Agilex BiolabsがEndpoints Newsと提携し、オーストラリアにおける迅速なワクチン開発に関する初のウェビナーを開催

ADELAIDE, AUS, Aug 30, 2021 - (JCN Newswire) - オーストラリアにおける臨床試験のための生物分析・毒物学の主要な研究所であるAgilex Biolabsは、Endpoints Newsと提携し、Endpoints News編集者のArsalan Arifが主催するウェビナーで、「オーストラリアにおける迅速なワクチン開発のための非臨床および臨床経路」に関する最新情報を共有します。


Agilex Biolabsのイムノアッセイ担当ディレクター、Kurt J.Sales(理学士、医学士(Hons)、理学修士、博士号(Ph.D)、 PGCM)は次のように述べています。

「COVID-19のパンデミックでは、SARS-CoV-2をターゲットとした新規ワクチンの開発が急速に進んでいます。オーストラリアでは、Agilex Biolabsのような質の高い受託研究機関が存在し、規制環境が整っているため、複数のCOVID-19ワクチン候補の開発が進んでいます。このウェビナーでは、バイオテック企業が迅速なワクチン開発を行うための道筋と、オーストラリアが理想的な場所である理由について説明します。この詳細なワクチン開発ウェビナーには、毒物学の専門家である同僚のPeter Tapley博士とDrew Brockman博士が参加します。」

本ウェビナーでは、Sales博士とAgilex Biolabsの毒物学会社であるTetraQ Toxicologyの専門家らが、オーストラリア国内でワクチン開発を行うための戦略の概要を説明します。

また、迅速なワクチン開発に適した環境を提供するオーストラリアの研究、規制、臨床インフラを紹介します。そして、COVID-19タンパク質サブユニットワクチンを用いた非臨床研究に基づく、迅速なワクチン開発のためのケーススタディについても紹介します。

本ケーススタディでは、ヒト初回投与試験の承認を容易にするために必要な非臨床試験デザインの重要な側面を検討します。

登録はこちらから https://webinars.endpts.com/non-clinical-and-clinical-pathways-for-rapid-vaccine-development-in-australia/
9月7日午後2時-午後3時(米国東部夏時間)
スピーカー:
Kurt Sales博士:Agilex Biolabs イムノアッセイ担当ディレクター
Peter Tapley博士:Agilex Biolabs社 TetraQ ディレクター
Drew Brockman博士:Agilex Biolabs社 TetraQ 毒物学部門長

https://webinars.endpts.com/non-clinical-and-clinical-pathways-for-rapid-vaccine-development-in-australia/

Agilex Biolabsのワールドクラスのラボには、Gyrolab Xplore、MSD Quickplex 120、Luminex Magpix、BD FACSymphony A3フローサイトメーター、そしてまもなくリリースされるデジタル液滴定量リアルタイムRT-PCRなどの最新機器が揃っています。

最新ニュース - 新設の免疫生物学研究所 - ローンチビデオをご覧ください。https://www.agilexbiolabs.com/launch-of-immunobiology-laboratory/

Agilex BiolabsのCEOであるJason Valentine氏は、新研究所ではRNAワクチン、siRNA/miRNAの臨床ターゲット、遺伝子治療研究など、新たな治療分野に焦点を当てていると述べています。

「新研究所では、ワクチンや遺伝子治療の試験を含むRNA、siRNA、miRNAの臨床試験のためのデジタル液滴定量RT-PCR分析が追加されます。」

「同研究所には、リコール免疫応答の外挿を可能にするワクチン研究用のEliSPOT/FluoroSPOTマルチスポットリーダーも設置しており、最先端のBD FACSymphony 5レーザー 20カラー フローサイトメーターと組み合わせることで、免疫学およびワクチン試験に対する比類のない感度が得られます。」

Agilex Biolabsは、LC-MS/MSとイムノアッセイの2つのプラットフォームを利用して、PK、免疫原性(PD)、バイオマーカーの生物分析のための低分子と生物学の両方のサービスを提供しています。

オーストラリアの臨床研究はビジネス先として開かれた状態であり、Agilex Biolabsはクライアントが臨床研究を継続的に行うために必要なサービスとして指定されています。

Agilex Biolabsには、85人の専任の研究室スタッフを含む130人以上のスタッフがおり、米国、欧州、アジア太平洋地域のクライアントであるバイオテック企業や製薬企業を支援しています。

臨床試験を開始する前に、当社のサイエンティストとの機密のブリーフィングを予約してください。https://calendly.com/agilexbiolabs/30min

Agilex Biolabsについて https://www.agilexbiolabs.com/

オーストラリアにおける臨床試験のための生物分析・毒物学の主要な研究所であるAgilex Biolabs は、高品質なメソッドの開発、メソッドの検証およびサンプル分析サービスを含む、規制対象の生物分析の実施において24年以上の経験があります。Agilex Biolabsは、世界中の何百もの前臨床試験や臨床試験をサポートしてきました。お客様がオーストラリアを選ぶ理由として、規制上のプロセスが合理的であることと、オーストラリアで実施された臨床試験に対して世界で最も魅力的なR&Dリベート(40%以上)が得られることが挙げられます。

Agilex Biolabsは、オーストラリアで確立されたGLP毒物検査施設であるTetraQを通じて、毒物検査サービスも提供しています。

Agilex Biolabsは、NATA(オーストラリア政府のOECD GLP適合性監視機関)によるOECD GLP認定や、ISO 17025認定など、世界的に認められた認証を取得しています。

最近、同社はTetraQ biolabs and toxicologyを買収し、アジア太平洋地域と米国からのさらなるバイオテック需要に対応するため、主要研究所を30%以上拡張しました。また、免疫生物学研究所を新設しました。こちらからビデオをご覧ください。https://www.agilexbiolabs.com/launch-of-immunobiology-laboratory/

Agilex Biolabsは、LC-MS/MS、イムノアッセイ(メソスケール、ジャイロラボ、ルミネックス)、およびフローサイトメトリー(BD FACSymphony A3、20カラー セルアナライザー)を利用した、PK、免疫原性、バイオマーカー、および免疫学的薬物動態評価のための小分子および生物学的製剤の生物分析を専門としています。

Agilexは、免疫学、細胞生物学、作用機序アッセイをサポートする最先端技術を用いた免疫生物学サービスを含む薬力学サービスを提供しています。
- 免疫表現型検査
- 受容体占有
- サイトカイン放出アッセイ(全血またはPBMC刺激アッセイ)およびサイトカイン/バイオマーカープロファイリング
- PBMCアッセイおよび細胞作用機序アッセイ

Agilex Biolabsメディアからのお問い合わせ先:
Kate Newton
Media@AgilexBiolabs.com


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt