TOYOTA GAZOO Racing、GRMNヤリスを初公開

TOKYO, Jan 14, 2022 - (JCN Newswire) - TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、1月14日、東京オートサロン2022※1にて「GRMN※2ヤリス」※3を初披露しました。500台限定販売モデルとして、2022年夏頃より全国のGR Garageにて発売を予定しています。GRMNヤリスは、プロドライバーと共に鍛え上げたGRヤリスのフルチューンモデルです。また、モータースポーツの現場で日々行われている「クルマの進化」と「ドライバーに合わせたカスタマイズ」をお客様にお届けするための新たなプログラムも合わせて開始します。

GRヤリスは、一昨年9月の発売以降、モリゾウこと社長の豊田がステアリングを握りROOKIE Racingから参戦したスーパー耐久シリーズ※4や、シーズン優勝を果たした全日本ラリー選手権※5など、様々なモータースポーツに参戦しています。

極限の使用環境下で、ドライバーのフィードバックをもとに課題を洗い出し、即座に解決していく。ドライバーに合わせて細かくカスタマイズし、安全で乗りやすいクルマへと進化させていく。そうした「ドライバーファーストなクルマづくり」を通じ、GRヤリスを鍛え上げてきました。

GRMNヤリスの開発は、「モータースポーツの現場で“スピーディに、かつ人に合わせて進化するクルマ”を、お客様にもお届けしたい」というモリゾウの思いから始まりました。モータースポーツ参戦からの学びを生かし、ボディ剛性強化や約20kgの軽量化※6、車高10mm※6低減による低重心化、全幅10mm拡大※6による空力改善を実現したほか、壊しては直すを繰り返し、性能向上させた機械式LSDやクロスギアレシオトランスミッションとローファイナルギヤのセットを採用。また、プロドライバーによる走り込みによって制動力やグリップ、コーナリング性や追従性も向上させ、より安心して速く走れるクルマへと進化しました。

加えて、「アップデートプログラム」と「パーソナライズプログラム」のふたつのサービスを通じ、モータースポーツの現場で“スピーディに、かつ人に合わせて進化するクルマ”をお客様にご提供します。レースごとのタイムリーなクルマの進化を「アップデートプログラム」で実現するとともに、ドライバーに合わせたカスタマイズによりパフォーマンスを引き出す体験を「パーソナライズプログラム」で実現し、レース車両と同様の、終わりのないクルマの進化を、GRMNヤリスにおいてお楽しみいただけます。

GRMNヤリスは、本日よりTGR WEBサイトにて予約抽選の受付を開始し、2022年夏頃より全国のGR Garageにて発売します。ベースグレードのほかに、スーパー耐久シリーズ参戦からフィードバックを受け、ロード性能を突き詰めた“Circuit package”をご用意。“Circuit package”には特別な外板色の「マットスティール※8」を設定し、限定50台で販売予定です。

更に、ベースグレードに追加可能な販売店装着オプションとして、全日本ラリー選手権参戦からフィードバックを受け、あらゆる路面での走破性を高めるパーツを集めた“Rally package”をご用意しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614826.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。


Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt