NECと日立、RPA運用最適化など運用管理ソフト分野における協業を拡大

TOKYO, Jan 23, 2020 - (JCN Newswire) - 日本電気株式会社(代表取締役 執行役員社長兼CEO:新野隆/以下、NEC)と株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原敏昭/以下、日立)は、システム運用管理ソフト分野での製品相互供給を主とした提携*1を発展させ、RPA(Robotic Process Automation*2)やAI、IoTなどデジタル時代の技術潮流を取り入れたシステムの運用最適化の実現に向け、協業範囲を拡大することで合意しました。

今回、協業拡大の第一弾として、人手不足を背景とした業務の効率化を狙いとして導入が加速するRPAの運用管理の課題へ両社共同で対応します。具体的には、RPA運用の継続的改善に向けた運用管理ガイドを共同で策定し、本年3月より公開します。今後、他のシステム運用管理ベンダーの知見も取り入れたガイドへと発展させていく予定です。あわせてRPA関連の運用管理ソフトを相互に供給し、両社の運用管理ソフトウェア製品群へ新たにラインアップして、3月から順次販売開始します。これらにより、RPA運用の効率化と継続的な改善を実現し、企業や組織におけるRPAを活用した働き方改革の推進に貢献します。

両社は、2001年11月にシステム運用管理ソフト分野における提携後、アプリケーション管理やセキュリティポリシー管理分野におけるソフトウェア製品の相互供給をNECの統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」および、日立の統合システム運用管理「JP1」において進めてきました。今回、お客さまのRPAをはじめとした各種新技術導入の動きにいち早く対応し、企業の情報システムの運用最適化に貢献するため連携を強化します。

昨今、RPAを部門ごとの個別導入から全社への本格展開に移行する企業が増えており、RPAの効率的な運用や適切なガバナンス統制などがIT部門に求められています。こうした現状を踏まえ、第一弾となるRPAの運用管理においては、国産RPA製品として多数の導入実績がある「NEC Software Robot Solution」と「WebSAM」の連携ノウハウと、日立の「JP1」と各種RPA製品との連携で培ってきた業務自動化のノウハウとを組み合わせ、RPAの継続的な運用の改善や効率的な全社展開などを支援していきます。

両社は今後、IT運用におけるAI活用やIoTの運用管理などの分野についても協業活動を推進していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202001/20200123_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02