三菱電機、「置けるスマート大容量」MX・MBシリーズ新商品発売のお知らせ

TOKYO, Jan 9, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、冷蔵庫「置けるスマート大容量・野菜室が真ん中」シリーズの新商品として、AI(人工知能)が庫内の温度を最適に制御することで、肉や魚などの生鮮食品の鮮度を長持ちさせる、「MXシリーズ」3機種と「MBシリーズ」1機種の計4機種を1月31日に発売します。まとめ買いした食材をおいしく長く保存でき、また、取り出して必要な分だけすぐに使えるので、家事時間の短縮に貢献します。

新商品の特長

1. AIによる最適温度制御により、肉や魚の鮮度を長持ちさせ、家事時間短縮に貢献
-「おまかせA.I.自動」ボタンを押すだけで、扉のセンサーで日々全ての扉の開閉データを収集し、AIがユーザーの行動を分析・学習して生活パターン(活動時間と非活動時間)を予測
- 予測した生活パターンに合わせ、肉や魚を凍らせずに保存できる「氷点下ストッカーD A.I.」と食材を美味しく冷凍できる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」の2つの部屋の温度を最適制御
- 肉や魚の鮮度がさらに長持ちするので、まとめ買いした食材をおいしく長く保存でき、また取り出して必要な分だけすぐに使えるので、家事時間の短縮に貢献

「氷点下ストッカーD A.I.」:牛ブロック肉、豚ロース肉の保存期間を従来の約7日間から約10日間※1に延長
「切れちゃう瞬冷凍A.I.」:肉や魚の保存期間を従来の約2~3週間から約3週間※1※2に延長

2. 汚れを抑制する「デュアルバリアマテリアル」を配合し、掃除の手間を削減
- 防汚素材「デュアルバリアマテリアル※3」を野菜室底面トレイに世界で初めて※4適用。野菜に付いた土などの親水性汚れと油などの疎水性汚れ、静電気を帯びた野菜くずなどの付着を抑制
- トレイは簡単に取り外して、拭いたりシンクで洗ったりでき、掃除(お手入れ)が簡単

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0109.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02