富士通、お客様のDXを加速するローカル5Gのサービスを提供開始

TOKYO, Oct 8, 2020 - (JCN Newswire) - 当社はこのたび、お客様のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始します。

自営無線システムの円滑な導入と業務での活用に向け、PoC(Proof of Concept)、免許申請・電波測定、設計・構築、運用・保守までをワンストップでサービス提供する「プライベートワイヤレスマネージドサービス」、および自営無線システムの通信機能とその管理機能を月額利用可能とする「プライベートワイヤレスクラウドサービス」を、10月8日より販売します。

また、2020年度4Qに提供予定の4.7GHz帯スタンドアローン(以下、SA)型5G基地局(注1)も「プライベートワイヤレスクラウドサービス」に対応させ、導入コストの最適化と柔軟な通信環境作りを実現します。

さらに、お客様の業務革新や課題解決に向けて、当社のローカル5Gをはじめとする技術や知見とパートナー企業の先進技術を活用したソリューション共創プログラム「ローカル5Gパートナーシッププログラム」と、それらの検証施設「FUJITSU コラボレーションラボ」(所在地:神奈川県川崎市)を10月8日より開設します。

当社は、5月に新設した垂直統合型サービス強化を担う組織「5G Vertical Service室」のもと、今後もローカル5Gの製品・サービス・ソリューションのラインナップを拡充するとともに、当社とパートナー企業の豊富なソリューションによりお客様のDXに貢献していきます。

本内容については、10月14日(水曜日)から開催するオンライン形式のグローバルイベント「Fujitsu ActivateNow」にて紹介します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/8.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02