JENCOによる分散型レンディング

TOKYO, Oct 8, 2020 - (JCN Newswire) - 分散型アプリケーションの最も重要な分野の一つに、暗号資産のレンディングがあります。たとえば、仲介者を介さずにEthereumのブロックチェーンから直接コインの貸し借りができる高品質なアプリケーションがいくつか登場しています。そのイノベーションの一つが、Jubilee GroupのJENCOによるものです。JENCO Techは、誰でもどこでも利用できる分散型の貸し出しサービスであるJENCO Loanを導入し、すべての主要な貸し出しプラットフォームに接続しています。




暗号通貨の保有者は、分散型レンディングプラットフォームを介してコインを貸し出し、借り手からの金利手数料を通じて保有資産からのパッシブインカムを得ることができるようになりました。これは、第三者による中央集権型サービスプロバイダーに重要な情報を提供することなく、既存のコインに比較的低リスクの利息をつけることができるため、貸し手にとって魅力的な金融オプションとなっています。

現在の分散型レンディングサービスのボトルネックは、従来の投資家が理解して参加することが難しいことです。そこで、Jubilee GroupのJENCOは、Poloniex、DDEX、Aave、Argent、Compound、InstaDappなどのレンディングプラットフォームに接続するための高度なAPIを備えたツールキットを導入しました。これにより、参加者はセキュリティ品質を損なうことなく、正確に暗号資産を貸し出し、時間内に回収することができるようになります。

JENCOは、暗号通貨の個人の貸し手にとってコインを貸し出して保有資産を増やすのに役立つプラットフォームを見つけるのがどれほど大変で面倒なことかを理解しています。そのため、JENCO Loanは、すべてのコストと仲介業者を削減し、貸し手が分散型融資に参加することを容易にするために存在しています。

Jubilee GroupのJENCOの最高経営責任者であるTony Jackson氏は、「多くの新規投資家が分散型レンディングに注目しています。しかし、伝統的な投資家にとっては、分散型金融のいろはを理解するのは難しいでしょう。そこでJENCOローンの出番です。従来の投資家と暗号通貨の投資家が分散型融資に参加する同様の機会を得られるようにすることができるのです」と説明しています。

この革新的なサービスにより、暗号通貨の投資家は資産を成長させる機会を別に持つことができるようになりました。苦労して稼いだコインを取引する以外にも、分散型レンディングサービスを通じて保有しているコインを貸し出すことで利益を得ることができるようになったのです。

JENCOについて

Jenco Techは、より多くの個人投資家の機会を拡大し、支援することを目的とした分散型金融サービス・プラットフォームです。新興技術である分散型金融「Defi」を以て資産の配分の重要性を理解することで、個人投資家を支援しています。また、借り手と貸し手のコミュニティをサポートし、資産を割り当て、ブロックチェーン技術でウォールストリートを超越することを目的としながら、コミュニティのメンバーの間で利益を共有しています。

メディアのお問い合わせ先:
マンション・グリーンウッド
social@j-enco.com
j-enco.com


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02