AR7がトイズの北原照久MDとコラボ。童心に返るために

Tokyo, Japan, 2021年8月27日 - (JCN Newswire) - シンガポール。私たちAR7は、アートブロックチェーン業界の革命に向けて、私たちのルーツを守るために努力してきた人との壮大な協定に署名することで、息を呑むような新たな一歩を踏み出したことを誇りに思います。そう、AR7は、世界で最も有名なブリキ玩具コレクターの一人であり、株式会社トイズの代表取締役である北原照久氏とコラボレーションしました。

1986年、北原さんは横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開設した。これは、北原のコレクションを一般に公開するためのものである。北原のコレクションを一般に公開することで、子供の頃に戻ったような懐かしさを感じてもらいたかったのだ。北原氏は、最高のコレクターであるだけでなく、ヴィンテージ・トイに関する数冊の本の著者としても知られています。

現在、横浜のブリキのおもちゃ博物館には、1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造された約3,000点のおもちゃが不朽の名作として展示されています。この時代は、日本のブリキ玩具の「黄金時代」として記憶されています。当館では、北原氏が1973年から始めたコレクションを所蔵しています。また、この忘れ去られた芸術を人々が購入し、保護することを奨励するために、博物館にはオリジナル商品を販売する玩具ショップ「トイズクラブ」が併設されています。また、一年中クリスマスグッズを販売する「クリスマストイズ」も併設されています。

現在、北原は日本全国に7つのブリキのおもちゃ博物館を設立している。現在、北原 照久氏はテレビ東京の「開運なんでも鑑定団」に鑑定士として出演しているほか、CMやラジオ番組への出演、全国各地での講演活動などを行っています。

今回のAR7と北原氏のコラボレーションは、北原氏の遺志をデジタルメディアで引き継ぐための一歩となります。AR7は、北原氏のブリキ玩具コレクションをベースにしたデジタルアート製品の制作を目指しています。AR7は、おもちゃのアートワークにデジタル3D効果を与えて現代化します。さらに、フレーム付きのインテリア写真、おもちゃの3DイメージをプリントしたTシャツ、プリントされた携帯電話ケース、デジタルゲームのキャラクターなどの形で、お土産として販売されます。

AR7は、忘れ去られた芸術を復活させるという北原氏の夢を、将来にわたって実現したいと考えています。AR7は、これらの玩具が世界的に認知され、世界的に需要があるように、商品化やキャラクターライセンスビジネスを開始する準備が整っています。

これは、北原氏の指導の下、私たちが子供の頃に戻るための取り組みです。

初めてお聴きになる方へ。トレジャーゲートシンガポールのAR7は、ユーザーが暗号化されたアート作品を簡単かつ便利に購入、転送、管理できる最先端のプラットフォームを提供することで、芸術作品のニッチなジャンルとして浮上してきました。AR7は、AR7 Tech(アート業界のニーズに対応したブロックチェーンプラットフォームソリューション)とCherie Gallery(NFTアートと伝統的なアートギャラリー)をペアにすることで、その2つの不可欠なサービスを組み込み、世界中のコンテンツ制作者にとって有益なグローバルギャラリー市場を開拓しています。

会社名: トレジャーゲート シンガポール
プレスコンタクトの名前:: Kenneth koh
都市: シンガポール
Eメール: Media@AR7.io
ホームページ: www.AR7.io




Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt