Moonstake、2022年上旬にEverscale (EVER)のステーキングサポートへ

SINGAPORE, Dec 28, 2021 - (JCN Newswire) - Moonstakeは、今月上旬にFreeTONからリブランディングを行ったEverscaleブロックチェーンのネイティブコイン「EVER」のステーキング対応を、2022年上旬に実装します。Moonstakeウォレットでは、今回のアップデートで、ウェブ版・モバイル版両方で、EVERの送受信、保有が可能となりました。EVERは、これまでEVER専用ウォレットでの対応のみであったことから、今回、Moonstakeは世界で初めてEVERのマルチ資産対応ウォレットとなりました。


Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、昨年からステーキングビジネスを開始しました。2000以上の暗号通貨をサポートする、最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発し、Cosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、IOST、TRON、Shidenのステーキングのサポートをしてきました。2020年8月の本格運用後、Moonstakeのステーキング資産総額は18億ドルに達するまで成長し、2021年6月には、世界1万5000のステーキング・プロバイダーの中で、世界ベスト3になりました。今年3月には、DeFiプラットフォームであるMuse.Financeと共にDeFiに参入しており、今後、DeFi事業への拡大も進めていきます。

Everscale Networkは、サブガバナンスと呼ばれるDAOで構成されたブロックチェーンです。Everscaleは、SolidityとC++のコンパイラ、API、13のプログラミング言語とすべての一般的なプラットフォーム用のクライアントライブラリを含むSDK、DAppテスト用のローカルノード、CLIツール、DeFi、NFT、トークン化、統治領域における多くのアプリケーションに力を与える分散型ブラウザとウォレットの範囲などの強力な開発者ツールを備えています。Everscaleは、スケーラブルな分散型ワールドコンピュータと分散型オペレーティングシステムEver OSを組み合わせた、新しくユニークなブロックチェーンデザインです。

Everscaleは、今年8月にソーシャルメディアキャンペーン「FreeTON × Moonstake」を実施し、Moonstakeへのステーキングサポートに向けたコミュニティ向けの取り組みを行いました。当時のFreeTONのソーシャルメディアでは、約7,000件のエンゲージメント、1,200件以上のシェアを獲得しました。以降、Moonstakeでは、Everscaleと協力し、EVERの送受信対応などを進めるとともに、ステーキングサポート実装を決定しました。

世界中に大規模なコミュニティを有するEverscaleと協力し、2022年には様々なイベント企画を通じた、新しいユーザー体験やエキサイティングな機会の提供をしていく予定です。

Moonstakeについて

Moonstakeは、地域および世界のブロックチェーン市場における需要の増加を満たすために、ステーキングプールプロトコルを開発するために最近設立されました。Moonstakeは、ステーキングプールプロトコルを開発し、パートナーや企業を通じてビジネスサービスを提供しています。

Moonstakeは、暗号資産保有者にアクティブな環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークとなることを目指しています。Moonstakeとの明確なパートナーシップのロードマップを確立することは、アジアで急成長している分散型台帳技術(DLT)エコシステムの主要プラットフォームとの関係を強化していくための、もう一つの重要なマイルストーンとなります。これまでにも、ステーキングの導入を促進するために、Emurgo、Ontology、NEO、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポールの上場企業であるOIO Holdings Limited(SGX: OIO)とのパートナーシップが発表されています。また、LiskやRAMP DEFIのLawrence Limなど、業界で評判の高いアドバイザーがMoonstakeの革新的な旅をサポートしています。

2020年8月に開始された本格的なオペレーションにより、事業を拡大し、現在のところ、ステークス資産総額は10億米ドルを超えています。 https://www.moonstake.io/

Everscaleについて

Everscaleは、オンデマンドで数百万件のトランザクションを処理できるスケーラブルなブロックチェーンです。

Everscaleの歴史は、Telegram Open Network (TON)に始まりました。TONは、メッセージング、バリュー、データストレージ、分散型アプリケーションを実行するためのオペレーティングシステム全体を実装したP2Pネットワークの原則に基づく分散型エコシステムとして設計されました。その後、TONのソースコードが公開され、Everscale Networkの基礎が築かれてきました。

Everscaleは、SolidityとC++のコンパイラ、API、13のプログラミング言語とすべての一般的なプラットフォーム用のクライアントライブラリを含むSDK、DAppテスト用のローカルノード、CLIツール、DeFi、NFT、トークン化、統治領域における多くのアプリケーションに力を与える分散型ブラウザとウォレットの範囲などの強力な開発者ツールを備えています。 https://everscale.network/


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt