エーザイ、胆汁酸トランスポーター阻害剤「Goofice(R)」をタイにおいて新発売

TOKYO, Jul 19, 2021 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、当社のタイ販売子会社である Eisai (Thailand) Marketing Co., Ltd.が、胆汁酸トランスポーター阻害剤「Goofice(R)」(一般名:エロビキシバット水和物、日本製品名:「グーフィス(R)」)を新発売したことをお知らせします。本発売は、アジア地域(日本を除く)における最初の発売となります。

「Goofice」は、当社の消化器事業子会社である EA ファーマ株式会社(本社:東京都、以下EA ファーマ)が Albireo AB(本社:スウェーデン)から導入した、新規作用機序を有する 1 日 1 回経口投与の慢性便秘症治療薬です。胆汁酸の再吸収に係わるトランスポーターを阻害することで、大腸に流入する胆汁酸の量を増加させ、水分分泌と大腸運動促進の 2 つの作用で排便が促されます。

便秘症は、若年層の女性に多く、また男女ともに高齢者の罹患比率が高い疾患であり、タイにおける便秘症と自覚している患者様数は約 1000 万人と推計され、高齢化に伴い、患者様数は年々増加すると予測されます。排便回数の減少に加えて、残便感、硬便等の症状が認められ、慢性化することで多くの患者様は QOL(生活の質)の低下に悩まされています。

本剤について、日本国内においては、EA ファーマと持田製薬株式会社(本社:東京都)が同一製品名でそれぞれ販売しており、当社は、EA ファーマとコプロモーションを行っています。アジア(タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール)においては、EA ファーマとの契約のもと、当社が本剤の商業化および販売を担います。

当社は、新規作用機序をもつ本剤の製品価値最大化を通じて、タイをはじめとするアジアの慢性便秘症の患者様に新たな治療選択肢を提供することで、QOL の向上により一層貢献できるよう努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2021/news202159.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt