三菱自、軽商用車『ミニキャブバン』・軽乗用車『タウンボックス』を一部改良

TOKYO, Sep 24, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』に一部改良を行い、全国の系列販売会社を通じて9月24日(金)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は『ミニキャブバン』が990,000~1,596,100円、『タウンボックス』は1,754,500~1,960,200円(消費税10%込)です。

1.変更のポイント

<ミニキャブバン>
- アクティブスタビリティコントロール[ASC]やオートライトコントロールを全グレードに標準装備し、安全運転をサポート
<タウンボックス>
- アイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を新規採用

2.主な変更点

<ミニキャブバン>
- アクティブスタビリティコントロール[ASC]を全グレードに標準装備しました。滑りやすい路面などでの横滑りを抑え、タイヤの空転を防止することで、走行時の安定性を向上させます。
- 周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯・消灯するオートライトコントロールを全グレードに標準装備、ヘッドライトのつけ忘れを防止します。
- 坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える時、自動でブレーキを最大約2秒間キープするヒルスタートアシストを「M」(4A/T)に標準装備しました(「M」(5M/T)を除き全車標準装備)。
- 上級グレード「ブラボーターボ」に標準装備していた電動格納式リモコンドア
ミラーを「G」にも採用。さらに4WD車にはミラー面の霜・露を除去し、付着しにくくし後方視界を確保するヒーテッドドアミラーも採用することで、利便性を向上させました。
- プライバシーガラスを全グレードに標準装備しました。
- メッキフロントフードガーニッシュを「ブラボーターボ」に採用し、質感を向上させました。
- モバイル機器等の充電が可能なUSB電源ソケット(2個)を標準装備し、利便性を向上させました(『ミニキャブバン』「M」を除く)。

<タウンボックス>
- 新しくアイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を採用しました。
- 4WD車に標準装備していた運転席シートヒーターを2WD車にも追加し、快適性を向上させました。
- モバイル機器等の充電が可能なUSB電源ソケット(2個)を標準装備し、利便性を向上させました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2021/detail5553.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt