TOYOTA、コースターに「PREMIUM CABIN」を設定

Toyota City, Japan, May 19, 2020 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、コースターに新グレード「PREMIUM CABIN(プレミアムキャビン)」を設定し、全国のトヨタ車両販売店*1を通じて、6月1日に発売します。

「PREMIUM CABIN」は、特別なゲストのために『快適でゆとりのあるシートレイアウト』と『広いラゲージスペース』にこだわった、コースターの最上級グレードです。

具体的には、ゆとりのある座席スペースを実現するため、シートは通常よりも少ない5列シート*2を採用。座席の前後間隔を約1m確保することで、観光やビジネスで荷物を多く持ち込まれるお客様が足元に荷物を置いてもゆったり座っていただけます。そのほか、車両後方にラゲージスペースと観音扉式バックドアを設置したことにより、ゴルフバッグやスーツケースなどを後方から効率よく出し入れできます。

内装は、PREMIUM CABIN専用装備として、スエード調で上質素材のブランノーブ(R)*3と合成皮革を組み合わせたブラックのシート表皮を背もたれと座面に採用。さらに、サイドトリムにはシートと同色のファブリック素材を取り入れるとともにフロアの通路と足元にカーペットを敷き詰めることで、PREMIUM CABINにふさわしい上質な内装としました。また、外装にはセンタードアの横に、PREMIUM CABIN専用のステッカー*4を採用しています。

そのほか、便利な装備として、パソコンや携帯電話の充電用USB端子を右窓側座席*5に設定しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/32549590.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02