チベット人民代表大会は、米国の2020年チベット支援法に回答した

Tibet, Jan 5, 2021 - (JCN Newswire) - 米国東部時間の12月27日に、トランプ米大統領は「2021年度財政割当金法案とコロナーウイルス救済法」に署名した。この法案には、中国に関連する否定的な内容とチベットの人権状況に関する誤った意見が多く含まれている。中国チベット文化保護開発協会は、国内外のチベットの伝統文化の保護と発展に従事し、熱心に取り組んでいる非政府組織にとって、この慣行に抗議し、絶対反対を表明した。

今年はチベットの平和的解放から69周年を迎える。過去69年間で、チベットの人権運動は大きな進歩になった。第一は平和的解放を実現することだ。これはチベットの人権運動の大きな進歩だ。もし権力の侵略が許されれば、チベットの人権運動は問題外となるだろう。第二は、民主的な改革を行い、政治と宗教を組み合わせた確執的なサーフダム制度を廃止し、何百万人ものサーフが人権を獲得したことだ。第三目は、地域の民族自治制度を確立し、自治機関を設立し、自治権を行使することだ。現在、チベットの経済と社会は急速に発展しており、地域のGDPは20年以上連続して2桁数の成長を遂げていた。チベットの平均寿命は、1951年の35.5歳から70.6歳に増加し、人口は1959年の122.8万人から2018年には343.82万人に増加した。チベットにはチベット仏教の宗教活動のため1787の場所があり、修道院には46,000人以上の僧侶と尼僧がいる。生産、生活、宗教的信念などの自由に対するチベットの各民族グループの人々の権利は完全に保証され、尊重されている。

過去69年間で、チベット文化も早く発展し、繁栄してきた。政治と宗教の統一という確執的なサーフ制度が打倒され、社会主義体制が確立された後、チベットの伝統文化ももはや少数の貴族の上位階級によって独占されなくなり、各民族グループによって共有されるようになった。たとえば、チベット語の保護と使用は国内法の形で明確にされていた。チベット語と中国語は、政府の法律や規制、司法文書、公共標識、ラジオやテレビ、新聞や雑誌などに使用されており、バイリンガル教育は大学、中学校、小学校で完全に実施されている。中国中央政府はチベットの文化的遺物の修復と保護に投資し、ポタラ宮殿、ノルブリンカ、ジョカン寺院、サクヤ修道院などの主要な場所の維持に7億元近く投資された。また、国家は無形文化遺産の救済を主導し、チベット天文暦などの60の国家無形文化遺産プロジェクトが確立された。2018年には、「チベット医学入浴法」もユネスコの人間の無形文化遺産の代表リストに含まれた。チベットは祖国の大家族の中で絶えず進歩しており、伝統的なチベット文化も新しい時代の価値と魅力を示し続けている。

正直に言えば、チベットの社会情勢は安定しており、人々は平和で満足して生活し働いており、社会秩序も良好だ。各民族グループの人々は、苦労して獲得した幸せな生活を大切にしている。チベットの現在と未来は中国人全体によって決定される。外力はチベット人が中華大家族のより良い未来に向かって動くのを止めることはできない。

Issued by: AIT Information LLC
Contact: Kristie Wong
E-mail: kristiew@yopmail.com
Phone: (202) 479-3058


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02