三菱重工と三菱ロジスネクスト、シグマシンクスによる倉庫物流の知能化・自動化プロジェクトが始動

TOKYO, Jan 20, 2022 - (JCN Newswire) - 三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)と三菱重工グループの三菱ロジスネクスト株式会社(以下、三菱ロジスネクスト)は、三菱重工が研究開発を進める「ΣSynX(シグマシンクス)」(注1)のコア技術を適用して物流を知能化・自動化するプロジェクトに着手しました。今後、倉庫内でのピッキング作業や入出庫・入出荷作業を自動化するソリューションを順次開発し、2020年にオープンした三菱重工運営の「Yokohama Hardtech Hub」(以下、YHH)で実証試験を行います。現在、その第一弾として飲料ピッキングの自動化ソリューションを開発中であり、2022年度にYHHでの実証を開始します。

現在開発中のピッキングソリューションは飲料倉庫や冷凍・冷蔵倉庫を想定し、AGF(Automated Guided Forklift:無人フォークリフト)やAGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)、パレタイザーを連携させることによって、多数の作業者が従事するピッキング作業を自動化するソリューションです。複数のAGFやAGVを効率的に差配する群制御(注2)などの行動計画技術、ピッキング計画を再構築することによりスループットを向上する最適化技術などのΣSynXコア技術によって物流の知能化も実現し、社会問題となりつつある物流オペレーター不足の解決に貢献していきます。本ソリューションは、現在主流になっているマルチテナント倉庫への導入を想定し、床面工事などの大規模工事を不要とした三菱ロジスネクストのレーザーAGF(注3)といった機器・システムで構成することで、メーカー・3PLにフレキシブルな物流ソリューションを提供します。

YHHでの実証試験では、複数のAGFとAGVが連携して在庫棚から飲料パレットをパレタイザーに配送し、パレタイザーがピッキングリストに従って目的の飲料を積み付けていく一連のソリューションを実施。現地にお客様をお招きし、オートメーション化された荷役作業をご体感いただきます。また、YHHには実証エリアのほかに先行開発エリアも設置。兵庫県高砂市の総合研究所内でΣSynXを適用した新AGFコンセプト機「SynX-Vehicle」を開発している物流実験センターと連携し、群制御・人との協調・遠隔監視などといったΣSynXの技術開発を進めていきます。

開発されたΣSynXコア技術は今後、SynX-Vehicleでの検証を経て、三菱ロジスネクストのレーザーAGFをはじめとする三菱重工グループ製品全体に順次適用されていく予定です。三菱重工と三菱ロジスネクストは、ΣSynXと社内外の製品・技術を組み合わせた入出庫ソリューション、トラック入出荷ソリューションなどを開発し、物流業界の課題解決に向けてタイムリーに提供していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/220120.html

三菱重工グループについて

三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、モビリティの電化・知能化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。詳しくは: 三菱重工グループのウェブサイト: www.mhi.com/jp



Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt