三菱自、『パジェロスポーツ』と『アウトランダー』がロシアでSUVオブ・ザ・イヤー2021を受賞

TOKYO, Sep 28, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、ロシアにおいて『パジェロスポーツ』*1の2020年モデルと『アウトランダー』の2021年モデルがSUVオブ・ザ・イヤー2021*2を受賞したと発表しました。『パジェロスポーツ』はミッドサイズSUV部門で自動車メディアによって選出され、『アウトランダー』はミッドサイズクロスオーバー部門で一般投票によって選ばれました。

これに加え、『パジェロスポーツ』はロシアのカー・オブ・ザ・イヤー2021*3で「ベスト・ニュー・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

『パジェロスポーツ』は本格オールラウンドSUV『パジェロ』で培ったオフロード性能と信頼性・耐久性に快適性・機能性を融合し、洗練された力強いスタイリングと上質なインテリアに進化させたミッドサイズSUVです。一方、『アウトランダー』はSUVとしての実用性と機動力、そして環境性能と経済性を兼ね備えたクロスオーバーSUV で、世界各国で好評を博してきました。両モデルには、三菱自動車が培ってきたSUV技術や安心・安全で快適な走りをもたらす四輪制御技術が注ぎ込まれており、今回の評価に繋がりました。

ロシアにおける販売会社MMC Rus(エムエムシー・ルス)の社長兼CEO岩場理のコメント
「三菱自動車はロシアでの活動開始から今年で30周年を迎え、ロシアの道路や天候に適した理想的なSUVを作ることを目標に、これまで商品を改良し続けてきました。その結果が、審査員やお客様からの高いご評価と今回の受賞に繋がったと感じています。『パジェロスポーツ』と『アウトランダー』に投票いただいた方々へ心より感謝の気持ちをお伝えいたします」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2021/detail5554.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt