コインスター、兵庫県初・広島県では2店舗目のマシン設置

東京, 2022年5月17日 - (JCN Newswire) - 貯まった硬貨を店舗でのお買い物などに利用できるサービスを展開するコインスター株式会社(以下、コインスター、当社)は、中国、四国、九州を中心に総合スーパー事業を展開する株式会社イズミ(以下、イズミ)が運営する兵庫県の商業施設ゆめタウン姫路(5月12日設置)、広島県の商業施設ゆめタウン安古市(5月16日設置)にコインスター・マシンを設置しましたのでお知らせいたします。兵庫県では初、広島県では2店舗目のマシン設置となり、昨年の広島県の商業施設LECT(レクト)を含め、イズミが運営する店舗でのコインスター・マシン設置は順調に拡大しています。

イズミは、中国・四国・九州地方を中心に100店舗のショッピングセンターやスーパーマーケットを運営しており、ゆめタウンは地域の方々が集い、楽しみ、つながる総合生活拠点をコンセプトにした大型ショッピングセンターです。コインスター・マシンの設置場所について、ゆめタウン姫路はメインの入り口付近、ゆめタウン安古市はサービスカウンター付近に、どちらもお客様のアクセスが便利な場所に設置されます。

最近は硬貨取扱いにかかる利用手数料についてコインスターの経済性が広く認知されると同時に、近隣のスーパーマーケットなどで手軽に交換できる利便性が評価され、コインスター・マシンの利用者および利用額は急速に伸びており、2022年年初以来6~8割のご利用の伸長を記録しています。

コインスターは、欧米では大手スーパーマーケットを中心に広がり、現在は世界で約24,000台のマシンが稼働しています。日本ではスーパーチェーンを中心に現在までに約270台を導入しました。

コインスター・マシンを導入する小売店舗には設置料が支払われます。マシンを利用する消費者は手数料を支払いますが、投入枚数ではなく投入金額の9.9%と金額ベースで計算する仕組みとなっています。少額のコインであればあるほどその経済性が評価され、利用者がコインスター・マシンの設置されている店舗に好んで来店する傾向にあります。小売店では消費者が換金した引換券での買い物による売上増が期待できます。こうして、小銭の回収が進むことから、小売業界や消費者のデジタル化の推進にもつながっています。

コインスターの日本カントリー・マネジャーである宇佐美航は次のように述べています。「昨今、コインスター・マシン設置に対する需要が高まっています。そのような中で、ゆめタウンのような地域に根差した大型の商業施設にコインスター・マシンを導入し、多くの皆さまに当社のサービスを体験頂けることは光栄なことです。今後もより多くの皆さまにコインスターのサービスをご利用いただけるよう、マシンの導入を推進して参ります」。

全国のマシン導入店舗はこちらで検索いただけます。

コインスター・マシンの利用方法は簡単

コインスター・マシンに硬貨を投入すると硬貨の枚数と金額を素早く算出し、画面に表示された合計を確認した後、引換券が発行されそのまま店舗で商品の購入に使用するか紙幣などに交換することができます。*1日常、買い物に訪れるスーパーマーケットなどで手軽に利用できることが利点です。

*1 引換券の利用方法は設置店・流通企業により異なります。

コインスターについて

1991年に米国で創業。本社は米ワシントン州ベルビュー。コインスター・マシンの設置を通じて家庭に眠る硬貨を店舗で利用できる引換券に交換するサービスを展開している。1992年にサンフランシスコに一号機を設置した。米国ではウォルマート、クローガー、セーフウェイ、欧州ではテスコ、セインズベリー、アスダ、カルフールなど主に大手小売チェーンが導入。現在、欧米市場におけるコインスター・マシンの導入台数は24,000台以上に達している。世界で年間約430億枚の硬貨がコインスター・マシンで換金されており、金額にすると総額3,450億円の硬貨を回収している。1997年にナスダック市場に上場後、2016年に米投資会社アポロ・グローバル・マネジメントの傘下で非公開会社となった。現在、世界9か国で事業を展開している。2018年1月にはアジアで初めてとなる日本にコインスター株式会社を設立。ウェブサイト https://www.coinstar.jp/ 

イズミについて

1961年10月に「株式会社いづみ」を設立し、1号店となるいづみ八丁堀店をオープン。衣料品及び住居関連品、食料品の販売を開始。本社は広島県広島市。1980年に「株式会社イズミ」に社名変更。1987年に東証一部に上場。2018年にセブン&アイ・ホールディングスと業務提携。ショッピングセンター等の業態による衣料品、住居関連品、食料品の小売事業及びクレジット取扱業務などの小売周辺事業を展開している。現在、中国・四国・九州地方を中心に100店舗のショッピングセンター「ゆめタウン」、スーパーマーケット「ゆめマート」を運営している。ウェブサイト https://www.izumi.co.jp/




Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/dbkwHyX