NEC、国内企業で初めてISO規格に適合した顔認証のなりすまし検知技術を開発

TOKYO, Oct 11, 2021 - (JCN Newswire) - NECは顔認証を行う際に、写真、ディスプレイ表示、3Dマスクなどによるなりすましを高精度に検知する技術を開発しました。本技術は国内企業で初めて(注1)、国際的な独立系第三者品質保証機関「iBeta(本社:米国・コロラド州、アイベータ)」による試験において、ISO規格に適合しました。本技術はモバイル端末での利用に最適化しており、利用が拡大している顔認証を用いたオンライン本人確認などの信頼性向上に貢献します。

iBetaは、様々なソフトウェアの品質保証サービスをグローバルで展開しており、特に生体認証の品質保証においては、世界的に権威のある米国国立標準技術研究所(NIST、注2)から認定を受けている機関です。顔認証のなりすまし検知ソフトウェアの品質保証については、ISO規格に準拠した基準として、顔写真およびディスプレイに表示した顔画像の受入率(注3)0%(レベル1)と、3Dマスクやマネキンなどの受入率1%以下(レベル2)が設けられています。

NECはこのたび、生体認証「Bio-IDiom」(注4)の中核技術であり、世界No.1の認証精度(注5)を有する顔認証技術の研究開発で培ってきたノウハウを活かし、なりすましを高精度に検知する技術を開発しました。本技術は、iBetaのなりすまし検知ソフトウェア品質保証基準のレベル1に加え、上位となるレベル2にも適合しました。さらに本人の顔の拒否率(注6)についても、iBetaの基準である15%以下を大幅に超えた5%以下を実現しています。一般的に、低いなりすまし受入率と本人拒否率は両立しえませんが、本技術ではその両方を実現しました。

また、コンピュータリソースが限られているスマートフォンやタブレット端末などで動作できるよう、なりすまし検知の処理を軽量化しました。これにより、決済アプリケーションやwebサイトなどモバイル端末上で顔認証を行う際も、スムーズななりすまし検知と防止が可能となり、高い精度と信頼性を両立したオンライン本人確認に貢献します。

NECは今後、本技術を用いてモバイル端末向けアプリケーションに加えて、企業・施設・イベント会場の入退場ゲートや決済端末など、様々なシーンに対応した製品を提供し、顔認証の信頼性向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202110/20211011_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt