NEC、「Makuake」を活用し、まるで犬や猫とトークしているかのような体験ができるサービス「waneco talk」を提供開始

TOKYO, Sep 28, 2021 - (JCN Newswire) - NECは、株式会社マクアケ(注1)が運営する応援購入サービス「Makuake」(注2)を活用して、LINEを使って犬や猫とまるでトークしているかのような体験ができるサービス「waneco talk(ワネコ トーク)」の先行予約販売を本日から開始します。また12月より、応援購入頂いた飼い主さん同士の情報交換が可能な「みんなで支え合うオンラインコミュニティ」を「Makuake」のコミュニティラボ上に新設予定です。

「waneco talk」は、留守番などをしている犬や猫の状況を遠隔地からトーク形式で把握することが可能なサービスです。具体的には、三軸加速度センサーと気圧センサーを備えたPLUS CYCLE(プラスサイクル:注3)を首輪につけ、収集した犬や猫の活動量をNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注4)により分析し、ペットの状態に基づいたメッセージが「waneco talk」のLINE公式アカウントから飼い主に届くというものです。本サービスの利用により、離れていてもペットの様子を伺うことができるため、ペットのことをより理解し飼い主とペットの関係性を深めるきっかけにすることが可能です。

また、「waneco talk」で収集したデータは、PLUS CYCLE専用のアプリに連携されます。このPLUS CYCLEは全国の1,000を超える病院と連携しており、蓄積される活動データを獣医療学的知見から解析することにより、データ駆動型の予防動物医療の確立を目指します。

「waneco talk」の先行予約販売について
実施期間:2021年9月28日-2021年12月27日
URL: https://www.makuake.com/project/wanecotalk/
目標応援購入数:2,000セット
※セット内容
(PLUS CYCLE、obniz BLE ゲートウェイ、「waneco talk」ライセンス)

NECは、人とペットとの暮らしにおけるさまざまなサービスをIDでつなぎ、飼い主をサポートする愛玩動物コミュニケーションプラットフォームサービス「waneco」の第一弾サービスとして「waneco talk」の社内実証を本年の4月から行ってきました(注5)。

2022年春には、ペット向けオンライン相談・診療システム「みるペット」と連携し、「waneco talk」でのいつもと違う状態の気づきを動物病院と共有することで相談や飼育アドバイスに活用するなど、犬や猫それぞれの個性や状態にあったサービス提供を目指します。今後も、本サービスに賛同いただけるパートナー企業、団体を募集し、連携して事業を拡大していきます。

NECは、飼い主とペットのためのウェルビーイングの向上に向け、ペットとともに人の幸せを目指す、共生できる社会の実現を目指します。

なお、本発表にあたり、各社からエンドースメントを頂戴しています。

日本動物高度医療センターは、NEC様の新サービス「waneco talk」を共創できることを大変喜ばしく思っております。当社は、ペットと暮らすご家族が「waneco talk」をご利用いただくことにより蓄積される活動データを獣医療学的知見に基づき解析し、データ駆動型の予防動物医療の確立に邁進してまいります。
株式会社日本動物高度医療センター 代表取締役社長 平尾秀博

wanecoの、「社会全体で動物たちの健康を支え合える世界の実現」というビジョンに共感いたします。今後、wanecoによって様々な企業やサービスが繋がることで、大切な家族であるペットの日常から健康までをサポートできます。みるペットでは、飼い主様と動物病院を繋ぎ、健やかな暮らしのお手伝いを行いたいと考えております。
株式会社みるペット 代表取締役 獣医師 浅沼 直之

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202109/20210928_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt