三菱自動車、デザインを一新した現地生産モデル『ミラージュG4』をフィリピンで発売

TOKYO, Aug 30, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、フィリピンで現地生産しているコンパクトセダン『ミラージュG4』*のデザインを一新し、8月28日に同国で発売しました。

『ミラージュG4』はコンパクトハッチバック『ミラージュ』の派生車として2013年に発売した1.2Lエンジンを搭載する4ドア5人乗りのコンパクトセダンです。今回の大幅改良ではデザインを一新し、三菱自動車のフロントデザインコンセプトであるダイナミックシールドを採用したシャープでダイナミックなエクステリアを実現、インテリアには7インチスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を採用し利便性を高めています。

『ミラージュG4』の世界累計販売台数は2021年7月末までに約37万台、フィリピンでの累計販売台数はタイからの輸入と現地生産モデルを合わせて約9万2千台に達しています。フィリピンにおいては、同国政府の自動車産業育成政策「CARS Program」の支援を受けた初めての案件として、生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(以下、MMPC)の車両生産工場で2017年より生産しています。

当社社長の加藤隆雄のコメント
「今回の『ミラージュG4』は、これまでの使い勝手の良さを保ちながら、より安定感のある、アグレッシブで力強い外観としています。また、これまで『ミラージュG4』はサンタローザ市におけるMMPCの工場と、自動車部品サプライヤーを通じて雇用機会を生み出し、フィリピン経済にも貢献してきました。2022年モデルの投入によって現地生産を強化し、フィリピン市場にさらにコミットしていきます」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2021/detail5546.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt