米休斯的互動平板,而明年還將在當地部署2.6萬台互動平板。

另外,網龍在近年「一帶一路」倡議下發起「IDEA非洲數字教育倡議」,得到越來越多非洲國家的積極響應。網龍正協助尼日利亞共建「N-Power項目」,尼日利亞政府計劃向網龍採購智慧教室解決方案產品,預計覆蓋該國50萬K-12學生。網龍的智慧教室解決方案產品能夠以快速、高效、低成本地解決該國特別是偏遠地區的教育資源配置不均等問題。同時,網龍還協助肯尼亞建設國家教育資源公共服務平台、國家教學社區網絡平台、國家數字人才培養平台及國家未來教育體驗中心,助力發展數字教育。今年5月,網龍也與加納政府簽署了數字化教育合作備忘錄,將為加納發展未來教育提供技術支撐。

「一帶一路」倡議正在釋放中非合作的巨大潛能。劉德建表示,網龍願以「數字教育」為基石,助力非洲國家實現教育創新與升級。公司也會繼續把握市場機遇,攜中國教育的技術、產品和服務走進更多「一帶一路」沿線國家,以實現網龍「打造全球最大的在線學習社區」的宗旨。

關於網龍網絡控股有限公司
網龍網絡控股有限公司(香港交易所股份代號:0777)是全球領先的互聯網社區創建者,在開發和擴展多個互聯網及移動平台方面擁有優良往績,覆蓋用戶數以億計,包括建立中國首個網絡遊戲門戶-17173.com及打造中國最具影響力的智能手機服務平台-91無線,91無線於2013年以19億美元出售給百度,此項重大交易是當時中國最大的互聯網收購合併項目。

網龍成立於1999年,成功自主研發多個著名的旗艦遊戲,包括《魔域》、《征服》和《英魂之刃》,是中國最具聲譽及知名度的網絡遊戲開發商之一。此外,網龍近年積極擴展在線教育業務,管理層秉承「打造全球最大的在線學習社區」的願景,旨在將「未來教室」普及至世界各地的學校。更多資訊請訪問 www.nd.com.cn。

如有投資者垂詢,敬請聯絡:
網龍網絡控股有限公司
周鷹女士
投資者關係高級總監
電話:+852 2850 7266 / +86 591 8390 2825
電郵:maggie@nd.com.cn
網站:ir.netdragon.com



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/56157/

日立、イタリア国立粒子線がん治療センターから陽子線がん治療システムを受注

TOKYO, Dec 9, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、イタリア共和国(以下、イタリア)のイタリア国立粒子線がん治療センター(Centro Nazionale di Adroterapia Oncologica/以下、CNAO)から、陽子線がん治療システム一式と保守事業を受注しました。本受注は、日立にとって、イタリアでは初、欧州では2例目です。

今回受注した陽子線がん治療システムは、がんの形状に合わせて陽子線を照射できるスポットスキャニング照射技術を搭載しており、高精度な陽子線の照射が可能です。

CNAOは、イタリア北部のミラノに近いパヴィアにある同国初の粒子線治療センターで、粒子線によるがん治療を行うことを目的とした世界的権威のある医療機関です。イタリア国内での粒子線治療の普及を推進しているイタリア政府が100%出資する非営利組織CNAO財団によって設立、運営されています。2011年から陽子線、2012年からは重粒子線の治療を行っており、今後さらなる治療と研究を進めるために新たな陽子線施設を建設します。

日立の粒子線がん治療システムは、世界的に著名な病院に納入されており、これまでに60,000名以上の患者が日立のシステムで治療を受けるなど、高い信頼性と実績を有しています。また、治療室が1室で都市部の限られた敷地内での設置を可能とするコンパクトシステムをはじめ、一つの加速器で陽子線と重粒子線の治療が可能なハイブリッドシステムなどお客さまのニーズにあわせたシステムを提供しています。

日立は今後、先進的な粒子線がん治療システムのグローバル展開をさらに加速させることで、人々のQoL向上や社会価値の向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/12/1206a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ソニー、IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE(TM)」のLTE拡張ボードを商品化

TOKYO, Dec 9, 2019 - (JCN Newswire) - ソニーは、2018年7月より販売を開始したIoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE(TM)」(スプレッセンス)の新たなラインナップとして、LTE拡張ボードを商品化し、2019年12月20日に発売します。IoT向け通信規格であるLTE-M(LTE Cat-M1)※1に対応することで、より多くのアプリケーションやシステムの開発を実現し、IoT市場のさらなる普及・拡大に貢献します。

現在、拡大しているIoT市場において、低通信コスト※2、低消費電力、広範な通信カバレッジを兼ね備えたLPWA(Low Power Wide Area)のソリューションが求められています。本商品は、当社の関連会社であるAltair Semiconductor製の低消費電力で小型のチップセットALT1250を採用し、LPWAの通信規格の一つであるLTE-Mに対応します。発売中のSPRESENSEのメインボードと組み合わせて使用することで、各種センサーからの情報やカメラからの画像を取り込み、エッジAIが認識処理して圧縮したデータをLTE-M通信網を利用して送信することで、LTE-Mの特長を活かした低通信コスト、低消費電力、広範な通信カバレッジなシステム、アプリケーションの開発が可能となります。

既存設備を活かしたIoT化の例

- 水道、電気、ガスメーター等のアナログメーターの数字や針位置を、発売中のSPRESENSEのカメラボードで認識し、LTE-M通信網を利用してサーバーに送信することで、検針作業の自動化を実現。

- 高音質なハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応のオーディオコーデックを内蔵するメイン ボードの特長を活かしバルブやファンの異音を認識し、LTE-M通信網を利用してリモートでの予知保全を実現。

また、従来の拡張ボードと同等の機能である、オーディオ入出力、GPIO、UART等のデジタル入出力、microSDカードスロットを搭載しています。

本商品のソフトウェアならびにハードウェアの技術情報は、専用サイトにて公開します。ソフトウェア開発環境は、「Arduino IDE」、「VSCode」等に対応し、幅広いアプリケーション開発を可能とします。また、本商品はオンラインならびに一部店頭での販売を予定しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201912/19-120/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

鄭州にて2019世界センサー技術創新フォーラム開催

Zhengzhou, CHINA, Dec 9, 2019 - (JCN Newswire) - 11月9日午前、世界センサー大会メインフォーラムー2019世界センサー技術創新フォーラムを開催しました。テーマは「世界を感知、未来を勝ち」、政府関係者、専門家や企業責任者などを招い、思想理論を交流し、実践案件を共有し、センサー技術の新技術や未来の発展傾向、スマート化製造に関する技術装置の発展を推進しました。




全米技術アカデミー(NAE)、マッキンゼー・アンド・カンパニーコンサルタントの陳向力博士は「次世代のスマート化製造発展戦略やセンサー技術」をテーマとして発表した。センサー技術の成熟度はスマート化製造を実現するための重要な要素の一つであり、もっとも発展が早いスマート化製造アプリケーションはセンサー技術にさらに創新させる役割を果たす。陳向力博士の発表はスマート化製造、デジタル運用の現状、傾向などから、新センサー技術開発の挑戦と機会を語った。

イタリアミラン理科大学のAlfredo Giacomo Cigada教授は「センサー:すべての測量システムの元」をテーマとして発表した。測量は我々の日常生活に欠かせないことであり、いろんな分野の測量に適する新型センサーは開発している。複雑な測量システムにセンサーを導入するために、センサーのすべての部分はシステムを融合しなければならない。システムの構造や機能に影響を与えないようにセンサーを正確な稼働を実現するために、センサーが発生するあらゆる問題を評価しないといけない。それらについて、Alfredo Giacomo Cigada教授は詳しく解説した。

日本パナソニック センサーCTO 今井寿教氏は「工場の自動化発展において、センサーの技術革新や展望」をテーマとして発表した。5Gの商用や人口知能の発展に伴い、IoT市場の需要は爆発、中国を含め世界的にセンサーは自動化、無人化に素早く発展する傾向がある。今井寿教氏はパナソニックの市場拡大に伴い、センサーの進化や自動化の需要が変化していく中で、パナソニックはどう創新や発展していくか、また次世代のセンサー技術発展や傾向について語った。

ドイツISCK CTO Shane MacNamara氏は「工業4.0からセンサーへの影響」をテーマとして発表した。Shane MacNamara氏はセンサーのスマート化とセンサー技術創新の具体例を挙げ、工業4.0の実現方法を紹介した。センサーは一つの接触点であり、工業4.0と接する重要なスタートラインです。デジタル化の発展に伴い、センサーはただの“感知”ではなく、“考え”も始める。センサーから取り入れたデータから、専門の知識から分析や処理を行い、生産のプロセスなどを推測することも可能になる。

中国工程院院士の倪光南は「次世代の情報技術やセンサー」をテーマとして発表した。ネットワーク情報技術は現在世界的に脚光を浴びる分野です。各国は膨大な経費と時間をかかり、最新技術を競争している。ソフトウェアは次世代の情報技術発展の原動力として、オープンソースはソフトウェア界の進歩に促進できる。我が国はさらにオープンソースを発展させ、オープンチップの発展に迎えるべきだ。将来的には、RISC-Vは世界主流のCPUの一つになれると考えられ、CPU業界には、Intel、ARM、RISC-Vの三分天下になるでしょう。

IEEEセンサー委員会理事、レザーセンサー研究センター主任、Lewis Elfed教授は「現代腫瘤臨床治療において放射測量の光ファイバーセンサー」をテーマとして発表した。Lewis Elfed教授はPOFを用いたミクロ光ファイバX射線センサーの制度の改良を紹介した。当時、POF放射センサーは,ミリ秒単位の反応でリアルタイム測量できたが、この業界の最新の発展には、サブマイクロ秒単位の反応ができるシステムが開発された。

最後、CCID ソリューションCEOの孫会峰氏は中国(鄭州)スマートセンサー戦略を発表した。

今回のフォーラムの開催では、世界的なセンサー技術、産業や応用に促進ができ、政、産、学、研、用、金、媒など各分野を提携し、センサーの発展に促進し、学術の交流、産業の推進や商品展示を促進した。河南省鄭州市のセンサー産業に対して、情報技術産業システムの構築や、産業転換、経済発展などの促進にとても重要なイベントである。

WSS project team, China Instrument and Control Society
www.china-wss.com





Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

シスメックスとエーザイ、血液による簡便なアルツハイマー病診断法の創出に向けた学術報告を発表

TOKYO, Dec 9, 2019 - (JCN Newswire) - シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒 以下「シスメックス」)とエーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤 晴夫 以下「エーザイ」)は、2019年12月4日から7日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された第12回アルツハイマー病臨床試験会議(Clinical Trials on Alzheimer's Disease: CTAD)において、両社が共同で開発を進めている、血液を用いたアルツハイマー病(以下「AD」)診断法に関する最新データとして、シスメックスのタンパク測定プラットフォームである全自動免疫測定装置HISCL(TM)シリーズを用いて測定した血漿中の脳由来アミロイドベータ(以下「Aβ」)から、脳内アミロイド病理を把握できる可能性が示唆されたことをシスメックスが代表して発表しましたのでお知らせします。

認知症の当事者数は、グローバルで2030年に8,200万人、2050年には1億5,200万人に達し、医療費・介護費・生産性低下などによる社会的コストは2030年で220兆円ともいわれています※1。日本における認知症の当事者数は、2012年に約462万人、2025年には730万人に達し※2、社会的コスト対GDP比は2025年で4.1%※3(25.8兆円※4)になるといわれています。なかでも、ADの当事者数は、認知症当事者数の60%以上を占めています※2。

ADは、病態生理学的には、神経細胞外へのAβ凝集体の蓄積が引き金になって、神経細胞内にタウ凝集体が蓄積し、その結果シナプス障害や神経細胞死に至る疾患と考えられます。これらの脳内変化により、認知機能障害や精神症状・行動障害を引き起こします。つまり、ADでは、認知機能障害が現れる前から脳中にAβが凝集・蓄積することが知られており、Aβを標的とする治療法では、早期診断、早期介入がより有効性を高めると考えられます。現在、脳内アミロイド凝集体の検出方法としてアミロイドPETと脳脊髄液(CSF)中のAβ1-42/Aβ1-40比が用いられていますが、アクセス面・費用面・身体面で当事者様への大きな負担となっています※5。

シスメックスとエーザイは2016年2月に、認知症領域に関する新たな診断薬創出に向けた非独占的包括契約を締結し、互いの技術・ナレッジを活用し、認知症の早期診断や治療法の選択、治療効果の定期的確認が可能な次世代診断薬の創出を目指してきました。

両社は2019年7月に開催されたアルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer's Association International Conference: AAIC)2019において、CSF中と血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比の相関性(スピアマン順位相関係数(rs)※6=0.502、p<0.001)から、血漿中Aβ1-42/Aβ1-40比を測定することにより脳内アミロイド病理を把握できる可能性が示唆されたことを報告するとともに、血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比とアミロイドPETとの関連について検討を進めてきました。

CTADでは、両社が共同で開発している血液による簡便なアルツハイマー病診断法の創出として、HISCL(TM)シリーズを用いて測定した血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比と、アミロイドPET判定結果の的中率を検証した結果から、血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比から脳内アミロイド病理を把握できる可能性が示唆されたことに加え、HISCLTM測定系が血漿中のAβを正しくとらえていることを検証するための手法について発表しました。

シスメックスとエーザイは、認知症の予防および治療に対する新しい診断技術の創造に取り組み、医療の発展と進化に貢献することで、当事者様とその家族のQOL向上の実現を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201990.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

Asia's First Bitcoin Trusts Launched by IDEG

HONG KONG, Dec 8, 2019 - (JCN Newswire) - IDEG Investment Ltd, a professional digital asset management company, announced on Nov 27 in Hong Kong the launch of Asia Bitcoin Trust I and Atlas Mining Trust I, two trusts designed as a traditional and comfortable way for 'old money' to invest in digital assets. Asia Bitcoin Trust I is an actively managed vehicle which offers accredited and institutional investors compliant, secure, and professionally wrapped bitcoin exposure supported by selected service providers. Atlas Mining Trust I is a first of its kind vehicle allowing traditional investors to participate and share profits from Bitcoin mining activities. The total size of the two trusts is $200 million.

"Bitcoin is a unique asset class that has no correlation with any traditional asset. Investing in Bitcoin can optimize the risk-to-reward ratio of portfolios," said Raymond Yuan, Founder of IDEG. "It's time for the institutional investors to include digital assets in their asset allocation strategies. Our positioning is to be a bridge to connect traditional investors and digital assets with the highest transparency and the highest security in the industry."

Unlike passively managed funds and trusts like Grayscale Bitcoin Trust, Asia Bitcoin Trust I is an enhanced Bitcoin trust, which seeks to improve returns by using active management. "We've been in the quantitative trading business for a long time. Some of our core members have been trading digital assets since 2013," said Kevin Yang, CEO of IDEG. "As the investment manager of the Trust, IDEG will apply a range of hedging and arbitrage strategies in order to gain more Bitcoin for the investors and meanwhile effectively control the risk of drawdowns."

More than 18 million Bitcoin have been mined and only 21 million Bitcoin will ever exist. Mining of Bitcoin alone offers market participants $4 billion to $8 billion in annualized revenues. "The mining business is quickly evolving, with more and more institutionalized miners stepping in. The keys to mining efficiencies in hardware, infrastructure and electricity costs. Individual miners are dropping out because institutional miners like us can improve in almost every aspect, including capex, opex, operation, and risk management," said Raymond Yuan. "That's why we have a much higher return ratio than other miners."

Coinbase Custody, the world's largest digital asset custodian holding over 900,000 Bitcoins, will act as the custodian for both trusts. Profound Trust Company Ltd., a trust company with more than 1000 clients in Asia, is acting as trustee. "Nowadays as more and more institutions and sophisticated investors seek exposure to the blockchain and digital asset market, they demand compliance, security, and professionalism. We seek the highest standards in these aspects. The two trusts are designed to offer such investment vehicles for investors," said Lu Qi, CEO of Profound Trust.

Concact:
IDEG Investment Ltd
Kevin Yang
contact@ideg.com
http://www.ideg.com



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

PBOC Issues 2020 Commemorative Coins for Year of the Rat

BEIJING, Dec 7, 2019 - (JCN Newswire) - The People's Bank of China (PBOC) has officially announced 2020 gold and silver commemorative coins for the Year of the Rat, which starts on Jan 25, 2020 and lasts until Feb 11, 2021, when the Year of the Ox begins. A coin issuing ceremony was held at the Palace Museum in Beijing on Nov 18, while the coins were displayed on the NASDAQ screen in Times Square, New York on Dec 4th.

The Rat ('Gengzi') is the first in the 12-year cycle of animals which appear in the Chinese zodiac and the Chinese lunar calendar. In traditional zodiac, an important part of Chinese traditional culture, the rat represents cleverness, intelligence and wealth. The first Chinese zodiac commemorative coins were issued in 1981, they have been collected by millions of fans since.

The coins have the national emblem of the People's Republic of China on the front, with country name and year, while there are two kinds of patterns on the back: one adopts Chinese folk mouse shapes, and publishes denominations and 'Gengzi'; the other uses Chinese folk traditional decorative rat shapes, lined with auspicious patterns (partial color), the denomination and 'Gengzi'.

The purity of commemorative coins is as high as 99.9%, with maximum circulation of 18 (100,000 yuan) to 200,000 (10 yuan). With their exquisite design and deep cultural significance, the gold and silver commemorative coins of the Chinese Year of the Rat have inspired the interest of westerners in Chinese zodiac and coin culture, and may just set off a worldwide investment and collection craze.

China Gold Coin Corporation
Mr. Wang Yuanquan
wangyuanquan@chngc.net
+86 10 59311097
http://www.chngc.net



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

信義玻璃榮獲「2019年DHL/南華早報香港商業獎」-「傑出企業獎」

HONG KONG, Dec 6, 2019 - (亞太商訊) - 領先汽車玻璃、節能建築玻璃及優質浮法玻璃綜合製造商信義玻璃控股有限公司(「信義玻璃」)(股份代號:00868)欣然宣佈集團在「2019年DHL/南華早報香港商業獎」的嚴格評選中脫穎而出,獲得本年度「傑出企業獎」,彰顯市場對信義玻璃業務表現及發展策略的認同。

信義玻璃主席李賢義博士(銅紫荊星章)表示:「集團去年慶祝成立三十周年,今年踏入新的篇章隨之榮獲『DHL/南華早報香港商業獎』此享負盛名的奬項,實屬對集團莫大的鼓舞。這不僅是對信義玻璃作為行業先驅的認同,更是對管理團隊高瞻遠矚的視野以及專心致志的付出的重大肯定。集團成立之時專注於汽車玻璃及建築玻璃,及後洞悉市場需求整合發展至不同的玻璃產品,同時積極推動全球化的策略以減輕地緣政治風險。除了專注業務發展,信義玻璃亦致力推行可持續發展。集團通過不斷加大產品研發和創新,整合和優化『綠色』產業鏈,為創造綠色節能社會作出貢獻。未來集團將會繼續把握新機遇,推動業務全球化及加強生產設施自動化,並尋求擴大其於全球玻璃市場上之佔有率,以為股東帶來良好回報。」

香港商業獎於1990年由全球物流業領導品牌DHL以及國際知名英文報紙《南華早報》擕手創立,旨在公開表揚香港工商界人士及機構,對保持及加強香港的經濟繁榮與國際地位所作的貢獻。其中,「傑出企業獎」旨在嘉許在相對增長及市場拓展、業務表現及商業成就多方面均有卓越表現的企業。同時,獲獎企業亦須在創發新產品或服務,或開發新市場方面取得驕人成績,以及能展現有效的業務風險管理。

有關獎項的更多資料,請參閱:
https://www.hkbusinessawards.com/?lang=zh-hant

有關信義玻璃控股有限公司
信義玻璃於香港成立,並於2005年2月在香港聯合交易所主板上市,為海外及中國市場最大的優質浮法玻璃、汽車及建築業用玻璃產品綜合製造商之一。信義玻璃的注冊商標於2017年獲國家工商行政管理總局認定為「馳名商標」,而集團的汽車玻璃品牌於2007年亦獲國家質檢總局授予「中國名牌」稱號。信義玻璃於中國東西南北多個省份的重點經濟區以及馬來西亞馬六甲設有合共九個工業園。集團股份現時被納入23項恒生指數,包括恒生綜合指數、恒生港股通指數、恒生高股息率指數、恒生中國內地企業高股息率指數、恒生滬深港通大灣區綜合指數等,以及MSCI香港小型股指數、MSCI金龍小型股指數、MSCI遠東所有國家(日本除外)小型股指數及MSCI亞洲所有國家(日本除外)小型股指數。信義玻璃為信義光能控股有限公司(股份代號:00968)的單一最大股東,持有已發行信義光能股份數目24.4%,同時直接持有信義能源(股份代號:03868)股份數目5.97%。

如欲取得更多集團相關資料,請瀏覽網站:www.xinyiglass.com

新聞垂詢:
縱橫財經公關顧問有限公司
李慧媛 電話: + 852 2864 4829 電郵: iris.lee@sprg.com.hk
梁麗明 電話: + 852 2864 4863 電郵: keris.leung@sprg.com.hk
黃穎怡 電話: + 852 2114 4953 電郵: angela.wong@sprg.com.hk



Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/56132/

衛武営が米TIME誌の2019年版「世界で最も素晴らしいスポット」に選ばれ、各国からのネットセレブが高雄を訪れる

KAOHSIUNG, TAIWAN, Dec 6, 2019 - (JCN Newswire) - 高雄のソフトパワーが世界の舞台に登場!米TIME誌の最新号によると高雄にある人気の『衛武営国家芸術文化センター』は『2019年世界で最も素晴らしスポット』の中で、「訪れたいスポット」に選ばれたとのことだ。台湾のスポットがTIME誌に選ばれたのは今回が初めてで、衛武営が台湾の誇りとも言える。




衛武営は群衆芸術に力を入れ、台湾文化のソフトパワーを通じて台湾のために世界の舞台で声を上げる、台湾と国際文化を繋ぐ重要な玄関口となった、それによって見事に外国人観光客や世界中の演者から注目を集めている。文化産業を発展するために、高雄市の愛河と高雄港海域の交差帯に位置する建設中の「海洋文化とポップミュージックセンター」が来年に完成の予定。高雄市の港町スタイルをモデルにし、地域の特性や産業需給、未来のトレンドを結びつく「海洋文化とポップミュージックセンター」は高雄市をアジア太平洋のポップミュージックと国際海洋文化交流の玄関口とさせ、台湾南部の文化芸術や経済発展を促進し、高雄市の新たな魅力的な場所となるだろう。

高雄市は観光促進のため、5つの国や地域からのネットセレブを高雄に招待した。中でも韓国の従兄弟同士のJunghwanさんとDaniさんは「衛武営国家芸術文化センター」が強く印象に残り、海音センターが完成するのを楽しみにし、来年オープンしたらまた高雄を訪れたいと言った。

タイのKaykai Salaiderさんは外国人にもよく知られている六合観光夜市の伝統的な小吃を食べ、旗山老街のグルメや麻辣鍋、文創文房具にも絶賛、そのお蔭で高雄市はたちまちネットで注目を浴びるようになった。マレーシアからのCodyさんはロマンチックな虹の教会を見学し、愛河で夜景を見、そして夢時代や観覧車、光栄埠頭のほかに打狗英国領事館の文化園区できれいな夕日を見たとか。

香港からのMiraさんは高雄旅行を楽しむついでに美容クリニックできれいになる医療観光をテーマにした。E-DAグループ(義大集団)のメディカルビューティークリニックが事前に健康診断や美容クリニックスケジュールを手配できるほか、病院と目と鼻の先に大きなアウトレットモールやテーマパークもあるため、医療を受けたあとすぐ観光やショッピングもできて嬉しい。日本からのReikoさんは母親と二人で「高雄のスローライブ」の体験に明徳新村にある台湾ならではの眷村文化園区を見学し、蓮池潭、タロコ草衙道なども回ってみた。

びっくりするほど充実した旅を終え、ネットセレブの皆さんはいつかまたここに来て今回と違う高雄旅行を体験したいと約束した。

Youtube: https://youtu.be/o-nISVNR4dM AD BY KCG

Media Contact
Kaohsiung City Government
Anny Wu
annywu@kcg.gov.tw
https://kcginfo.kcg.gov.tw/en/





Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

網龍再中標福州市「智慧教育」項目 累計中標金額近6000萬

HONG KONG, Dec 6, 2019 - (亞太商訊) - 全球領先的互聯網社區創建者 - 網龍網絡控股有限公司(「網龍」或「本公司」,香港交易所股份代號:777)欣然宣佈,近日,網龍成功中標福州市長樂區小學交互式多媒體設備採購項目。普羅米休斯全新的互動平板ActivPanel元素系列將搭載101教育PPT、ActivInspire互動教學軟件等網龍旗艦教育產品進入長樂區近70所學校,覆蓋近430間教室。今年以來,網龍在福州市「智慧教育」項目中累計中標金額近人民幣6,000萬元,預計將於2020年第一季度落地及確認收入。


ActivPanel元素系列互動平板


本次中標的互動平板ActivPanel元素系列由網龍子公司 - 全球領先的教育技術公司普羅米休斯打造,是一款專為課堂設計的互動液晶觸控平板。該產品沿用普羅米休斯20多年來的設計理念,針對教師的使用習慣,不但以獨有的VellumTM書寫技術為用戶提供自然流暢的觸控體驗,還可以讓屏幕在較為明亮的環境中,也能夠清晰呈現內容,使學生獲得視角更廣,更清晰的教學畫面,提升視覺感受,給教學方法的革新提供堅實基礎。

普羅米休斯自2015年加入網龍全球大家庭後,其產品共完成了3次重大升級,並先後在2016年、2017年、2019年的美國ISTE教育科技大會上,連續獲得「Best of Show」大獎。ActivPanel元素系列互動平板更是憑藉流暢的交互體驗、出色的性能和人性化的細節設計,於今年斬獲國際著名的紅點設計大獎。目前,全球已有100多萬間教室配備了普羅米休斯ActivPanel平板。

網龍高級副總裁俞飆表示,今年6月,網龍已與福州市教育局簽署戰略合作協議,共同致力打造智慧教育示範區;8月,我們成功中標福州三中濱海校區、福州濱海試驗學校的「智慧校園」建設項目。本次中標的福州市長樂區教育局的採購項目將覆蓋近70所小學,形成示範效應。接下來,網龍將整合全球教育資源及渠道,繼續在中國市場大規模推動普羅米休斯產品,將技術應用和課堂參與提升至更高水平,持續為中國數字教育和「智慧校園」做出貢獻。

關於網龍網絡控股有限公司
網龍網絡控股有限公司(香港交易所股份代號:0777)是全球領先的互聯網社區創建者,在開發和擴展多個互聯網及移動平台方面擁有優良往績,覆蓋用戶數以億計,包括建立中國首個網絡遊戲門戶-17173.com及打造中國最具影響力的智能手機服務平台-91無線,91無線於2013年以19億美元出售給百度,此項重大交易是當時中國最大的互聯網收購合併項目。

網龍成立於1999年,成功自主研發多個著名的旗艦遊戲,包括《魔域》、《征服》和《英魂之刃》,是中國最具聲譽及知名度的網絡遊戲開發商之一。此外,網龍近年積極擴展在線教育業務,管理層秉承「打造全球最大的在線學習社區」的願景,旨在將「未來教室」普及至世界各地的學校。更多信息請訪問 www.netdragon.com。

如有投資者垂詢,敬請聯絡:
網龍網絡控股有限公司
周鷹女士
投資者關係高級總監
電話:+852 2850 7266 / +86 591 8390 2825
電郵:maggie@nd.com.cn
網站:ir.netdragon.com




Copyright 2019 亞太商訊. All rights reserved. www.acnnewswire.com

source http://www.acnnewswire.com/press-release/traditionalchinese/56122/

三菱自動車、岡崎市と災害時協力協定を締結

TOKYO, Dec 6, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)と子会社の中部三菱自動車販売株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:深澤 潔)は12月6日、愛知県岡崎市(内田康宏市長)と災害時協力協定を締結、岡崎市役所で締結式を行いました。当社の主要生産拠点である岡崎製作所、開発拠点である技術センターが立地する岡崎市において、災害時に当社製電動車を速やかに提供できる体制が整います。

災害時協力協定の締結で、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスがなくなり、給電等に活用できるプラグインハイブリッド電気自動車『アウトランダーPHEV』などの電動車を速やかに被災地・避難所等へお届けすることが可能となります。当社CEOの加藤は「自然災害はいつ、どこで発生してもおかしくはなく、常日頃から意識して備えをしておくことが大切です。『アウトランダーPHEV』は岡崎製作所で生産しておりますが、今回岡崎市の皆さまの深い理解のもと、災害時協力協定を締結できたことに感謝申し上げます」と述べました。当社は2022年度までに全国の自治体と災害時協力協定の締結を目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進しており、岡崎市との締結は10例目となります。

岡崎市は今後、『アウトランダーPHEV』の公用車導入に向けた検討を進めていくとのことです。当社は今後も、全国の自治体と連携しながら、災害発生時に強みを発揮する電動車の理解促進・普及に努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5391.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

三菱自動車、軽自動車『eKクロス』『eKワゴン』が2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」を受賞

TOKYO, Dec 6, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽自動車『eKクロス』『eKワゴン』が2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)の「スモールモビリティ部門賞」を受賞したことを発表しました。なお、三菱自動車が同賞を受賞するのは初めてとなります。(日産デイズと同時受賞)

三菱自動車が日本カー・オブ・ザ・イヤーで受賞するのは、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』による2013-2014年度の「イノベーション部門賞」以来、6年ぶりとなります。

■2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーの概要

40回目を迎えた今回の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2018年11月1日から2019年10月31日までに発表または発売された乗用車を対象としています。11月7日に「10ベスト」が選出され、11月26日の「10ベスト試乗会」を経て選考委員による投票が行われ、12月6日の「最終選考会」にて2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定。同時に、インポート・カー・オブ・ザ・イヤー、イノベーション部門賞(環境、安全その他の革新技術を持つクルマ)、エモーショナル部門賞(秀でたデザイン、ドライブフィールなどを持つクルマ)、スモールモビリティ部門賞(軽自動車、将来的には超小型モビリティを含む)等も決定しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5392.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

日立が鉄道運営会社ファースト・トレニタリア社と英国・西海岸本線向け都市間高速鉄道車両135両(23編成)の供給と保守に関する契約を締結

TOKYO, Dec 6, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)の英国における鉄道システム事業会社である日立レール社(取締役会長:アリステア・ドーマー)は、鉄道運営会社であるFirst-Trenitalia(以下、ファースト・トレニタリア社)*1と、英国西部を南北に走行するWest Coast Main Line(以下、西海岸本線)向け都市間高速鉄道車両135両(23編成)の供給と保守に関する契約を約3.5億ポンド(約500億円)で締結しました。

今回日立レール社が供給する新車両は、2022年に営業運転を開始する予定で、英国運輸省より旅客鉄道事業の運営権を付与されたファースト・トレニタリア社が、Avanti West Coast(アヴァンティ・ウェスト・コースト)として運営を行います。電化区間専用車両10編成(1編成あたり7両)と、電化・非電化区間双方の路線を走行することができるバイモード車両13編成(1編成あたり5両)で構成され、ロンドンと英国中西部ウェスト・ミッドランズ地域およびリバプールを結ぶ路線を電化区間専用車両、ロンドンとウェールズ北部を結ぶ路線をバイモード車両が走行します。

営業運転における最高速度は時速約200キロメートルで、既存車両と比べてより静かに走行することが可能です。無料のWi-Fi設備や、電子機器用のワイヤレス充電設備、電源コンセント、USBポートが完備されており、最新のケータリングサービスが提供されます。また、リアルタイムの高度な情報システムにより、乗客の乗り換えをサポートします。

7両編成の電化区間専用車両が453席、5両編成のバイモード車両が301席の座席を有し、既存車両より最大195席多い座席数を誇ります。高い環境性能を備えたディーゼルエンジンを使用することで、既存車両に比べて燃費が良く、より環境に配慮した走行が可能であり、微小粒子状物質の排出量は90%以上、窒素酸化物の排出量は60%以上削減されます。また、西海岸本線の大半を電化モードで走行することで、従来と比較して、二酸化炭素排出量の約2/3の削減が見込まれるなど、新車両の供給により英国の環境保護の取り組みに貢献します。

なお、今回の新車両は、英国北東部にあるニュートン・エイクリフ工場で製造されます。Rock Rail West Coast(以下、ロックレール・ウェスト・コースト社)*2によって、Rock Rail(以下、ロックレール社)の過去の案件同様に機関投資家から資金調達され、ロックレール・ウェスト・コースト社からファースト・トレニタリア社に車両がリースされます。

ファーストレール社 マネージング・ダイレクター Steve Montgomeryのコメント
英国西部を南北に走行するこの新しい鉄道を運営することを楽しみにしています。これらの新しい車両は、より多くのサービスや座席、充実したケータリングや快適性を提供することで、乗客のより良い旅を実現します。

トレニタリアUK社 マネージング・ダイレクター Ernesto Siciliaのコメント
我々は革新とサービスの改善に継続的に取り組んでおり、それが結実した新しい車両を発表できることを嬉しく思います。また、乗客の移動体験をより良いものにする快適な座席を備え、二酸化炭素排出量を61%削減するなど、持続可能で環境に優しく、より効率的で近代的な車両を提供できることを喜ばしく思います。英国市場に参入して以来、私たちは常に乗客を中心に考え、最高レベルのサービスの提供に重点を置いてきました。新しい車両は乗客を幸せにする最良の方法です。我々はこれからも、フレッチャロッサ1000や、新型の2階建て近郊形鉄道車両をイタリアにおいて提供してきたことに代表される日立とのパートナーシップを継続していきたいと考えています。

ロックレール社 CEO兼ロックレール・ウェスト・コースト社 ダイレクター Mark Swindellのコメント
ロックレール社は、ファースト・トレニタリア社、日立、および当社の機関投資家との協力のもと、これらの車両を導入し、多くの人々に一段上の移動体験をもたらすことを嬉しく思います。この日立製車両は、ロックレール社とアバディーン・スタンダード・インベストメンツ社の英国における4番目の車両導入案件であり、これまでの全ての案件への機関投資家からの投資額は約25億ポンドに上ります。この長期にわたる投資により、移動、環境および運営上の機能が大幅に改善されます。

日立製作所 執行役常務 鉄道ビジネスユニットCEO アンドリュー・バーのコメント
日本の高速鉄道技術に基づいた私たちの新しい車両は、現代の都市間高速鉄道車両として多くの人々に愛されており、利用者の満足度を高めています。イタリアと英国において、多くの車両の取引を行ってきたファースト・トレニタリア社との素晴らしい関係を継続できることを嬉しく思います。英国北東部にある工場で製造されるこの新しい車両は、環境に優しく信頼性の高い私たちの車両に対する信頼の証しです。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/12/1206.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02

ソニーと米国通信事業者Verizon、5Gを用いたスポーツライブ映像制作の共同実証実験に成功

TOKYO, Dec 6, 2019 - (JCN Newswire) - ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、米国大手通信事業者Verizon(ベライゾン)は、米国テレビ放送局であるNBC Sports(エヌビーシースポーツ)とともに、第5世代移動通信方式(以下、5G)を用いたスポーツのライブ映像の撮影および制作に関する実証実験において、リアルタイムで高画質な映像伝送に成功しました。

実証実験では、12月1日(現地時間)に開催されたアメリカンフットボールの試合(ヒューストン・テキサンズ対ニューイングランド・ペイトリオッツ 場所:ヒューストンNRG スタジアム)を、NBC Sportsのカメラマンがショルダーカムコーダー『PXW-Z450』で撮影しました。その映像を、トランスミッター試作機を通じてエンコードしてネットワーク環境に適した形に制御しながら、Xperia 5Gミリ波帯対応デバイスを通じてVerizonの5Gネットワークに伝送し、スタジアム内編集室にストリーミング配信しました。

この成功には、Verizonが提供する5Gネットワーク「5G Ultra Wideband」と、ソニーの5G対応デバイスやソニーが培ってきた映像信号のエンコーディングなどのノウハウが寄与しています。

本実証実験は、5Gによるシステムの無線化によって、スポーツの試合の開催地にかかわらず様々な場所から映像制作を行えるリモートプロダクションに加え、位置やアングルの自由度の高いカメラセッティング、カメラシステムのセットアップにかかる時間やコストの削減など、スポーツライブ映像制作の可能性を示しました。

ソニーとVerizonは今後も、5Gを用いてさらに柔軟なスポーツ映像制作のワークフローを追求していきます。

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社 プロフェッショナル・プロダクツ&ソリューション本部 メディアソリューション事業部門 部門長 喜多幹夫のコメント「Verizonとともに5Gの協業を成功させたことは大変喜ばしい。ソニーは、プロの映像制作の統合的なソリューションとモバイル通信技術を有する随一のメーカーであり、我々のスポーツライブ映像制作における共同の成果は、今後5Gの新たな可能性を切り開くと考えている。」

Verizon チーフプロダクトディベロップメントオフィサー Nicki Palmer(ニッキー・パーマー)氏のコメント「Verizonの5Gネットワークで、業界のスポーツ番組のライブ撮影・配信方法における進化を見せられたことはとても喜ばしい成果だ。超広帯域で低遅延の5Gネットワークにより高画質の映像を実質リアルタイムで伝送することで、現場ではケーブルなしでのカメラオペレーションが可能になると考えている。」

NBC Sports Group CTO, David Mazza(デービッド・マッツア)氏のコメント「ソニーの5G対応製品が生まれたことは素晴らしい。画質が優れており、世界中で広がる5G本格展開の流れの中で、ワイヤレスカメラを展開できる日を今から楽しみにしている。」
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201912/19-1206/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02