TOYOTA、「C+pod」を個人向け含む全てのお客様を対象に販売開始

Toyota City, Japan, Dec 23, 2021 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、昨年12月に一部の法人ユーザーや自治体などに向けて販売を開始した超小型BEV「C+pod(シーポッド)」を、12月23日より、全ての法人ユーザーや自治体、さらには個人ユーザーも対象にして販売します。全車リースによる契約*1とし、全国のトヨタ車両販売店、レンタリース店にて取り扱いを開始します*2。

C+podは、環境に優しい2人乗りタイプのBEVとして誕生。車両サイズは軽自動車よりも小さく、免許取り立ての独身若年層や運転に不安を感じる高齢者の方など、日常生活で少人数かつ近距離の移動が多いユーザーの方々に賢く使っていただけるモビリティです。

利用されたお客様からは、その取り回しの良さや環境面への配慮、超小型なボディでありながら充実した安全・安心装備などを中心に好評をいただいています。この度、より多くのお客様に商品をお届けできる体制が整ったため、全国全てのお客様に販売の対象を拡大することとしました。

今回、リースならではの手軽さでC+podをお楽しみいただくとともに、車両を確実に回収し、搭載電池の「3R」(リデュース、リユース、リサイクル)への取り組みも積極的に推進。カーボンニュートラルなモビリティ社会の実現を目指します。

トヨタ自動車は、引き続き、C+podやC+walk T*3など多様なモビリティを揃え、毎日クルマを運転される方から高齢者、車いすを使われる方々まで、一人ひとりのライフステージに合わせた、安全安心な移動を提供していきます。

C+podは、リース契約での取り扱いとなります。料金プランは、取扱店によって異なります。お近くの取扱販売店もしくはレンタリース店にお問い合わせください。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36450876.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt