NECの顔認証を活用した本人確認プラットフォーム「Star Alliance Biometrics」がフランクフルト空港とミュンヘン空港でサービス運用開始

TOKYO, Dec 1, 2020 - (JCN Newswire) - 航空連合スターアライアンスに加盟するルフトハンザグループの航空会社のルフトハンザ航空およびスイス航空(SWISS)は、フランクフルト空港とミュンヘン空港にて、NECの顔認証を活用した本人確認プラットフォーム「Star Alliance Biometrics」のサービス運用を2020年11月から開始しました。

「Star Alliance Biometrics」はNECの世界No.1の認証精度を有する顔認証技術(注1)とID管理ソフトウェアを活用したプラットフォームです。NECとスターアライアンスは、生体認証を活用した本人確認プラットフォームの開発において2019年7月から協業を進めており(注2)、今回のフランクフルト空港とミュンヘン空港が初めての商用サービスとなります。

本サービスを利用する乗客は、事前に各社のモバイルアプリで顔画像とパスポート情報を登録することで、保安検査場と搭乗ゲートを非接触で通過することができます。また本プラットフォームでは、マスク着用時でも高精度な認証を実現する顔認証エンジンを採用しており、乗客はマスクを着用した状態で本人確認を行うことができます。本サービスを発表後、Miles & More(注3) 会員のうち1,700名以上が登録を行っています。

新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大する中で、空港の搭乗手続きにおける非接触かつマスク着用での本人確認を実現することで、感染症拡大の抑制を支援し、安全・安心な空の旅の実現に貢献します。

なお本サービスは、生体情報の使用に同意し登録したルフトハンザ航空およびスイス航空の旅客が利用できるもので、旅客の顔画像を含む個人情報は暗号化され、プラットフォーム内に安全に保存されます。また、各国の情報保護の法令や規則に沿って設計されており、顧客の氏名は保存されません。また旅客の同意なしに個人情報を使用することはありません。

NECは、顔や指紋を使った生体認証による共通のIDで、複数の場所やサービスにおいてお客様へ一貫した体験を提供するコンセプト「NEC I:Delight(アイディライト)(注4)」を掲げています。今後もパーソナライズされたサービスを空港内および空港の外へ拡大し、旅行体験をより快適なものにするため、生体認証におけるスターアライアンスとの協業を強化していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202012/20201201_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02