TOYOTA、カローラならびにカローラ ツーリングに2つの特別仕様車を設定

Toyota City, Japan, May 13, 2020 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、カローラならびにカローラ ツーリングに、特別仕様車 G-X“PLUS”と、特別仕様車 HYBRID G-X“PLUS”を、さらにカローラ ツーリングには、特別仕様車 “2000 Limited”を設定しました。特別仕様車 G-X“PLUS”と、特別仕様車 HYBRID G-X“PLUS”は5月13日に、特別仕様車 “2000 Limited”は500台限定で6月1日に、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売します。

G-Xをベースに、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、バックガイドモニターなどの安全装備に加え、外からの視線にも配慮したUVカット機能付のプライバシーガラスを特別装備しました。

内装では、メーター周りやステアリングホイールなどにシルバー塗装を施し、レジスターノブは、サテンメッキ加飾とするなど、上質感を付与。充実した装備で、お買い得感ある価格としています。

TNGA*1の思想に基づいて開発された2.0Lダイナミックフォースエンジンを、カローラシリーズとして日本で初めて搭載しました。Direct Shift-CVT(パドルシフト付10速スポーツシーケンシャルシフトマチック)との組み合わせで、発進から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現しつつ、燃費はWLTCモード16.6km/L*2としました。市街地はもちろん、山道を走行する時も、荷物を積んで仲間とスポーツやアウトドアを楽しむために出かける時も、爽快に走ることができます。

外装は、切削光輝+ブラック塗装の17インチアルミホイールや、シルバーメタリック塗装のルーフレールなどを特別装備することにより、スタイリッシュさを際立たせました。外板色には、特別設定色のレッドマイカメタリック、ブルーメタリックを含む全4色を設定しています。

内装では、既に販売しているカローラ ツーリングの上級グレードに相当する装備に加え、フロントシートは、ホールド性を高めるとともに、表皮に撥水(はっすい)加工を施した上級ファブリックスポーツシートを採用しました。またインストルメントパネルオーナメントやセンタークラスターなどにはレッド加飾を施し、センターコンソールやドアアームレストにはグレーのステッチを効かせるなど、細部までこだわり抜いたインテリアとしています。

また、シートヒーター(運転席・助手席)、ステアリングヒーター、エアクリーンモニター、ナノイー*3を特別装備し快適性も向上させました。そのほかブラック加飾を施した9インチのディスプレイオーディオや、立体的に見えるオプティトロン3眼メーター+7.0インチTFT*4カラーマルチインフォメーションディスプレイ、カラーヘッドアップディスプレイなど先進的な装備も充実しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/32550990.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02