NEC、実践的なサイバー攻撃対策を体験しながらオンライン形式で学べる演習を提供開始

TOKYO, Jan 5, 2021 - (JCN Newswire) - NECは、サイバー攻撃の発見から対処・報告までの一連の流れ(インシデントハンドリング)を体験しながら学ぶことができる「実践!サイバーセキュリティ演習 –インシデントレスポンス編-」をオンライン形式で提供開始します。

本演習は、企業や官公庁などの情報システム管理者、情報セキュリティやCSIRT(注1)の担当者などに対して、サイバー攻撃に適切に対処できるスキルを実際の攻撃事例に基づいて学べるオンライン演習です。オンラインでも講師と受講者、受講者同士の双方向コミュニケーションが可能であり、自宅からでもWebブラウザのみで、クラウド上に構築した演習環境を用いて集合研修に近い演習を行うことができます。

新型コロナウイルス感染症の拡大による働き方改革に伴い、従来の集合型研修ではなくWeb会議ツールなどを用いたオンライン研修が求められています。さらに、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃は巧妙化し、昨今ではテレワーク環境を狙ったサイバー攻撃などが発生していることから、情報システム管理者、情報セキュリティやCSIRTの担当者などのセキュリティ人材の育成が急務となっています。

NECは、2013年度から総務省及び情報通信研究機構(NICT)が実施する「実践的サイバー防御演習(CYDER:Cyber Defense Exercise with Recurrence)」の運営を支援しています。今回提供するオンライン演習は、こうしたノウハウを活用して独自に開発したもので、講義・実習・グループワークを通してインシデントハンドリングに必要な知識をオンラインで学ぶことができます。

受講者は、PCのWebブラウザを使用して、クラウド上に構築された企業や組織の情報システムを模擬した演習環境を使用し、攻撃痕跡の調査や対策、出題への回答等を行います。これにより、受講者自身がインシデントハンドリングに用いられる専用のソフトウェアやツールを準備する必要はなく、オンラインでも手軽に演習に参加することができます。

NEC は、CYDER の運営支援などサイバーセキュリティ領域における人材育成に取り組んできました。今後も総務省やNICT など関連機関と連携しながらサイバー防御の演習やサービスを高度化するとともに、セキュリティ人材育成に向けた取り組みを広く展開して、安全・安心で豊かな社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202101/20210105_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02