マツダ、新型コンパクトSUV「MAZDA MX-30」を発売

HIROSHIMA, Japan, Oct 9, 2020 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新世代商品群の第3弾である新型コンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」のマイルドハイブリッドモデルを、全国のマツダの販売店を通じて、本日発売します。

「わたしらしく生きる」をコンセプトに、「MX-30」はクルマとともに自然体で自分らしい時間を過ごしていただくことを目指し、創造的な時間と空間を提案する、コンパクトSUVです。「MX-30」がもたらす創造的な時間と空間は、親しみやすさや温かみを感じるデザイン、開放的で創造性をかき立てるフリースタイルドア*1、そして心地の良い室内空間によって生み出されます。

技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」にもとづき、「MX-30」は直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた 「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載します。これにより、静かでスムーズな加速と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現しています。

「MX-30」は、「サポカーS・ワイド」*2に全機種が該当しており、サポカー補助金*3の対象です。また、被害軽減ブレーキ技術「スマート・ブレーキ・サポート(SBS)」に、交差点での衝突事故回避・被害軽減を支援する機能をマツダで初めて採用し、オプション設定しています。

また、1機種のみの設定とした上、お客様の自由な発想で選択いただける「Your Original Choice(ユア・オリジナル・チョイス)」を設定。必要な装備を、お客さまのニーズや嗜好にあわせて選択いただけるオプション群を提供します。

なお、「MX-30」のEVモデルは、日本市場では2021年1月に発売を予定しています。

マツダの代表取締役社長兼CEOである丸本 明(まるもと・あきら)は、次のように語っています。「『MX-30』は、もっと自由な発想でクルマを使いたいと願うお客さまに向けた、マツダブランドの幅を広げるモデルです。『MX-30』では、お客さまの自由な発想で、居心地の良い車内空間で、さまざまな使い方を楽しんでいただく、そのような「走る歓び」をお届けすることを目指しています。」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202010/201008a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02