富士通、オープンRANに対応した無線装置がKDDI様の5G商用サービス向け仮想化基地局に選定

TOKYO, Dec 1, 2020 - (JCN Newswire) - 当社はこのたび、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下、KDDI)様が構築する5Gの商用サービス向けの仮想化基地局(注1)に、当社が開発するオープンRANに対応した5Gの無線装置(RU:Radio Unit)が選定され、2021年度下期より提供を開始します。

無線装置の特長
今回開発する5G無線装置は、基地局制御装置(CU:Central Unit/DU:Distributed Unit)との通信を担うフロントホールのインターフェースに、O-RAN(注2)標準仕様を採用しています。これにより、本仕様に準拠する異なるベンダー間の基地局制御装置との接続ができ、オープンRAN構成の柔軟なネットワーク構築が可能となります。

また、高効率かつ広帯域の電力増幅技術を活用した無線装置の小型化と低消費電力化を実現し、5Gにおけるサービス提供の加速を図るとともに、従来のMIMO(Multi Input Multi Output、注3)より多くのアンテナ素子を搭載することで、ビームフォーミング(注4)や空間多重の効果を高め、人が多く集まる場所などでの快適なモバイル通信に貢献します。

今後の展開
今後、当社は長年培ってきた無線技術をベースに最先端の技術を適用した、無線装置の提供を通じて、グローバルなO-RANの普及に貢献するとともに、KDDI様の高度な5G商用サービスの展開を支援していきます。

また、これらの取り組みを通じて、5Gを活用したスマート工場、自動運転など様々なユースケースにおいて求められる通信要件に対応していきます。

KDDI株式会社 執行役員 要海敏和様のコメント
KDDIは、5Gによるエンド・ツー・エンドネットワークスライシングの柔軟な提供を目指しています。O-RAN(オープンインタフェース)に準拠した富士通様の無線装置は、この計画の実現に大きく貢献いただけるものと期待しています。KDDIは、“社会の持続的な成長に貢献する会社”として、快適かつ信頼性の高い通信サービスの提供を推進し、産業の高度化および新しい体験価値を創造していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/12/1.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02