SGシステム・佐川グローバルロジスティクス・NEC、協調搬送ロボット導入に向けて実証実験を実施

TOKYO, May 12, 2022 - (JCN Newswire) - SGシステム株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:谷口友彦、以下SGS)および佐川グローバルロジスティクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本将典、以下SGL)並びに日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:森田 隆之、以下NEC)は、SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」内の通販専用のプラットフォーム「EC Logi Tokyo」(所在地:東京都江東区)への協調搬送ロボット導入に向け、実証実験を行います。

本実証実験は、NECの協調搬送ロボットを活用したソリューション(注1)による入出荷作業の生産性向上を検証するもので、今後3社は本実証実験に基づき「EC Logi Tokyo」への本格導入を目指します。

物流業界では慢性的な人手不足が続く一方で、旺盛なEC需要に伴う荷物の増加により、生産性の向上が求められています。特に近年では多様な荷姿への対応、物量の増減や新設備導入に伴う倉庫内スペースのレイアウト変更、深夜時間帯の作業員の確保などが喫緊の課題となっています。

今回の実証実験で活用する協調搬送ロボットは、2台のロボットでユニットロード(カゴ車、平台車等の荷物搬送機器)を挟み込む形で搬送を行います。これにより、ユニットロードの大きさや形状にかかわらず、搬送時にロボットに固定する治具などが不要となり、作業員のサポートなしに自動搬送することが可能です。また本ソリューションでは、倉庫に設置したカメラから得られる情報を集約し複数ロボットを一括して制御を行うため、搬送ルートの指定やレイアウト変更への対応などを容易に行うことが可能です。

今回の実証実験では、「EC Logi Tokyo」内に設定された約50メートルのルートを使用し、協調搬送ロボットを用いて20種類以上の大きさや形状の異なる荷物の搬送を行います。多様な形状の荷物を作業員のサポートなしに、所定のルートを自動搬送する作業を行い、本搬送方式の有用性を検証します。また、実際の入出荷作業を想定し、作業員の事務作業などと連携した搬送を行うことで、本格導入時の生産性の向上を検証します。

SGSは今後、NECと共に今回の実証実験で使用した協調搬送ロボットの展開・導入を行ってまいります。加えて、今回の実証実験で得た知見を活かし、物流自動化ソリューション(注2)の更なる強化に取り組み、物流業界全体の課題解決に貢献してまいります。

SGLは、物流課題の解決に向けこれからも様々なロボティクスの導入を進め、これまで蓄積したノウハウを活用することによる生産性の向上に加え、新たなソリューションを提案できるようDXを推進し、お客さまの経営課題に物流を通じて最適解を提案してまいります。

NECは、SGSとSGLとの本実証で得られた知見を加え、今後も協調搬送ロボットのさらなるUX(ユーザーエクスペリエンス)向上に取り組み、省人化・生産性の向上といった物流業界における課題解決ソリューションを社会に実装し貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202205/20220512_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/yXd4oJ6