三菱電機、「火星衛星探査計画(MMX)探査機システム」の本格的な開発に着手

TOKYO, Feb 21, 2020 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)から火星衛星探査計画(MMX※1)探査機システム(以下、MMX探査機システム)の開発担当メーカーに選定され、本格的な開発に着手しましたので、お知らせします。

当社は、小型月着陸実証機(以下、SLIM※2)や宇宙ステーション補給機「こうのとり」(以下、HTV※3)などの開発で培った技術を活かして探査機システムの設計から製造・運用を担当し、技術面で世界初の火星衛星往還ミッションを支え、原始太陽系における有機物・水の移動過程解明や火星圏の進化過程の解明に貢献します。

MMX探査機システムの特長

1. 当社の人工衛星技術を結集し、世界初の火星衛星往還ミッションに貢献
- 現在開発中のSLIMの高精度着陸技術やHTVで実証済みの航法誘導制御技術など、当社が持つ軌道解析・軌道投入などの人工衛星技術を結集し、世界初の火星衛星往還ミッションに貢献

2.「ピンポイント着陸技術」などにより、未知の火星衛星への確実な着陸に寄与
- 火星衛星表面でのサンプル採取のため、SLIMで開発を進めている「ピンポイント着陸技術」を活用し、火星衛星への確実な着陸・降下に寄与
- 新開発の衝撃吸収機構や着陸脚構造により、重力が小さな火星衛星への複数回着陸が可能

3. 探査機の最適なシステム設計と軌道設計により、運用の効率化と軽量化を実現
- 探査機システムの構成を、火星近傍到着までの往路モジュールと火星衛星探査のための探査モジュール、地球に帰還する復路モジュールの3モジュール構成とし、役目を終えた機能を切り離すことで運用の効率化と軽量化を実現
- ロケットの打上能力範囲内に収めるため、最適な軌道設計により打上時質量の半分以上を占める推薬(燃料)を最小化

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0221-b.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02