三菱自、フィリピンで次世代店舗「電動 DRIVE STATION」展開に関する覚書を締結

TOKYO, Jan 14, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は13日、フィリピン共和国の生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピン・コーポレーション(以下MMPC)と、MMPC傘下ディーラー5社の間で、次世代店舗「電動 DRIVE STATION」の展開に向けた取り組みを進めるための覚書を締結したことを発表しました。

「電動DRIVE STATION」は、通常の店舗機能(新車販売・アフターサービス等)に加え、太陽光発電システムとV2H*機器を備えており、太陽光発電による電動車両への充電と、電動車両から店舗への電力供給を可能としています。日本では2016年に東京・世田谷区で第1号店をオープンした後、昨年末時点で79店舗まで拡大しています。フィリピン国内では今年中に「電動 DRIVE STATION」をオープンすることを目指します。

三菱自動車会長の益子修は同日開催されたMMPC傘下ディーラーを集めた会議で、「フィリピン共和国は日本と同様に自然災害が多い国であり、この『電動DRIVE STATION』がフィリピン社会のレジリエンス(災害等からの回復力)構築に寄与すると共に、同国地域経済発展に貢献できると信じております」と述べました。

三菱自動車は、今年から、アウトランダーPHEVをフィリピン市場に投入する計画であり、フィリピンにおける電動車両への理解・共感を広げる活動を通じてその普及に取り組み、「電動 DRIVE STATION」の展開とあわせ、フィリピン自動車産業並びに同国地域経済発展に取り組んで参ります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5403.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02