富士通、学校現場を支援するクラウドサービス「Cloud瞬快 クラスルームアシスト」を提供開始

TOKYO, Apr 7, 2021 - (JCN Newswire) - 当社は、学校現場におけるタブレットを活用した円滑な授業や児童・生徒の学びを促進し、「GIGA(Global and Innovation Gateway for All)スクール構想(注1)」の早期定着を支援するクラウドサービス「FUJITSU 文教ソリューション Cloud瞬快 クラスルームアシスト(以下、Cloud瞬快)」を開発し、2021年4月7日より提供を開始します。

「Cloud瞬快」は、児童・生徒にタブレット端末における電池残量の不足や通信状況をわかりやすく通知する機能や、学習場所に応じて簡単にネットワーク環境を切り替えられる機能を備えています。また、教員や保護者が容易に、児童・生徒のタブレット端末のネットワークの接続先や接続時間などの利用範囲を設定できる機能や、教育委員会や学校がタブレット端末の利用状況を把握できる機能を提供します。

当社は、「Cloud瞬快」に教員向けAIチャットボット機能などを2021年度末までに拡充するなど、授業中だけでなく、あらゆる方面から教員をサポートする機能を提供予定です。今後も、様々なサービスの提供を通じて学校現場のDXを強力に支援していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/04/7.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02