三菱自、フィリピンで『アウトランダーPHEV』を発売

TOKYO, Sep 7, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』をフィリピンで去る9月5日に発売しました。アセアンでは昨年7月にインドネシアで発売し、今回のフィリピンへの投入で2ヶ国目となります。

ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション傘下ディーラーである、ピーク・モーターズ・フィリピンズ(PMPI)マニラベイ支店で販売を開始し、2021年までに順次国内での販売店舗を拡大していきます。また、同店舗は海外市場初となる次世代店舗「電動DRIVE STATION」*1としての機能を今年度中に追加予定です。

当社Co-COOの矢田部陽一郎は「本年7月に発表した新中期経営計画で当社はアセアンを成長ドライバーとして位置付けています。『アウトランダーPHEV』のフィリピンへの投入は、アセアン地域の経済発展に加えて、環境保全にも貢献していきたいという当社の姿勢を示すものです。フィリピンの自動車産業並びに地域経済発展に貢献しながら、電動車への理解・共感を広げる活動にも取り組んでいきます」と述べています。

『アウトランダーPHEV』は三菱自動車の強みである電動化技術と四輪制御技術の粋を集めたフラッグシップモデルです。力強く滑らかで静かなEVならではの走りと優れた環境性能を有し、ツインモーター4WDシステム及び車両運動統合制御システム「S-AWC」によって、意のままの操縦性と卓越した安定性を実現します。

『アウトランダーPHEV』は2013年に世界初のSUVのプラグインハイブリッドEVとして日本で発売してから、これまで世界60ヶ国以上で販売し、累計販売台数は26万台に達しています*2。また、同車は世界最多販売台数*3を誇るプラグインハイブリッドEVで、欧州では2015年から5年連続でプラグインハイブリッドカテゴリーの販売トップ*4となっています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5464.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02