三菱電機、コンセプトカー「EMIRAI xS Drive」を開発

TOKYO, Dec 20, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、車内の乗員モニタリング技術とヘッドライトの配光制御技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI xS Drive(イーミライ エックスエス ドライブ)」を開発しました。

車内に設置した近赤外線カメラと電波センサーによるドライバーと同乗者のモニタリングや、ADAS※1機器と連携したヘッドライトの配光制御により、安心・安全な車移動を提供することで、社会課題である交通死亡事故ゼロ化に貢献します。

当社は、本コンセプトカーを「CES2022」(2022年1月5日~8日、於:ラスベガスコンベンションセンター)に出展します。

「EMIRAI xS Drive」の主な特長

1. 近赤外線カメラと電波センサーによる乗員モニタリングで、事故防止に貢献
- 車内に設置した近赤外線カメラと電波センサーによるドライバーモニタリングで顔情報や生体情報を組み合わせて解析し、ドライバーの覚醒度低下状態や体調急変を検知。休憩の提案や車両を路肩に自動で停止させることで、ドライバーの体調異常による事故を予防
- 乗員モニタリングで乗員の有無や体格を推定し、幼児だけが車内に残されている状態を高精度に検知。ドライバーや周囲に通知することで、幼児置き去りによる事故を予防

2. 車内外情報を活用したヘッドライトの配光制御で、安心・安全な夜間運転を支援
- 独自のHDL※2およびDMS※3との連携で、前方の道路形状やドライバーの視線に連動したヘッドライトの配光制御※4を実現。ドライバーの見たい方向や危険性のある方向を明るく照射し、安心・安全な夜間運転を支援
- カメラやミリ波レーダーなどの車外向けセンサーが検知した前方障害物や追い越し車両を、路面へのライティング表示と3D音像制御による警告音で知らせることで、直感的に危険を認知でき事故を予防

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2021/1220.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt