NEC、NTT都市開発が開発する「アーバンネット名古屋ネクスタビル」に顔認証入退館システムとデータ利活用プラットフォームを提供

TOKYO, Apr 5, 2021 - (JCN Newswire) - NECは、NTT都市開発株式会社が開発を進めている「アーバンネット名古屋ネクスタビル」(2022年1月竣工予定、愛知県名古屋市東区東桜一丁目1番地)に、顔認証システムやビル内のデータ利活用を可能にするネットワークサービスを提供し、同ビルが目指す次世代型先進オフィスビルの実現に貢献します。

提供するソリューションの概要

1.顔認証を活用したビル入退場・ビル内移動
NECの生体認証「Bio-IDiom」(注1)の中核技術であり世界No.1の認証精度(注2)を有する顔認証技術を活用し、非接触のままセキュアかつスムーズなビル入退館・ビル内移動を実現します。また、認証結果をエレベーターと連携し、行き先階に応じてエレベーターを自動制御し、快適性を向上します。

2.「NEC Smart Connectivity」を活用したデータ利活用
NECのネットワークサービスである「NEC Smart Connectivity」(注3)を活用し、ビル内の個別システムに分散したデータの集約と、データ流通によるビル・街区向けの様々なサービスとの連携を担うプラットフォームを提供します。ビル内の様々なデータの統合・蓄積・活用により、ビル・街区の発展に合わせた拡張性の提供と新たなサービス実現を目指します。

NECは、人・モノが生み出すデータを産業の枠を超え賢くつなぐ「NEC Smart Connectivity」の提供を通じて、あらゆるデータをつなげデータ流通を実現し新たな社会価値の創造に取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202104/20210405_03.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02