富士通とKDDI、両社の5G技術を活用し、社会課題解決に向けたパートナーシップを締結

TOKYO, Sep 28, 2021 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田 隆仁、以下 富士通)とKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は、新たなデジタル社会の実現と5Gをベースとしたビジネス共創に向けて、富士通が持つローカル5GとKDDIが持つau 5Gの技術を活用し、新たなお客さま体験価値の創造や社会課題解決に資するサービスの実現を目的とするパートナーシップを締結しました(以下 本締結)。

本締結を踏まえ、富士通とKDDI(以下 両社)は、以下の取り組みを2021年9月28日から実施します。

(1)ローカル5Gとau 5Gを相互連携する「5G Service Platform」実現に向けた技術実証
(2)リアル(現実空間)とバーチャル(仮想空間)を融合したBtoBtoXサービスの共創
(3)両社が運営する5Gアライアンスへの相互参加による、パートナー企業とのエコシステムの構築

プラットフォームサービスのコンセプト:5G Service Platform

「5G Service Platform」は、ローカル5Gとau 5Gを連携しBtoBtoXのサービスを全網羅的に繋ぐプラットフォームサービスです。「5G Service Platform」を介して、ショッピングモール・ジム・レストランなどのリアルな場所での体験がバーチャルによって拡張される世界の実現を目指します。コンシューマー向けビジネスを高度化させたい企業、街や施設全体の価値向上を目指す企業、自治体などに提供する予定です。

背景

新型コロナウイルス感染症の影響により、人と人が接触しコミュニケーションすることが難しい状況の中、持続可能な社会システムの構築や、デジタル活用の動きをさらに加速させることの重要性が高まっています。また、グローバルな気候変動に対応するため、人・モノ・サービスをリアルタイムに繋ぐことでエネルギーの効率的な利用や廃棄ロスの軽減などを実現し、企業や自治体の脱炭素化、環境・社会課題の解決に貢献することも急務です。こうした社会課題の解決や社会のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するため、両社は5Gを基盤としたリアルとバーチャルを融合させた新たな体験型価値やサービスの提供に向けて、パートナーシップを締結しました。

本締結の概要

(1)ローカル5Gとau 5Gの相互連携と技術実証
富士通が提供する高精細カメラやロボットなどのIoTデバイス向けローカル5Gサービスと、KDDIが提供するスマートフォンやタブレットなどに向けたau 5Gサービスを相互連携します。また、相互連携に加え、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)やローカルエッジコンピューティング(ローカルEdge)をシームレスに融合させることで、アプリケーションおよびデータの最適配置を実現する技術実証を行います。

(2)5Gを活用した新たなサービス提供に向けての共創
技術実証をもとに、5G、IoT、映像コンテンツ、XRなどを利用し、人の行動を起点とした「5G Service Platform」の提供を目指します。最初の取り組みとして、施設の所有者・運営者に向け、施設全体の最適化による環境負荷軽減や業務効率化に繋げる仕組みを構築し、施設に来店されるお客さまに新たな体験価値の提供を行います。その後、街や施設だけでなく、社会全体のリアル体験とバーチャル体験の融合を目指します。

例えば、ジムではその日のお客さまの活動量や健康状態に応じて最適化されたエクササイズを行うことが可能になります。また、レストランではその日の体調に応じた料理メニューの提案を受けられるなど、お客さま自身の趣向や状況に応じたパーソナルなサービスを提案します。

(3)両社が運営する5Gアライアンスへの相互参加
両社はそれぞれが運営する5Gアライアンス、「ローカル5Gパートナーシッププログラム」(注1)と「KDDI 5Gビジネス共創アライアンス」(注2)へ相互に参加します。これにより、富士通が提供するローカル5Gに関連する無線技術や基地局構築技術、さまざまな業種のソリューションナレッジなどのアセットと、KDDIが提供するau 5G、5Gに関するソリューションおよびIDや課金、決済といったサービス基盤を連携させることで、企業向けシステムとコンシューマー起点のサービスを組み合わせたソリューションモデルを共創します。また、さまざまな業種、業態のアセットも掛け合わせることで、両アライアンスに参加する他のパートナー企業も交えた、オープンなパートナーエコシステムを目指します。

富士通 理事 5G Vertical Service室長 後藤 知範 氏のコメント
富士通は、社会課題を起点としたビジネス創造に向け、さまざまなパートナーのみなさまとの共創活動を推進しています。今回、KDDI様とともに目指す社会像をこのような形で発表できたことは大変喜ばしく、両社のパートナーシップによって5Gが生み出す価値がひろがり、社会課題への取り組みがより一層加速することを期待しています。

KDDI 執行役員 サービス企画開発本部長 藤井 彰人 氏のコメント
KDDIは、5Gビジネス共創アライアンスの設立などを通じ、立場や業界を超えて協力し、5G活用による社会課題解決および新たな価値創出を推進しています。今回、富士通様と双方の5Gアセット及び基盤を連携することでBtoBtoXモデルにおける新たな価値提供に向けた共創活動を行えることを大変嬉しく思っています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/09/28-1.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt