昭和電工、2020年12月期連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ

TOKYO, May 15, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、2020年2月13日に公表した2020年12月期第2四半期累計期間および通期連結業績予想につき、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響拡大、および原油価格急落が当社業績に与える影響の算出が現時点では困難であると判断し、未定とさせて頂きます。また、2020年12月期配当予想につきましても未定とさせて頂くことといたしましたので、併せてお知らせいたします。株主・投資家をはじめ関係各位におかれましては、ご迷惑とご心配をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。








1.2020年12月期連結業績予想の修正

(1)2020年12月期第2四半期累計期間連結業績
http://www.acnnewswire.com/topimg/SDK_20201Q_01.jpg

(2)2020年12月期通期連結業績
http://www.acnnewswire.com/topimg/SDK_20201Q_02.jpg

(3)修正の理由
新型コロナウィルス感染症の世界的拡大による業績への影響につきまして、第1四半期後半より中国を中心としたお客様の生産減少などの影響が出ております。第2四半期に入り、欧州・米国など世界の主要市場において感染症拡大による景気の急減速が起こっており、また、各国における外出規制によるお客様の生産低下が生じており、これらによる当社業績への大きな影響が想定されます。また原油価格の急落は当社石油化学事業において原料ナフサ価格の急落による原料受払差の悪化をもたらすことが想定されます。ただし現時点では新型コロナウィルス感染症の拡大による世界経済への影響とその収束時期の見通し、原油価格の動向など、当社事業への影響を算出するには不透明要因が余りにも大きく、合理的な業績予想の算出が大変困難な状況です。従いまして、当社は、2020年2月13日に発表しました業績予想を取り下げることとし、改めて業績予想の算出が可能となった時点で速やかに公表することといたします。

2.配当予想の修正

(1)配当予想の修正
http://www.acnnewswire.com/topimg/SDK_20201Q_03.jpg

(2)修正の理由
新型コロナウィルス感染症の世界的拡大、原油価格急落による当社事業への影響の算出が現在困難な状況ですので、2020年2月13日に公表した配当予想を取り下げます。改めて合理的な業績予想の算出が可能となった時点で、配当予想につきましても速やかに公表させて頂きます。

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。









Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02