三菱商事、エジプト・アラブ共和国 カイロ地下鉄4号線第一期向け鉄道システムの契約を締結

TOKYO, Nov 24, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)は、エジプトの大手建設会社であるOrascom Construction(以下「Orascom」)他とコンソーシアムを組み、エジプト運輸省のトンネル公団(National Authority For Tunnels、以下「NAT」)より、カイロ地下鉄4号線第一期向け鉄道システム納入(以下、「本プロジェクト」)を受注し、このたび約900億円で契約を締結致しましたのでお知らせします。

本プロジェクトにおいて、三菱商事は商務関連とシステムに必要な機器供給を担当、Orascomは土木工事および車両運転指令所等の建屋建設を担当します。本プロジェクトには国際協力機構(JICA)による円借款が供与され、日本の鉄道技術の活用が期待されています。また、エジプトで初めて本邦技術活用条件(STEP :Special Terms for Economic Partnership)が適用された円借款事業となります。

カイロ地下鉄4号線第一期はカイロ中心部から大カイロ都市圏の南西部に位置するピラミッドを結ぶ新路線です。首都カイロでは、都市化の進展による急激な人口増加や自動車台数の増加に伴い、公共交通機関の整備が急務となっています。本プロジェクトは大カイロ都市圏の交通渋滞緩和に大きく貢献することが期待され、また本路線はカイロ中心部とピラミッドや現在建設中の大エジプト博物館を繋ぐことから、観光大国カイロにおいて観光路線としても大きく注目されています。

三菱商事はエジプトにおいて過去50年以上に亘り約1600両の鉄道車両の納入実績があります。

引き続き、エジプトの鉄道インフラプロジェクトへの積極的な参画を通じて、同国の交通インフラの拡充、及び経済発展への貢献を目指してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2020/html/0000046317.html

三菱商事について

三菱商事は、世界約90の国・地域に広がる当社の拠点と約1,700の連結事業会社と協働しながらビジネスを展開しています。天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制で、幅広い産業を事業領域としており、貿易のみならず、パートナーと共に、世界中の現場で開発や生産・製造などの役割も自ら担っています。創業以来の「三綱領」という企業理念に基づき、経済価値・社会価値・環境価値の「三価値同時実現」による持続的成長を目指します。詳しくはウェブサイト(https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/)をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02