富士通、サブスクリプション型のサーバ・ストレージ・運用サービスを販売開始

TOKYO, Dec 24, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、お客様のDXを支える「FUJITSU Hybrid IT Service」において、サーバやストレージ、運用サービスを、利用期間や利用量に応じた料金で提供するサブスクリプション型のサービスとして12月24日より販売を開始いたします。

当社は、ハードウェア・ソフトウェア・クラウドやデータセンターをはじめ、運用などのサービスを一貫してサブスクリプション型として提供することで、クラウド環境のみならず、オンプレミス環境やクラウドとオンプレミスのハイブリッドIT環境においても、柔軟なリソース増減や機動的な運用変更を可能とし、業務のピーク性能を想定した過剰なITリソースの保有を解消する最適なハイブリッドIT環境を実現します。

お客様の要件ごとに複雑化していた運用サービスについては、当社の運用実績や長年の知見に基づきITインフラの運用項目を標準化し、仕様と価格を明示したプレフィックス型のメニューとして提供します。これにより、システム特性や運用体制に合わせた最適なサービスをお客様自身が容易かつ迅速に選択し、導入することが可能となります。

また、これらの「FUJITSU Hybrid IT Service」の各種サービスを、2020年度4Qより順次、オンライン販売サイト「FUJITSU Marketplace」から購入できるようにするとともに、お客様の利用シーンにあわせて各種サービスを組み合わせたハイブリッドIT導入を支援するオファリングも提供していきます。

当社は、今後も、「FUJITSU Hybrid IT Service」の機能強化や購入プロセス変革を推進し、お客様の利便性とカスタマーエクスペリエンスの向上を図ることで、IT環境変革とDX実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/12/24-1.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02