富士通、三重県伊勢市でRPAを活用した業務効率化の有効性を検証

TOKYO, May 27, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、三重県伊勢市(市長:鈴木 健一、以下 伊勢市)様と共同で、行政事務の効率化による働き方改革に向けて、当社RPA(Robotic Process Automation)ツール「FUJITSU Software Axelute for IC21(アクセリュート フォー アイシー21)」(以下 「Axelute for IC21」)を活用した業務効率化の有効性を確認しました。

本取り組みでは、プログラミングやシステム構築を専門としない職員が自らRPAシナリオを作成し運用することを目的としており、当社は、その支援のため、伊勢市様の職員向けに操作研修やトレーニングサービスを実施し、RPAシナリオ作成ノウハウを提供しました。その結果、伊勢市様の職員が、源泉徴収票作成業務や国民健康保険料の過払いに対する還付業務などを対象にRPAシナリオ作成から運用まで行い、業務時間最大74%の削減を実現されました。両者は今回、2020年度以降のRPA全庁展開に向けたオンサイト支援の計画・検討も行い、今後も操作研修やトレーニングサービスを積極的に活用していく予定です。

当社は、伊勢市様との取り組みをモデルケースとして、今後、全国の自治体職員自らがRPAシナリオを作成できるよう、オンサイト支援などを通じたサポートを強化していきます。また、「Axelute for IC21」についてもITの高度な専門知識が不要な特長をより強化することで、RPAの試験導入から全庁展開、複数自治体での共同利用までをトータルに支援し、自治体職員の働き方改革に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/05/27.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02