Honda、モトクロス競技専用車「CRF250R」およびエンデューロ競技専用車「CRF250RX」をフルモデルチェンジし発売

TOKYO, Aug 27, 2021 - (JCN Newswire) - Hondaは、モトクロス競技専用車「CRF250R」とエンデューロ競技専用車「CRF250RX」を、フルモデルチェンジし、それぞれ10月21日(木)に受注期間限定※で発売します。

エンジンは、DOHCの特性である高回転域の伸びはそのままに、より低回転域の力強さに焦点をあてて開発しています。バルブタイミングを最適化し、エアークリーナー容量を増やしたことで、低回転域のトルクの向上に貢献。またドライバビリティー向上のために排気ポート形状をストレート化するとともに、従来の二本出しマフラーから一本出しマフラーに変更。これにより、低回転域の燃焼安定化と排気効率の向上によって、力強く扱いやすいエンジン特性を実現しています。

クラッチは、細部の仕様を見直すとともに容量を増やすことで、タフネス性と操作性の向上を両立。ギアミッションは、ミッションアッセンブリーを新設計し、ギアレシオを見直すことで力強く扱いやすい特性としました。またシフトドラムを変更することで、シフトフィールを向上させ、トータルでのエンジンの扱いやすさに寄与しています。

また、ラジエーターは、放熱面積を増やしフィン角度の最適化により、冷却性能を向上。シュラウド形状の見直しにより、空気の流れが改善され冷却効率の更なる向上に貢献しています。また吸排気系、駆動系、冷却系のレイアウトを最適化し、高いタフネス性を確保しました。

フレームは、旋回性の高さと安定性を高次元で両立させながら、構造の簡略化や剛性の最適化によりフレーム単体で約1kg、また、細部の見直しにより車両全体ではCRF250Rで4kg、CRF250RXで3kgの軽量化を実現しています。前後サスペンションは、競技走行に必要な耐久性向上とともに、悪路での路面の外乱をいなし、路面追従性をより向上させるなど、ライダーの姿勢維持と疲労軽減に寄与しています。

CRF250RXは、CRF250Rをベースに、飛び石や枝からレバーへの干渉を抑制するナックルガードや、サイドスタンドを標準装備とし、大型燃料タンクを採用するなど、エンデューロ競技専用車として仕様を充実させたモデルです。

カラーリングは、両モデルともにHondaのオフロードモデルの力強さと情熱を表現するエクストリームレッドとしています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2021/2210827-crf250r.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt