ウェブトゥーンプロダクション「CONTENTSLABBLUE CO.,LTD」、100億ウォンシリーズA投資を誘致

Seoul, Korea, 2021年11月19日 - (JCN Newswire) - ウェブトゥーンプロダクション「CONTENTSLABBLUE CO.,LTD」は「韓国投資パートナーズ」、「Kona Venture Partners」、「We Ventures」、「Crit Ventures」、「テギョンインベストメント」などから100億ウォン規模のシリーズA投資を誘致したと語った。





今年の1月、「Kona Venture Partners」から30億ウォン規模のシリーズA投資と続けて9ヶ月ぶりに成功した投資誘致で、今まで総130億ウォンの累積投資を記録している。

投資者の中には海外のVCファンドである「LINE Games-True-Kona Global Fund Limited Partnership 」が含まれていて韓国のウェブトゥーンに対するグローバルコンテンツ業界の高い興味を表しているという。

「CONTENTSLABBLUE CO.,LTD」はウェブトゥーンプロダクションでウェブ小説IPをベースでウェブトゥーンを制作するノーブルコミックス、有名な出版漫画をウェブトゥーンでコンバージョンするアップサイクリング、ウェブ小説を通じた源泉IPの開発、人気ウェブトゥーンを高い質の翻訳と現地化作業を通じて各国の言語と文化に合わせて制作するローカリゼーション(Localization)などの様々な部門を備えている会社である。

特に、ローカリゼーションは最近多国語の翻訳業者の引き受けなど本格的な海外市場の攻略を進めている「カカオエンタテイメント」やグローバル源泉IPの確保のために「ワットパッド」に持分の投資をした「NAVERウェブトゥーン」も力を入れている分野ということで「 CONTENTSLABBLUE CO.,LTD 」の早い事業拡張性が業界の注目を受けている。

「 CONTENTSLABBLUE CO.,LTD 」が制作した「接近不可レディー」の場合は日本の「ピッコマ」にて9月20日にローンチングし、日本の「ピッコマ」の単一作品のローンチングの1日売り上げ記録を更新していて、アメリカの「タパス」、インドネシアの「カカオページグローバル」でも1日売り上げを更新したことがある。

続けて10月4日にタイの「カカオウェブトゥーン」にてローンチングした「暴君の保護者は悪役魔女です」も該当フラットフォームのローンチングの当日に売り上げの最高値を更新するなど、「 CONTENTSLABBLUE CO.,LTD 」の制作の力は海外ウェブトゥーン市場でも優れた成果として続いている。

また、「 CONTENTSLABBLUE CO.,LTD 」はウェブトゥーン、ウェブ小説だけではなくすでに数々の映像化シナリオの使用権契約も完了し、ドラマや映画などの映像IPの拡張も進行しているという。

「 CONTENTSLABBLUE CO.,LTD 」代表理事であるコ・ヨントは「今まで会社が構築してきた体系的なウェブトゥーン制作プロセスがこの度本格的な結果として表れてきた」と言い、「今回の追加投資の誘致を通じてK-コンテンツ拡散の先鋒にいる韓国ウェブトゥーンを海外市場に本格的に知らせる土台を作りたい」と語った。

会社名 : CONTENTSLABBLUE.CO.,LTD
担当者の名前 : Jiyea Jung
担当者の連絡先 : +82-10-3420-0305
担当者のメールアドレス: Jiyea.jung@contentslabblue.com
ウェブサイト: www.contentslabblue.com




Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt