Jubilee Aceがデジタル資産の成長促進を図りクライアント刺激対策を1億2000万ドルに増額

TOKYO, May 14, 2020 - (JCN Newswire) - ちょうど1週間前、Jubilee Aceは同社のプログラム「Oasis 80」を発表しました。これは現在の経済状況の緩和策の一貫となる同社プラットフォーム向けの8000万ドルの刺激対策です。このたび、当社では4000万ドルを追加出資することでこの刺激対策を増額し、総額を1億2000万ドルとすることになりました。刺激対策が大成功を収めたことを受け、このような驚くべき動きとなったものです。当初の刺激策の予算が開始後数日で満額に達しました。2020年4月28日に始まり2020年5月31日まで引き続き行われる予定の本プログラムの第一フェーズに参加できなかったクライアント向けに、追加の予算を設けることといたします。




このイニシアチブは、当社が今月1周年を記念するのと併せて行われています。この大型刺激策とは別に、当社のMega Draw Bonanzaイベントではさらに現金で170万ドルの賞金が当たる賞を用意しており、そのイベントの模様はJubilee Aceプラットフォーム上で利用者向けにライブ配信されます。

当社では戦略の1つとして裁定取引を利用し、クライアントのデジタル資産ポートフォリオの成長を助けています。この戦略はこれまでもトレーダーが利用してきたものですが、Jubilee Aceでは人工知能を活用した自動裁定取引システムを用いて、利用可能な最適な裁定取引の組合せをスキャンして策定します。このシステムでは3つの専門セクターにおける収益性の高い取引および裁定取引シナリオを特定し、仮想通貨もこれに含まれます。

デジタル資産ポートフォリオを成長させるために、Jubilee Aceでは三角裁定取引を利用します。三角裁定取引では同じ取引所で3種類のデジタル通貨の取引を行い、その価格の差異により収益を創出します。Jubilee Aceの最高経営責任者であるTony Jackson氏は次のように述べています。「短期間に利用しやすい機会であることから、裁定取引に関してはスピードが命です。そこで、テクノロジーの出番となるわけです。」

さらにジャクソン氏はこう付け加えています。「テクノロジーのお陰でその機会を素早く見つけ、利用できる時にいつでも取引が行えるのです。」その理由から、当社はA.Q.U.A(Ace Quantum Universal Arbitrage)を作成しました。これはPython AIボットを採用し、24時間年中無休で稼働して様々なデジタル通貨取引所から価格データを収集し、三角裁定取引の機会を分析するものです。収集されたデータはAIにより分析され、リスクと裁定取引に関するファクタの解析が行われます。解析の結果、収益が生まれる取引機会と判断されると、システムが秒以下の速度で自動的に取引を行って収益を生み出します。

Jubilee Aceの自動化された取引システムはプロの専門家およびオンサイトのエンジニアからなるチームにより厳重に監視され、保守およびサービス供与が行われています。取引から収益が得られないとシステムが判断する場合は特に、取引を拒否するようにプログラムされています。低リスクで高性能な自動化システムでは、世界中に展開され、スキャンを行って最適な裁定取引の組合せのみを策定し、デジタル資産市場の繁栄を助けています。

Jubilee Ace について

2018年に払込資本5000万ドルでイギリス領バージン諸島にて設立されたJubilee Aceは先進的データ分析会社の1つで、世界規模でのマルチセクター裁定機会を得意としています。取引所における従来型の商品の取引による裁定取引からスタートし、その後スポーツや仮想通貨の裁定取引を行うベンチャーを設立しました。データの抽出および加工を行い、それらを収益化戦略や実用的な市場判断に変えています。

Jubilee Aceではリアルタイムテクノロジーを複数活用し、新規および経験豊富なトレーダーに、様々なセクターにおける低リスクの投資を通じて、ポートフォリオの成長のための新鮮な視点を提供します。データおよびテクノロジーの進歩に重点を置くことで、ポートフォリオクライアントは安心して資金を任せることができます。

メディア対応お問い合わせ窓口
Mansion Greenwood
media@jubileeace.com





Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02