三菱日立パワーシステムズ、デジタルソリューション「MHPS-TOMONI(R)」をメキシコの地熱発電所に導入

TOKYO, Mar 25, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、メキシコのナヤリット(Nayarit)州南部に位置するドモ・デ・サン・ペドロ地熱発電所(Domo de San Pedro Geothermal Power Station)に、当社のデジタルソリューションサービス「MHPS-TOMONI(R)」を導入する契約を、当社現地法人であるMitsubishi Hitachi Power Systems de México S.A. de C.V.(MHPS de Mexico)を通じて締結しました。地熱発電所向けのMHPS-TOMONI導入は今回が初めてであり、同発電設備に対するリアルタイムの状態監視・性能監視が可能となります。これにより、定期検査間隔の延長を含めた運用および保守(O&M)の高度化・高効率化、設備の運用改善・性能向上を目指します。

同発電所は、州都テピク(Tepic)近郊に位置しています。メキシコ国内で初の民間企業が運営する地熱発電所として、GEODESA社(Geotérmica para el Desarrollo S.A.P.I. de C.V.)が運営しているものです。出力は2.7万kWで、当社がEPC(設計・調達・建設)フルターンキー契約で受注・建設し、2016年に竣工しました。

地熱発電所の設備は、地熱流体中に含まれる地熱ガスや不純物などによる性能劣化があり、この性能劣化状況はそれぞれの地点で異なるため、画一的な対応が困難です。MHPSでは、MHPS-TOMONIとしてこれまで火力発電設備向けに培ったプラント運転状態監視、性能監視等のICTアプリケーションに加え、蓄積した日々の運転データをベースにした性能診断パッケージを用意し、発電所の運転状態に即したきめ細かなサポートを提供することで、こうした状況を改善します。サポートは、当社長崎工場(長崎市)で昨年1月に開設した遠隔監視センター(RMC:Remote Monitoring Center)を通じて行います。

同発電所のラヘ・カストロ(Lage Castro)所長は、MHPS-TOMONIへの期待について次のように述べています。「これまで地熱発電所向けに多数の経験を有するMHPSのデジタルソリューションを導入することで、発電所の性能が最大化するものと期待しています。 また、運転状態の監視によりトラブルを未然に防ぎ、発電所運営の最適なソリューションをMHPSが提供してくれることを確信しています」。

MHPSは、今後もMHPS-TOMONIによるサービスの提供を通じて顧客と一層緊密に連携しながら地熱発電設備の運用最適化を追求することにより、発電所の経済性を高めて顧客の収益力の向上に寄与するとともに、電力の安定供給と地球環境負荷の低減に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02