Honda、「CIVIC SEDAN/CIVIC HATCHBACK」をマイナーモデルチェンジし発売

TOKYO, Jan 10, 2020 - (JCN Newswire) - Hondaは、「CIVIC(シビック)」シリーズの「シビック セダン」、「シビック ハッチバック」を一部改良し、1月23日(木)に発売します。

「操る喜び」の提供を目指し、2017年に現行モデルを発売。革新的なスタイリングと個性の際立った走りで、多くのお客様からご好評をいただいております。

今回のモデルチェンジでは、立ち止まらずに進化をし続けるという想いのもと、エクステリアデザインの変更に加え、トップロードサンルーフ※1をハッチバックに設定するなど、機能美の上質さをさらに追求。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※2を全タイプに標準装備とし、商品の魅力をより一層高めました。

また、2020年夏に発売を予定している「CIVIC TYPE R」の改良モデルに関する情報を、以下のホームページで順次公開します。
https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/

なお、今回モデルチェンジをしたCIVICシリーズを、本日から1月12日(日)まで幕張メッセ(千葉県)で開催される「東京オートサロン」のHondaブースに展示します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2020/4200110-civic.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02