NEC、AIを活用した光ファイバセンシングソリューションを発売

TOKYO, Jun 30, 2021 - (JCN Newswire) - NECは、主に通信事業者や光ファイバ所有者などを対象に、世界中に張り巡らされた光ファイバをセンサとして活用可能なソリューション「NEC Intelligent Optical Fiber Sensing Solution」を本日より販売開始します。本ソリューションは、光ファイバから検知した振動をAIで分析することで、ファイバ損傷などの異常検知や損傷予防が可能となり、インフラ保全に貢献します。

本ソリューションは、既に敷設されている通信用光ファイバからのセンシングを可能とした、世界初のNECの光ファイバセンシング技術を活用したものです。光ファイバの片端に取り付けるセンシング装置に加えて、ファイバに異常を加える可能性がある振動や外部環境を検知する機能やファイバの緯度経度などの位置情報を元に地図上に正確に表示するマッピング機能などを有したソフトウェアで構成されています。

昨今、5G の高速大容量の通信が普及する中で光ファイバの重要度が増し、ファイバの敷設が増えていますが、それに伴い、ファイバの損傷等による通信障害が与える影響度も増加しています。また、通信事業者や光ファイバ所有者において、ファイバ損傷時の迅速な損傷箇所の把握が困難で修繕までに時間を要することや、ファイバを管理するオペレーターや保守員の担い手不足が課題となっており、ファイバの保全・管理業務の効率化を支援する仕組みが求められていました。

本ソリューションは、いつもとは違う振動から異常を検知することで、工事や経年劣化等によるファイバ損傷の予兆検知ができるとともに、ファイバの位置情報の正確なマッピングにより、損傷箇所の迅速な特定と修繕が可能です。

NECはこれまで、光ファイバセンシング技術を活用し、電柱のひび割れの検知(注1)やVerizon Communications Inc.(注2 以下、ベライゾン)と道路の交通状況把握などの交通モニタリング(注3)の共同実証を実施し、有効性を確認しています。本ソリューションについても、ベライゾンのフィールドで実証を実施しており、有効性を確認しています。

NECは今後、本ソリューションの適用範囲を広げ、既存ファイバを活用した広域モニタリングにより取得した情報をスマートシティに活用するなど様々な領域における価値創造を目指していきます。
製品の特長

1. 異常な振動を検知することで、ファイバ損傷の予防が可能

ファイバから検知した振動を分析することでファイバを切断する可能性のある建設機械の振動源等を自動で検知することが可能です。これにより、工事等によるいつもとは違う振動を把握して、偶発的なファイバ損傷の予防を実現します。

2. ファイバ位置の正確なマッピングにより、迅速な損傷箇所の特定と修繕が可能

ファイバの正確な位置情報を地図上にマッピングできるため、ファイバに損傷などの異常が起きた際に、迅速に損傷箇所を特定することが可能です。これにより、異常を検知した際は、リアルタイムでオペレーターにアラートが通知され、地図上で異常箇所を見つけることが可能となり、オペレーターから作業員への正確な指示による無駄のない修繕作業を支援します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202106/20210630_03.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt