富士通、ハイブリッドIT環境のセキュリティ運用を支える「インテリジェンスマネージドセキュリティサービス」を販売開始

TOKYO, Nov 30, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、お客様のDXを支えるハイブリッドIT環境において、最適なセキュリティ運用を支援する 「FUJITSU Security Solution インテリジェンスマネージドセキュリティサービス」(以下、「インテリジェンスマネージドセキュリティサービス」)を、11月30日より販売開始します。

「インテリジェンスマネージドセキュリティサービス」は、お客様の業務システムやクラウド、ネットワーク、セキュリティ機器、パソコンなどで発生するアラートやインシデントを集約し、統合的にセキュリティの監視・運用を行うサービスです。当社のSecurity Operation Center(以下、SOC)において、新たにSOAR(Security Orchestration Automation and Response、注1)の技術を活用し、外部からの情報収集および調査、サイバー攻撃の分析などのセキュリティ運用を自動化することで、インシデントが発生してからお客様による初動対応までにかかる時間を約9割短縮することができます。また、当社のグローバル拠点で蓄積されたサイバー攻撃などの傾向や対応ノウハウに基づき、セキュリティアナリストがインシデント対応を支援することで、お客様の運用負荷を軽減します。

今後は、当社の「FUJITSU Hybrid IT Service」のネットワーク基盤である「Digital enhanced EXchange(DEX)」と接続し、ネットワークから当社のクラウドやデータセンターに至るセキュリティ運用をよりシームレスに実現していきます。

「FUJITSU Security Solution インテリジェンスマネージドセキュリティサービス」について

お客様のハイブリッドIT環境において、業務システムをはじめクラウドやネットワーク、パソコンなどのエンドポイントで発生したアラートやインシデントを集約し、当社のSOCを通じてセキュリティの統合的な監視・運用を行っています。

今回、クラウドベースで稼働する「次世代セキュリティ監視基盤」に、膨大なセキュリティアラートの対処・分析を自動的に実行するSOARの技術を実装し、24時間365日自動でセキュリティ監視や通報を行います。また、「高度脅威分析センター」では、巧妙化する国境を越えたサイバー攻撃などに対して、当社のセキュリティアナリストがグローバル拠点で蓄積されたサイバー攻撃の傾向や痕跡情報などに基づき、インシデントの原因究明や対処案の提示などの対応を支援します。

これらにより、これまで提供してきた「グローバルマネージドセキュリティサービス」を刷新し、お客様のニーズに合わせ、フルアウトソース型もしくはOperation as a Service(OaaS)型の柔軟な形態で提供します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/11/30.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02