NEC、小規模ネットワークに適したローカル5G基地局UNIVERGE RV1000シリーズ2機種を販売開始

TOKYO, Jan 20, 2022 - (JCN Newswire) - NECは、ローカル5G基地局の製品ラインナップを拡充し、主に小規模ネットワーク向けに、基地局の無線部(RU)、制御部(CU/DU)を1つの筐体内に収めたオールインワンモデルの一体型小型基地局UNIVERGE RV1000シリーズ2機種を販売開始します。4.7GHz帯に対応したスタンドアローン型(SA)基地局UNIVERGE RV1200(以下、Sub6一体型基地局UNIVERGE RV1200)を2022年3月から、28GHz帯に対応したノンスタンドアローン型(NSA)基地局UNIVERGE RV1300(以下、ミリ波一体型基地局UNIVERGE RV1300)を2022年度第1四半期から販売開始します。

Sub6一体型基地局UNIVERGE RV1200は、現在日本で使える4.6-4.9GHz対応の一体型基地局として初の製品です。

NECは2025年度までに両製品累計1000システムの提供を目指します。

背景

ローカル5Gは、産業や地域の個別ニーズに応じて柔軟に自前のネットワークを構築することで、産業の競争力強化や社会課題の解決など、多様な用途での活用が期待されています。一方、ローカル5Gの導入にあたっては、初期にかかる導入費用が高額で、手間もかかることから、店舗や公共施設、オフィスビルの1フロアといった小規模な範囲でローカル5Gを導入したいニーズへの対応が難しいといった課題がありました。本製品によって、初期投資の費用を抑えるとともに小規模ローカル5Gネットワークの迅速な構築を可能とし、ローカル5Gの普及促進及びお客様の課題解決に貢献します。

本製品の特長

1、無線部(RU)、制御部(CU/DU)の一体化により小型化を実現
本製品は、基地局の無線部(RU)、制御部(CU/DU)を1つの筐体内に収めた全く新たなコンセプトで開発したオールインワンモデルです。Sub6一体型基地局UNIVERGE RV1200はA4サイズまで小型化を実現しました。

2、普及価格帯で、シンプルかつ高い拡張性、迅速なネットワーク構築が可能に
本製品は、無線部(RU)、制御部(CU/DU)を一体化したことで、従来の分離型基地局と比べ、導入費用を50%以下に抑えた導入しやすい価格設定となります。また、従来の分離型基地局ではRU、CU、DUをそれぞれ設置し、RU、CU、DU間の接続を行う必要があった構成と比べ、本製品はシステム構成がシンプルなため、迅速なネットワーク構築が可能です。さらに、本製品を組み込んだシステムに対して、必要に応じて新たな一体型基地局のみを追加するだけで容易にシステムを拡張することが可能です。屋外設置も可能な防塵/防水性能(IP65)を備えているため、場所を問わず設置可能です。

本製品をNECのローカル5G製品ラインナップに加えることで、店舗や公共施設、オフィスビルの1フロアといった小規模ネットワークから、大規模な工場や広大な建設現場などの大規模ネットワークまで様々なユーザーニーズへの対応が可能になり、DXの加速に貢献します。

NECは本製品の提供を通じて、ネットワークを柔軟に活用し、人・モノが生み出すデータを産業の枠を超えて賢くつなぐ 「NEC Smart Connectivity」の提供を加速し、新たな社会価値を創造していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202201/20220120_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/3tXPATt