トヨタ子会社、ウーブン・プラネット・ホールディングス、米国 CARMERA, Inc.の買収を発表

TOKYO, Jul 15, 2021 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社 : 東京都中央区、CEO : ジェームス・カフナー、以下「ウーブン・プラネット」)は、自動運転モビリティのための高精度地図を中心とした次世代道路情報解析に強みを持つ、CARMERA, Inc.(本社 : 米国ニューヨーク州、ワシントン州、CEO : ロー・グプタ、以下「CARMERA」*)の買収に合意しました。今回の買収は、ウーブン・プラネットにとって2021年4月に公表したLyft, Inc.の自動運転部門であるLevel 5の買収に続く、大型買収案件となります。

買収完了後、CARMERAのチームはウーブン・プラネットの事業会社であるウーブン・アルファ株式会社(以下「ウーブン・アルファ」)の自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform、以下「AMP」)チームと協働します。ウーブン・アルファは、事業拡大に向けた新たな戦略領域を探索し、オープンソフトウェアプラットフォームのAreneやWoven Cityなどの革新的なプロジェクトを進めています。中でも、AMPは安全で快適な自動運転を実現するために重要な高精度地図の生成や更新、提供を行うクラウドソース型のソフトウェアプラットフォームです。

ウーブン・アルファは、道路や車線まで含むグローバル規模の高精度地図プラットフォームへとAMPを進化させ、それぞれの地域に適した高精度な地図を用いて安全な自動運転を支援することを目指しています。今回の買収により、高精度地図の開発におけるトップクラスのエンジニアをチームに加え、研究開発から商業化への移行を加速させます。さらに、地図の更新や変化点の管理、IoTセンシング技術など、CARMERAの洗練された技術を活用することも可能となります。

今後はCARMERAの知見を活かし、クラウドソース型のカメラから取得したデータを活用することで、従来の方法と比較してより低コストかつ迅速に変化点を抽出し、高精度地図を更新できるようになります。これにより、AMPでは、道路や車線、信号や道路標識などの変化点をほぼリアルタイムで地図に反映します。道路の区分や特徴などを包括的に地図に取り入れる機能の強化が可能となり、将来的には様々な地域における自動運転の商業化に繋げていきます。

CARMERAはウーブン・プラネットの子会社となります。ウーブン・プラネットは東京本社だけでなく、シリコンバレーやロンドンに加え、ニューヨークやシアトルにもオフィスを構え、その活動範囲をグローバルに拡大していきます。

ウーブン・プラネット Automated Driving Strategy and Mapping Vice President マンダリ・カレシーのコメント
CARMERAをウーブン・プラネットに迎えることができ、本当に嬉しく思います。AMPは、ウーブン・プラネットのビジョンである「Mobility to Love, Safety to Live」を実現するために、会社設立当初から取り組んでいる重要なプロジェクトです。最近では、いすゞ自動車株式会社や日野自動車株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社との提携を発表するなど、AMPの活用による商用車・乗用車の安全な自動運転の実現に向け、着実に前進しています。CARMERAがチームに加わることにより、AMPの開発をより加速させることができます。また、CARMERAの持つ高精度地図のリアルタイムな変更に特化したソフトウェアスタックと、クラウドソーシングに合わせてカスタマイズされた独自のハードウェアは、AMPのマッピング技術に対する取り組みを理想的に補完するものです。CARMERAが有する世界トップクラスのエンジニアが加わることにより、戦略的な目標の達成を早め、米国での事業を急成長させることができると確信しています。

CARMERA CEO兼共同設立者 ロー・グプタのコメント
ウーブン・プラネットとAMPチームは、設立当初からCARMERAの企業文化およびミッションへの共感を持ち、地図を含む先進的なモビリティデータの普及という未だ実現していないニーズに対して共に取り組んできました。ウーブン・プラネットは、ソフトウェアファーストなクルマづくりのDNAを持っており、データの発信者から使用者まで全ての人が安全かつスムーズに技術を活用できるようにしたいという私たちの目的にも深い理解を示してくれています。「すべての人に移動の自由を」の実現に不可欠な、より広範で高速な空間情報を有し、私たちの創業時からのテーマを実証、強化し、かつグローバル規模での生産を可能にするものです。CARMERAがウーブン・プラネットに加わり、北米での活動、および、ソフトウェアファーストに基づいた革新的なモビリティの開発を強化していくことに、私は大きな期待を寄せています。

ウーブン・プラネットとは、その前身であるトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(Toyota Research Institute - Advanced Development、以下「TRI-AD」)時代から、東京、米国ミシガン州デトロイト、アナーバーにおいて協業に取り組んでおり、今回の買収の基礎を築いてきました。さらに、TRI-ADとCARMERAは、2018年、2019年、2020年の共同プロジェクトを通じて、市販の車載カメラを使用するなど、デバイスに依存しない汎用的な情報から高精度地図を生成、更新できることを実証しました。

ウーブン・プラネット・グループについて

ウーブン・プラネット・グループは、2018年に設立されたトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社の事業を更に拡大、発展させるために、2021年1月にウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社、ウーブン・コア株式会社、ウーブン・アルファ株式会社、ウーブン・キャピタルの新体制のもと事業を開始しました。それぞれの強みと専門性を活かし、相乗効果を生み出し、ビジョンとして掲げる「Mobility to Love, Safety to Live」を実現します。自動運転技術、ロボティクス、スマートシティなどの分野において、新しいイノベーションの創出とパートナーシップの拡充を通して、人々の働き方や暮らしを変えていきます。コネクティッド技術に支えられた安全でサステイナブルなモビリティを創り、すべての人々に幸せを届けることを目指しています。詳細はこちらをご参照ください。 https://www.woven-planet.global/jp/

CARMERAについて

CARMERAは、車両のクラウドソーシングとリモートセンシングを利用して、ストリートレベルの変化を世界的な広さと高解像度で捉えるサービスを提供する企業です。CARMERAは、オープンシステムアプローチを採用し、世界の主な自動車会社、商用モビリティ事業者および地図生成プラットフォームと連携しています。CARMERAは、地理空間、機械学習、コンピュータービジョンの各分野で活躍する人材から成るチームと、GV(Google Ventures)を始めとする企業からの支援を受け、米国ニューヨークおよびシアトルに本社を置いています。また、CARMERAは、フロスト&サリバン社の「2020 North American Mapping Company of the Year」など、複数の業界賞を受賞しています。詳細はこちらをご覧ください。 https://www.carmera.com/

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/35589851.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt