富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に通算21回目の選定

TOKYO, Nov 19, 2020 - (JCN Newswire) - 当社は、世界的な社会的責任投資(Socially Responsible Investment、以下、SRI)(注1)指標である「Dow Jones Sustainability World Index(以下、DJSI World)」の構成銘柄に選定されました。1999年のインデックス創設以来、21回目の選定になります。

「DJSI World」は、 米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社による株式指標で、ガバナンス・経済、環境、社会の3つの側面から企業を分析し、企業の持続可能性(サステナビリティ)に優れた会社を選定するものです。銘柄選定は、世界約2,500社を対象とした調査のもとに毎年行われ、サステナビリティの観点から、各産業分野で上位10%が優れた企業として選出されます。今年は当社を含め、323社(内、日本企業は39社)が選定されました。

当社はITサービス & Internetソフトウエア・サービス分野において、「環境レポーティング」、「気候戦略」など環境分野に関する取り組みや、「企業市民活動/フィランソロピー活動」、「人権」など社会分野に関する取り組みについて高い評価を獲得しました。

当社は、Fujitsu Wayにおいてパーパスとして掲げる「イノベーションによって社会に信頼をもたらし世界をより持続可能にしていくこと」の実現に向けて、今後もESG(環境・社会・ガバナンス)視点で企業活動を推進し、より一層、地球と社会の持続可能な発展に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/11/19.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02