富士通、国内初 商用のローカル5Gを運用開始

TOKYO, Mar 27, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、国内初となる商用のローカル5Gの無線局(基地局、陸上移動局)免許を総務省関東総合通信局(以下、関東総合通信局)から3月27日に取得し、富士通新川崎テクノロジースクエア(所在地:神奈川県川崎市)でのローカル5Gシステムの運用を開始します。

まずは、当社の同拠点内において多地点カメラで収集した高精細映像のデータ伝送にローカル5Gを活用し、AIによる人の様々な動作解析で、不審行動などを早期に検知するセキュリティシステムを実現し、建物内の防犯対策を強化します。また、お客様やパートナー企業とのローカル5Gの実証の場である「FUJITSU コラボレーションラボ」で、業務革新や地域課題の解決に向けたローカル5Gの様々なユースケースを創出し、具現化させるとともに、お客様の現場への導入支援なども行います。

さらに、今後、スマートファクトリーの実現に向けて、当社のネットワーク機器の製造拠点である小山工場(所在地:栃木県小山市)においても、ローカル5Gの免許を取得し、同工場でネットワーク機器の製造を手がける富士通テレコムネットワークス株式会社(本社:栃木県小山市、代表取締役社長:森 哲也)と共同で、ローカル5Gの有用性を検証していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/03/27.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02