三菱自動車、『アウトランダーPHEV』の海外初の現地生産をタイで開始

TOKYO, Dec 22, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』の現地生産を、タイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランドのレムチャバン工場で開始し、12月21日(月)にラインオフ記念式典を開催しました。同国における同車の発売は1月の予定です。

三菱自動車は電動モビリティと自動車市場の成長を促進するタイ市場の成長の可能性と、レムチャバン工場の生産能力を高く評価した結果、『アウトランダーPHEV』を海外で初めてタイで現地生産することとしました。

三菱自動車CEOの加藤隆雄は『アウトランダーPHEV』のタイでの生産開始にあたり、「世界的な環境意識の高まりを受け、当社はアセアンにおいてもPHEVの提供を行っています。三菱自動車の電動車事業の新たな展開として、現地生産による『アウトランダーPHEV』をタイのお客様にお届けできることを大変嬉しく思います。」と述べました。

『アウトランダーPHEV』は、電動化技術と四輪制御技術を融合した三菱自動車のフラッグシップモデルで、力強く滑らかで静かなEVならではの走りと優れた環境性能を有し、日常使用では主にEV走行、遠出ではハイブリッド走行にエネルギー効率を自動的に切り替えることが可能です。また、車内2カ所のコンセントを通して最大1500Wまで出力し、アウトドアレジャーや災害などによる停電時において、家電製品等へ電力を供給することができます。

三菱自動車は2020年度から2022年度までの中期経営計画において、アセアンを当社の成長を牽引する重要地域と位置付けるとともに、当社が強みを持つプラグインハイブリッドEV(PHEV)を軸とした環境技術の強化を掲げています。2013年1月より世界初のSUVモデルのPHEVとして日本で販売を開始して以来、これまでに60ヶ国以上で累計販売台数26万台を達成し*1、PHEVカテゴリーにおいて世界最多販売*2を誇る『アウトランダーPHEV』をタイで生産・販売することでアセアン事業のさらなる強化を進めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5496.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02