日産自動車・三菱自動車・NMKVが新型「軽EV」のオフライン式を実施

TOKYO, May 20, 2022 - (JCN Newswire) - 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠 以下「日産」)、三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、社長:加藤 隆雄、以下「三菱自動車」)と株式会社NMKV(本社:東京都港区、社長:安德 光郎、以下「NMKV」)は、20日、新型「軽EV」のオフライン式を、生産工場である三菱自動車の水島製作所で執り行いました。

新型「軽EV」は、日産と三菱自動車の合弁会社NMKVの企画・開発マネジメントのもと、日産の先進技術と三菱自動車の軽自動車づくりのノウハウを融合し、両社の得意とする電動化技術を結集した新世代の軽自動車タイプの電気自動車で、日産自動車モデルは『日産サクラ』、三菱自動車モデルは『eKクロスEV』として発売します。

水島製作所では、世界初の量産電気自動車『アイ・ミーブ』や『ミニキャブ・ミーブ』で培ったEV生産技術に加え、所内でのバッテリーパック一貫生産対応や、EVプラットフォーム製造ラインの増設などの設備投資を行ったことで、高い品質とコスト競争力を実現しました。

オフライン式では、日産の社長 内田、三菱自動車の社長 加藤、NMKVの社長 安德および水島製作所の従業員や地元関係者列席のもと、生産を開始した新型「軽EV」の前で更なる発展を誓いました。

新型「軽EV」は、日常使いに十分な航続距離とお求めやすい価格設定を両立しつつ、EVならではの滑らかで力強い走りや、圧倒的な静粛性と良好な乗り心地、先進の自動運転支援機能やコネクティッド技術による高い安全性と快適性を実現しています。

日産、三菱自動車は、今後もNMKVを通じた協業を深化させ、軽自動車ラインアップの競争力強化を図ってまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2022/detail5614.html

三菱自動車について

三菱自動車はSUVづくりのノウハウとラリーで培った四輪制御技術、そして電動化技術に強みをもつ自動車メーカーです。ルノー、日産とのアライアンスメンバーであり、日本をはじめ、タイ、インドネシア、中国、フィリピン、ベトナム、ロシアなどに生産拠点があり、グローバルで30,000名以上の従業員を擁しています。
2009年には世界初の量産EVであるアイ・ミーブ、2013年には世界初のSUVタイプのプラグインハイブリッドEVであるアウトランダーPHEVを発売するなど電動車普及に取り組んでまいりました。
2020年には新環境計画パッケージを策定し、脱炭素化社会の実現に貢献しながら、行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したいというドライバーの想いに応えるクルマづくりを推進しています。
詳細については、当社ホームページをご覧ください。 https://www.mitsubishi-motors.com/jp/


Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/bzLZnI4